Books

エンタメ通訳の聞き方・話し方

エンタメ通訳の聞き方・話し方 (PHP新書) 作者: 小林禮子 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2014/05/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 大物アーティストの通訳を数多く手掛けてきた著者のコミュニケーション術が書かれた本。 エンタメ通…

ミーナの行進(小川洋子)

舞台は1972年頃。主人公である朋子がしばらく暮らした、芦屋の親戚の家の話だ。ミーナは、その家の娘で身体が弱く、コビトカバのポチ子とともに学校へ行く。東ドイツ出身の伯母さんと語り、飲料メーカーの社長素敵な伯父さんの秘密を知り、ミーナの恋を応援…

週末ソウルでちょっとほっこり(下川裕治)

週末ソウルでちょっとほっこり (朝日文庫)作者: 下川裕治,阿部稔哉出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2015/08/07メディア: 文庫この商品を含むブログを見る今年は韓国に二度行く機会があったので、そのディープな文化を知りたいと思って空港でこちらを購…

リストグラフィーシリーズのMusic版が素敵。

www.chroniclebooks.com自分の好きなものをとにかくリストアップしちゃおうという「リストグラフ」シリーズ。なかでも、"Music Listography"はお気に入りの音楽を色々な切り口でリストアップさせる、なかなか面白い本だった。 「お気にいりの20曲」「結婚式…

天才 (石原慎太郎)

天才作者: 石原慎太郎出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2016/01/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (15件) を見るあの田中角栄のことを、政敵?でもあった石原慎太郎が書いた。しかも「俺」という一人称を用いて…。 新潟県柏崎市に1918年5月4日に生まれ…

地唄(有吉佐和子)

地唄(新潮文庫)作者: 有吉佐和子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/03/07メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る実家にあった本を読み漁った。そのうちの1冊がこの短編集だ。いずれも伝統芸能を題材にしている。 「地唄」 目の見えない大検校で…

草間彌生 前衛の軌跡 YAYOI KUSAMA LOCUS OF THE AVANT-GARDE (園田清佳)

草間彌生氏って新宿区名誉区民だったりするので、てっきり東京の人とばかり思っていたのだが、実は松本出身らしい。というわけでこちらは、信濃毎日新聞の連載をまとめた本だ。彼女の人生が写真とともに細かくつづられている。 ここ数年は、直島のベネッセア…

ラオスにいったい何があるというんですか? (村上春樹)

お正月。時間があったのでうっかり手に取ってそのまま読み切ってしまったこの本は、村上春樹氏があちこちで書いた紀行文をまとめたものだ。旅の本。ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/1…

超シャンパン入門 / 宇田川 悟(著)

超シャンパン入門―カラー版 (角川oneテーマ21)作者: 宇田川悟出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2007/12メディア: 新書この商品を含むブログを見る私にも「フランスのシャンパンを飲み尽くしてやる!」と意気込んだ時代があった。でも今は美味しいCAVAとかク…

英語ネゴシエーションの基本スキル グレートネゴシエーターへの道(フィリップ・ディーン+ケヴィン・レイノルズ著)

英語ネゴシエーションの基本スキル作者: フィリップ・ディーン,ケビン・レイノルズ出版社/メーカー: 朝日出版社発売日: 2004/04/16メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 20回この商品を含むブログ (1件) を見る相手と共通の目的を実現するためにどのような英…

14歳〈フォーティーン〉 満州開拓村からの帰還 (澤地久枝)

14歳〈フォーティーン〉 満州開拓村からの帰還 (集英社新書)作者: 澤地久枝出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/06/17メディア: 新書この商品を含むブログを見る澤地久枝が、軍国少女として満州で過ごすなか、終戦を迎えるまでの実話を描いた話。当時の自…

カリフォルニア日系人強制収容所(白井昇)

1981年に河出書房から出版された本で、著者は広島生まれの日本人。1937年に渡米して日系2世と結婚し、戦時中にツールレークの収容所に抑留されていたらしい。 いわゆるInternment of Japanese Americansの話は、英語で書かれているものが大部分なので、まさ…

