読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone 3GSを持って海外に行きたい、が。

私は元Vodafoneユーザーであり、かなり昔から日本で使っている携帯をそのまま海外に持ち出して使う便利さを享受していた。けど、iPhoneはちょっと事情が違うらしい。よく、噂できくではないか。「iPhoneを海外で使ったら、請求が10万円できた」というもの。そんなことになるなら、今回は我慢して携帯使わないようにするか…。「機内モード」に設定すればいいのかな。でもそうすると、通話を受けられないという問題が…。

なんて思っていたら、便利なサイトを見つけた。そこから、自分に関係する情報を抜粋し、まとめておこうと思う。

◆国際ローミングを確認すべし。
海外の旅先で携帯をオンにすると、通信会社の選択肢がたんまり出てくる。いつも適当に選んでいたのだが、それじゃダメらしい。
たとえば、トルコの場合。
http://mb.softbank.jp/mb/iphone/service/international/roaming/area_search/?id=537152428
日本への通話料が、キャリアによって265円か175円と幅がある!
というわけで、トルコではVodafone系を選んで接続しようと思う。

◆データーローミング「オフ」を確認
これは、iPhoneを買った時からしつこく言われていたので、死守。初期設定はオフになっているはずだが、念のため確認。
「設定」 > 「一般」 > 「ネットワーク」 > 「データローミング」 >「オフ」

これで、MMSやらEメール、インターネット閲覧はできなくなる。
できるのは、SMSと通話のみのはず(あってる?)、超高額請求を避けられるはず。

◆モバイルデータ通信「オフ」を確認
iPhone 4からついている機能らしい。安全そうなので、オフにしておこうと思う。ダイジョウブよね?

◆3Gも「オフ」
「データローミング」オフで3Gを使ってもあまり意味がないそうなので、「設定」 > 「一般」 > 「ネットワーク」 > 「3G有効にする」を「オフ」にしておく。

◆時間帯変更
「設定」 > 「一般」 > 「日付と時刻」 で自動設定を「オフ」にすると、国名やら都市名を入れる空欄が出てくる。
滞在国をクリックすれば、iPhone内蔵時計も当該国の時間になる。

これだけやっておけば、高額請求になやむことはないかな。あとは、上限設定とかできるといいのにな。ま、7月下旬には海外パケ放題サービスがスタートするようなので、こんな悩みともおさらば、かもしれないね。

◆ソフトバンク プレスリリース
海外向けパケット定額サービス登場!
最大1,480円/日でパケット通信が利用可能に!
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2010/20100628_02/index.html