読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石舟庵の伊豆高原ロール 栗

ひょんなことから、静岡県伊東市へ行くことが増えたため、お世話になった方々にお年賀で配るお菓子も、伊東市に本社があるも創作和菓子屋「石舟庵」でばかり買っている。この時期になると、干支をかたどったお菓子が店頭に並ぶのが魅力的だ。

でも、何よりもこのお店の素晴らしいところは、伊豆半島の外に店舗を置いていないところだと思う。どこぞの生キャラメルで名を馳せた店のように、節操なくセンスのない店舗を置いたりしていない。店の立ち位置やセールスポイントをきちんとわきまえ、菓子名に工夫をこらしたり、ニューサマーオレンジのような伊豆の特産品をふんだんにお菓子づくりに活用したりする、その企業姿勢が好ましい。
◆石舟庵
http://www.sekishuan.co.jp/index.html

もちろん、お年賀だけでなく自分用に購入することも忘れていない。今回は、季節限定品らしい「伊豆高原ロール 栗」というのを購入してみた。値段は1,150円くらいだったかな。ロールのうずの部分に栗が贅沢に使われているが、味は意外にあっさりしていて、くどくない。

このお店のお菓子は何を食べても外れはなく、甘みも上品でおいしいのだが、もうひとつのお気に入りが、この「黒米おこげ」。●穀米を使ったせんべいは世の中に数多あれど、せんべいフリークの私がいろいろと試す中で、一番味付けというか塩加減が完璧だ。これからも、伊豆半島限定で特徴を生かして活躍してほしいなぁ。