潜入ルポ 中国の女~エイズ売春婦から大富豪まで

報道規制が厳しいなかで、中国に生きる女性たちを追ったルポ。地方都市、そして北京に生きる売春婦の話から、先天性下肢障害を持ちながらも日本で漫画家デビューした女性漫画家、貧困層に生まれながらも古紙回収業を立ち上げて成功した女性経営者、公安に目…

文章読本(三島由紀夫)

チボーテという人は小説の読者を「普通読者lecteurs」と「精読者liseurs」に分類したというが、この本はその前者を後者、つまり小説を深く味わう読者になるために書かれた本だという。自分が後者になれるかはともかく、今まで思ってもみなかった文章の読み方…

肝心の子供/眼と太陽

肝心の子供/眼と太陽 (河出文庫)作者: 磯崎憲一郎出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2011/02/04メディア: 文庫 クリック: 5回この商品を含むブログ (19件) を見る2009年に「終の住処」で第141回芥川賞を受賞した作家、磯崎憲一郎の芥川賞受賞前の作品2…

「明治」という国家

国民国家の形成を目指した明治の偉人たちを扱った本。龍馬、勝海舟、福沢諭吉、西郷などを通じて、幕末から明治への移り変わりと、明治という時代の在り方をとらえ直している。 司馬遼太郎氏の数々の作品からのエッセンスもたくさん含まれている。そして、江…

遮光

芥川賞、大江健三郎賞を受賞した作者、中村文則氏の両賞受賞前の作品。 虚言癖の青年が、持ち歩くボトルに死んだ恋人への想いを寄せながら、周りの人に恋人が生きているかのようにふるまう。 痛々しくて相当狂っていて、でも、狂気と嘘にまみれたなかに、恋…

レター教室

はじめは、文豪三島由紀夫がちょっと現実的な手紙の書き方を指南してくれる本だと思ったのだ。ところが、実際は手紙の事例のためだと思っていた5人の登場人物の関係性がちゃんとつながっているという、実際は書簡小説であった。なんという粋な小説なんだろう…

心は孤独な数学者(藤原正彦)

心は孤独な数学者 (新潮文庫)作者: 藤原正彦出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2000/12/26メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 32回この商品を含むブログ (49件) を見るご自身も数学者である藤原正彦の、ニュ-トン(英国)、ハミルトン(アイルランド)、ラマ…

沖で待つ

沖で待つ (文春文庫)作者: 絲山秋子出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/02メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 16回この商品を含むブログ (60件) を見る「沖で待つ」のほか、3つの短編が含まれている。 住宅設備機器メーカーの営業で同期だった男の子太っ…

海の仙人

海の仙人 (新潮文庫)作者: 絲山秋子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/12/22メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 30回この商品を含むブログ (168件) を見る主人公の男、河野勝男は宝くじの当選をきっかけに福井県の敦賀市に移住した。ある日ファンタジーと…

ワイン上手~深く味わう人へのアドヴァイス~

ワイン上手―深く味わう人へのアドヴァイス (新潮選書)作者: 田崎真也出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1999/08メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見るワインの基礎の基礎を説明してくれるワイン本。今から15年ほど前に出…

勘九郎とはずがたり

勘九郎とはずがたり (集英社文庫) 作者: 中村勘九郎 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1994/09/20 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (1件) を見る 年末年始、テレビで中村屋特集をするたびに、かつての中村勘九郎の本を読みたく…

名人は危うきに遊ぶ

名人は危うきに遊ぶ (新潮文庫) 作者: 白洲正子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1999/05/28 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (16件) を見る 白洲正子さんによる数々の随筆のまとめ。梅若宗家でお能を習ったという特殊な育ち…

夜よ鼠たちのために

連城三紀彦氏の短編集は男女の仲のいざこざと裏切りと殺人の話が盛りだくさんだった。夫婦が互いを信じずに興信所を使って互いを調べつつ、探偵に裏切り行為をさせた結果、そもそも前提の話が嘘だった、とか、似たもの2人の犯す罪だとか、かなり壮大かつ長期…

ネイティヴの感覚がわかる英文法(大西泰斗、ポール・マクベイ著)

