Jazz Manouche

マヌーシュ・ジャズの世界で活躍するヴァイオリニスト、オロレのリーダー作"Un Soir d'ete"の、粋な仕掛けとは。

ヴァイオリニスト、オロレ・ヴォワルケAurore Voilquéに興味を持ったのは、アンジェロ・ドゥバールAngelo Debarreのみならず、Jaques Dutroncの息子でやはりシンガソングライターとして活躍するトマ・ドゥトゥロンThomas Dutroncやサムソン・シュミットSamso…

いつからMonkに...?  最新のマヌーシュ・ジャズシーン、ここにあり。

パリはCluny la Sorbonneという駅の近く、カルチエ・ラタンと呼ばれる場所に、マヌーシュ・ジャズライブを定期的にやっている"Taverne de Cluny"というお店がある。私が行ったのは、2008年のこと。その日、お客さんはほとんどいなくて、私はここでTrio Garci…

マヌーシュ・ジャズのスタンダード"Manoir de Mes Reves"と"Django's castle"は同じ曲なんだ!

今日、あるジャズ喫茶に行ったところ、こちらのアルバムが流れていた。Phil Woodsの"Live from the Showboat"。1977年の第20回グラミー賞で最優秀ジャズ・グループを受賞した名作だ。 このアルバムに、自分には耳あたりのよい、よく知っている(けど咄嗟に曲…

フランスの片田舎にあるジャズクラブ、Colonie d'Onans 。数多のマヌーシュ・ジャズグループも出演!

"Colonie d'Onans(コロニー・ドナン)"。初めて名前を見たときは、Onansオナンという地名が皆目検討がつかないという感じだったが、ブザンソンと同じDoubs県にある村とわかり、思い出した。私は遥か昔にブザンソンにも暮らしたことがあるのだが、たしかオナ…

メキシカンスタイルのマヌーシュジャズはこんな感じ....かも。

"Django Reinhardt, su legado y su historia con Jazz Manouche"というタイトルの動画を見つけた。"マヌーシュジャズと一緒にみる、ジャンゴ・ラインハルトの伝説と歴史"という意味だ。主催がICEDとなっていたので調べてみたところ、メキシコのデュランゴ州…

マヌーシュ・ジャズ以外のアーティストも! ギタリストに愛される名曲 "Isn't She Lovely"

スティービー・ワンダーの名曲、"Isn't She Lovely"。初めてギターでの演奏を聴いたのは、ジミー・ローゼンバーグJimmy Rosenberg コンピレーションアルバム"Swinging with Jimmy"だった。Jon Larsenプロデュースによるアルバムだったので、てっきりJon Lars…

あのBabik Reinhardtも出演経験あり。フランスのジャズクラブが主宰するジャズフェスは、今年で60周年。

Saint-Leu-la-Foret(サン=ルー=ラ=フォレ)は、フランスのヴァルドワーズ県にある街だ。La foret...森という名前がついているだけあって近くには「モンモレンシーMont Morencyの森」もある、パリから北西に向かって20キロほど離れたこの街には、実は「Ja…

Django Reinhardtへのオマージュをイタリアで捧ぐ。「Samy Daussat Italian Project」

サミ・ドーサDamy Daussatは、有名かつ優秀なマヌーシュ・ジャズギタリストだ。私がマヌーシュ・ジャズを好きになり始めた頃にはすでにギタリストとしてはもちろん、ギター教育の世界でも大活躍していたので、経歴などを調べることもなかったのだが、今回調…

Django Festival Allstars、ピッツバーグに行く。2017年のライブ映像

すでに多くのライブアルバムもリリースされているので、The Django Festival Allstars はよく知られているグループなのではないかと思う。このグループは、「マヌーシュ・ジャズ」「ジプシースウィング」などと呼ばれる、ジャンゴ・ラインハルトの演奏スタイ…

え、まさかのあの人。フランスの教会で行われたマヌーシュ・ジャズライブが素敵な件

フランス、ロメルファンRomelfing は、ドイツ国境に程近いアルザスのモーゼル県にある街らしいが、あまり観光客がくるような場所でもないと思われる。 街中のどこかの教会で行われた、何気ないマヌーシュ・ジャズのライブ映像を、ロメルファン市役所が公開し…

マヌーシュ・ジャズ+ファド+ショーロ=!? FAPY LAFERTIN NEW QUARTET の不思議な新作

ベルギーのマヌーシュ・コミュニティ出身のギタリスト、ファピ・ラフェルタンFapy Lafertinが2020年にニューアルバム"Atlântico"をリリースしていた。 メンバーはファピ以外に、アレクサンドル・トリポディAlexandre Tripodi(バイオリン)、ルノー・ダルデ…

セルビアの音楽フェス「Novosadsko muzičko leto」。2016年版のトリはストーケロ・ローゼンバーグ!

