読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

David Reinhardt@東京国際フォーラム地上広場

Concert & Live Jazz Manouche

へえ、ジャンゴのお孫さんって、ジャズトリオやってるんだなぁと今年に入って知った。ここにあるインタビュー映像なんかもみて、いつか生でみたいなぁと思っていたら、なんと日本に来た! しかもちゃんと自分のトリオ連れて。
http://d.hatena.ne.jp/asquita/20100511/1273582820

気が付いた時には、もう東京国際フォーラムのライブしか行けそうなものもなく、さっそくノコノコ出かけていった。東京Jazz枠組みのライブは、無料な分妙な混雑をみせるからいやだなぁと思っていたのだけれど、今年はきちんとオーガナイズされていたので、それなりの時間に行って、規定の場所に並んでいたら、ちゃんと座れた。ただし、私の前に並んでいたのは、男性ばかり。女性ファンって少ないのかな?
リハ中の風景。すでに幸せな気分に。

イベントのリーフレットには、彼の「血統書付き」出自とともに、「正確なテクニックと情緒あふれる軽快な旋律、スウィング特有の感覚を武器に〜」って書いてあるが、大抵のギタリストにそういう感触を持っちゃう私にはその細かいニュアンスはよくわからなかった。

ただ、この人がマヌーシュジャズを捨てたんだと勝手に思っていたのだが、実際は違ったんだなぁという印象を持った。彼のやり方でちゃんと向き合っているんだね。

よい天気にほどよい風、少し暑かったけれども、こういう野外のライブって好きだ!