ネイティヴの感覚がわかる英文法―読む、見る、つかむ英文法の要点64 (Nova books)作者: 大西泰斗,ポールマクベイ,Paul Chris McVay出版社/メーカー: ノヴァ発売日: 2001/03メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 13回この商品を含むブログ (8件) を見る大西先…

毛沢東秘録 上・下(産経新聞「毛沢東秘録」取材班)

毛沢東秘録〈下〉作者: 産経新聞「毛沢東秘録」取材班出版社/メーカー: 産経新聞ニュースサービス発売日: 1999/11メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (3件) を見る毛沢東秘録〈上〉作者: 産経新聞「毛沢東秘録」取材班出版社/メーカー: 産…

あなたがいてもいなくても(広谷鏡子)

あなたがいてもいなくても作者: 広谷鏡子出版社/メーカー: 小学館発売日: 2014/10/24メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る活字中毒者は、手元に本がないととっても不安だ。先日、手元に活字がないという理由で本屋に立ち寄り、ふとこの本のタイトル…

イザベラ・バードの旅「日本奥地紀行」を読む(宮本常一)

イギリス女性、イザベラ・バードの紀行が好きなのだが、それをやはり大好きな文化人類学者の宮本常一さんが解説するという、またとない本だ。 日本人にとって当たり前のことは日本人の紀行には出てこない…という宮本さんの解説に妙に納得した。イザベラ・バ…

白光(連城三紀彦)

白光 (光文社文庫)作者: 連城三紀彦出版社/メーカー: 光文社発売日: 2008/08/07メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 7回この商品を含むブログ (23件) を見る主人公の主婦、聡子は、妹、幸子の娘、直子を預かる約束をしたが、自分の娘の歯科の予約に直子を連れ…

くそったれ、美しきパリの12か月(A Year in the Merde)、Steven Clarke著、村井智之訳

ある英国人が仕事でパリに来る、美しきパリは決して天国ではなかった…彼はどうやってパリを生きるのか。9月にはじまり5月で終わる、パリの日常を書いた本。 同じ英国人の書いたフランス本「南仏プロヴァンスの12カ月」とは大違い、しかも皮肉のオンパレー…

半落ち(横山秀夫)

半落ち (講談社文庫)作者: 横山秀夫出版社/メーカー: 講談社発売日: 2005/09/15メディア: 文庫購入: 15人 クリック: 366回この商品を含むブログ (264件) を見る休暇中に友人宅の家にあったこの本を久々に読んだ。ある警察官が犯してしまった殺人を巡って、伊…

和菓子のアン(坂木司)

和菓子のアン (光文社文庫)作者: 坂木司出版社/メーカー: 光文社発売日: 2012/10/11メディア: 文庫 クリック: 12回この商品を含むブログ (41件) を見る主人公の杏子(アンコとも読める)は、18歳。デパ地下にある和菓子屋「みつ屋」でバイトをすることになっ…

マネー・ボール

期待の高い新人野球選手だったのに活躍できなかったビリー・ビーンが、アスレチックスのGMに就任し、安い値段で本当に地味だが優秀な選手を買い集め、チームを勝利に導く話だ。野球のことはよくわからないけれども、「選手の将来性には期待しないので、高…

ヘンな日本美術史(山口晃)

ヘンな日本美術史作者: 山口晃出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2012/11/01メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 32回この商品を含むブログ (43件) を見る日本美術を山口晃さんが画家的視点で解説する、という本。 ゆるいと思っていた「鳥獣…

1Q84(村上春樹)

1Q84 BOOK 1作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/05/29メディア: 単行本購入: 45人 クリック: 1,408回この商品を含むブログ (1295件) を見る1Q84 BOOK 2作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/05/29メディア: 単行本購入: 40人 …

天地明察(冲方 丁)

天地明察作者: 冲方丁出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2009/12/01メディア: 単行本購入: 28人 クリック: 758回この商品を含むブログ (405件) を見る江戸時代の囲碁棋士にして天文暦学者でもあった渋川春海(安井算哲)をベー…

ハルさん(藤野恵美)