セルヴィア第二の都市、ノヴィサドNovi Sadoにて毎年行われている音楽フェスがある。「Novosadsko muzičko leto」というものだ。あいにくセルビア語は挨拶と5までの数字しか知らないので細かい情報はわからない。翻訳ソフトによれば、「ノヴィサドのミュー…

Django Reinhardt の誕生日に楽しむライブストリーミング - Django Courtesy Festival@BIMHUIS

1月23日になると、マヌーシュ・ジャズファンの心はざわつくというものだ。なぜなら、1910年のこの日、マヌーシュ・ジャズのレジェンド、ジャンゴ・ラインハルトがベルギーのリベルシーという場所で生まれているのだ。その生誕を祝い、各国では何らかのイベン…

フランス、フォンテーヌブローで初めてできた週末ジャズクラブ「 Les Taties Jazzy」

フォンテーヌブローといえば、森、お城などが思い浮かぶだろうか。フランス、パリ郊外の都市で、ビジネススクールINSEADの欧州拠点もこのあたりにある。実はこのエリア、ジャズをライブで聴ける環境なかったそうで、週末だけライブを楽しめる環境を... とい…

「クソみたいなギターを弾くには人生は短すぎる」。Jimmy Rosenberg がライブしてくれるオランダのギターショップ、"The Fellowship of Acoustics"

オランダのハルテンベルグ市にある小さな村、ベルゲントハイムBergentheim。正直オランダには疎いのだが、有名な都市の近くとも説明しがたく、地図をみてもいまいちピンとこないような場所だ。 正直決して便利ではないこの場所にあるギターショップ、それが"…

ロマ(ジプシー)の文化祭、"Welcome in Tziganie "。2020年版は8月に延期。2021年4月の開催はいかに...

フェスティバル・ウェルカム・イン・ツィガニーFestival Welcome in Tziganie。これは、2008年にL'association L'Air des Balkansという、バルカン半島の文化を広める団体が開催したロマの文化祭のようなもので、日程は毎年4月24日〜26日に開催されていた。…

2020年で20周年。ドイツ、ヒルデスハイムのジャンゴ・ラインハルト・フェスティバルは地味に圧巻

ドイツで最古かつ最大のジプシー/シンティのコミュニティがあることから、「シンティの文化的首都Cultural Capital of the Sinti」などの異名をもつ北ドイツの都市ヒルデスハイムHildesheimで毎年行われているジャンゴ・ラインハルトDjango Reinhardt関連フ…

Joscho Stephan Trioの によるニューイヤーコンサートで豊かな「ライブ初め」を。

ヨショ・ステファン(Joscho Stephan)。ドイツはメンヒェングラートバッハ (Mönchengladbach) 出身のギタリストで、いわゆるジプシーの出自ではないのだが、その腕前からマヌーシュ・ジャズの世界でよく知られた存在だ。父親のガンターGünter から指導を受け…

ウルグアイのヴァイオリニストがオーケストラで表現するジャンゴ・ラインハルト

1986年生まれ、ウルグアイはモンテビデオ出身のヴァイオリニスト兼作曲家、フェデリコ・ナタンFederico Nathanのことを知った。スペイン、マドリッドのソフィア王妃高等大学院出身という正統派音楽教育を受けた上で、あのディディエ・ロックウッドの音楽学校…

Le Chinois & Friendsがたっぷりきかせる クリスマスライブでは、あの曲もマヌーシュ・ジャズに変身。

先日、フランスのアルザスで活躍するマヌーシュ・ジャズのギタリストル・シノワLe Chinoisが、自らのグループとともにクリスマスアルバムを出すらしいという情報を紹介した。このアルバム"Noël Manouche 2"、どうやら無事にリリースされたようだ。すでにクリ…