ハルさん (創元推理文庫) 作者: 藤野恵美 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2013/03/21 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 創元推理文庫から出ている、というのがこの作品のポイントだ。人形作家のハルさんとその娘ふうちゃんの想い出に…

リーダーシップの旅 見えないものを見る(野田智義、金井壽宏)

リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書)作者: 野田智義,金井壽宏出版社/メーカー: 光文社発売日: 2007/02/16メディア: 新書購入: 7人 クリック: 69回この商品を含むブログ (42件) を見る最近仕事上でもリーダーシップ論について語られることが…

羽州街道、佐渡のみち(街道をゆく10)

今回、旅するにあたり、まずこの本を読んだ。以前、山形を旅する時に購入したこの本、後半は佐渡の話だったことを思い出したから。たまには私の記憶力もいい仕事をする。街道をゆく (10) (朝日文芸文庫 (し1-11))作者: 司馬遼太郎出版社/メーカー: 朝日新聞…

ノンデザイナーズ デザインブック

ノンデザイナーズ・デザインブック Second Edition作者: ロビン・ウィリアムズ出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ発売日: 2004/02/28メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 553回この商品を含むブログ (87件) を見る 私の今まで作っていた書類は、セ…

神の子どもたちはみな踊る(村上春樹)

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2002/02/28メディア: 文庫購入: 22人 クリック: 427回この商品を含むブログ (343件) を見る After the Quake: Stories (Vintage International)作者: Haruki Murakami出版…

三味線ざんまい(群ようこ)

三味線ざんまい (角川文庫)作者: 群ようこ出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2008/09/25メディア: 文庫 クリック: 3回この商品を含むブログ (6件) を見る 群ようこさんといえば、着物を着て365日暮らしてみた日々をつづったエッセイなど、…

ヨーロッパ退屈日記(伊丹十三)

ヨーロッパ退屈日記 (新潮文庫)作者: 伊丹十三出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/03/02メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 49回この商品を含むブログ (138件) を見る 私が知る著者は映画監督としての著者だが、実は1961年に俳優としてヨーロッパに滞在し…

夢をかなえるゾウ2  ガネーシャと貧乏神(水野敬也)

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神作者: 水野敬也出版社/メーカー: 飛鳥新社発売日: 2012/12/12メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 77回この商品を含むブログ (26件) を見る かつて話題になり、ドラマにまでなった「夢をかなえるゾウ…

台湾紀行 街道をゆく40(司馬遼太郎)

街道をゆく (40) (朝日文芸文庫)作者: 司馬遼太郎出版社/メーカー: 朝日新聞社発売日: 1997/05メディア: 文庫購入: 12人 クリック: 60回この商品を含むブログ (24件) を見る この本を読むと、「台湾はかつて日本の植民地だったのだ」ということを思い出す。…

神の法vs.人の法 〜スカーフ論争からみる西欧とイスラームの断層

神の法vs.人の法―スカーフ論争からみる西欧とイスラームの断層作者: 内藤正典,阪口正二郎出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2007/07メディア: 単行本 クリック: 18回この商品を含むブログ (16件) を見る イスラームの女性がかぶるスカーフの問題は、ヨーロ…

愛と欲望のフランス王列伝

愛と欲望のフランス王列伝 (集英社新書)作者: 八幡和郎出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/12/17メディア: 新書購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (4件) を見る 何かと複雑な関係のフランス王の歴史をわかりやすく紹介した一冊。はっきりいって…

勘九郎ひとりがたり〜中村屋歳時記〜

昨年亡くなった中村勘三郎さんが勘九郎だった時代、20年前くらいに書かれた本。当時の勘九郎の言葉を誰かライターさんが書き取ったのではなかろうか。60代や70代の自分を語る姿が今や切ない一方で、澤村藤十郎、中村吉右衛門とともに偶然出掛けた琴平の金丸…

歌舞伎〜過剰なる記号の森 (渡辺保)

歌舞伎―過剰なる記号の森 (ちくま学芸文庫)作者: 渡辺保出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1993/08メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (8件) を見る 歌舞伎にまつわる様々な言葉について記号論的に分析したもの。口上、見得、仁、肚、花道、…