2010年、ジャンゴ・ラインハルトの孫、David Reinhardtのドキュメンタリーが再度公開

ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt)の息子であるバビク(Babik Reinhardt)の息子、つまり、ジャンゴのお孫さんがこのダヴィドDavid Reinhardtである。今は教会での活動に忙しいようだが、このドキュメンタリーが公開された2010年頃、ダヴィドはドラム…

このローゼンバーグさんはどの系統? オランダの音楽一家が活躍するドイツのフェスティバル"Django Reinhardt Festival in Düsseldorf"。

マヌーシュ・ジャズの世界は、同じ苗字の系統に異なる偉大なミュージシャンがたくさん存在する世界だ。例えば、言わずとしれたマヌーシュ・ジャズの祖、ジャンゴ・ラインハルトの苗字であるReinhardtの場合をみてみよう。弟はジョセフJoseph Reinhardt、息子…

メキシコのジャンゴフェス「Django Jazz Festival 2020」。フランスからもギタリストが参加!

今年はほとんどのフェスが中心になるかオンラインになるかなので、あまり情報検索もしていない私だが、たまたまこれを見つけてしまった。メキシコで3月13日〜15日に開催された、「Django Jazz Festival 2020」。まだ今年で2回目の開催という、歴史の浅いフェ…

マヌーシュ・ジャズファンにも愉しい恒例のフェス”Maisons-Laffite Jazz Festival 2020”は、オンラインで。

フランス、イル・ド・フランス地域圏のコミューンであるメゾン=ラフィットMaisons-Laffitte で、毎年行われているジャズ フェスティバル「Maisons-Laffitte Jazz Festival」。16回目となる今年はコロナの影響で開催が危ぶまれていたようだが、ギタリストで…

DJANGO AMSTERDAM 2020@BIMHUISに登場したJimmy Rosenberg

2020年1月23日は、ジャンゴ・ラインハルトDjango Reinhardtの生誕110周年だったのだ。それを祝して行われた"Django Amsterdam 2020"は、今年で第6回目の開催。今年も1月24日〜26日にかけて、オランダ、アムステルダムのライブハウス、Bimhuisでは、ワークシ…

パリ近郊の老舗音楽スタジオによるプロジェクト、Pause@Studio Sextan。Bireli Lagreneのソロギターを堪能。

「フランスの音のパイオニア」と自らを定義するスタジオ・セクスタンStudio Sextan。フランスはパリ近郊、マレコフに1978年に設立されて以来、フランスの様々なジャンルのアルバムがここで制作されているようだ。 そんな音に絶大なる自信を持つスタジオが、…

ジャンゴ・ラインハルトからフラメンコへ。ギターの名手、Raphaël Faÿsがタヒチに初上陸

パリ出身のギタリスト、ラファエル・ファイスRaphaël Faÿs。父親がギタリストだったことからマヌーシュ・ジャズの手ほどきを受け、5歳でFavinoのギターを持っていたという人物だが、パコ・デ・ルシアに影響を受けフラメンコギターも追及しており、今はフラメ…

Adrien Moignard Trio & Guests、新作はマヌーシュ・ジャズの玉手箱

Adrien Moignard(アドリアン・モワニャール)は、フランス生まれのマヌーシュ・ジャズ・ギタリスト…といっていいだろう。 ブルースギターから学び始めて、後からジャンゴ・ラインハルトの世界に魅了されたというので、マヌーシュ・ジャズの世界ではちょっと…

Django Allstars @ Le Studio Grands Boulevards Festival

TSF Jazzが6月1日~26日までの3週間、同社がパリに有する“Studio Grands Boulevards”でオンラインコンサートを開催していた。 asquita.hatenablog.jp出演者が20組ほど出ており、そのライブの模様は少しずつ公開されたいたのだが、とうとう6月25日に開催され…

Les Doigts de l’Hommeメンバーによる新たなジプシージャズカルテット、"ECCA"

Les Doigts de l'Hommeは、疾走感のあるマヌーシュ・ジャズを演奏してくれる4 人組で、大好きだ。ただ、各メンバーがそれぞれ忙しいこともあり、なかなか活動状況がみえない。2020年は、3月14 日、つまり、フランスでCovid-19の感染拡大防止のための自宅待機…