読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RIVERSIDE JAZZ STORY-Riversideファミリーレーベル@喫茶茶会記

世界で初めてリバーサイドレーベルのカタログ「Riverside Jazz Records」をまとめ上げた古庄紳二郎さんと瀧口譲司さんナビゲートによる表題のイベントに行ってきた。
[参考]403 Forbidden
Riversideといえば、昔ある方に勧められたBill Evansの"Waltz for Debby"にハマってから、その周辺をちょっときいたくらいで、ほとんど何もわかっていない私。

でも、知識の宝庫であるお二人の案内人から、いろいろなエピソードを聴けたり、新しい音源にであるのが純粋に楽しい。

昨日は、RIVERSIDEの傍系レーベルということで、

    1. RIVERSIDE WONDERLAND
    2. RIVERSIDE FORTISSIMO
    3. Jazzland
    4. Judson
    5. Offbeat
    6. Battle
    7. Washington

が紹介されていた。

前々から興味があった、"A child's Introduction to Jazz(RIP1435)"がちょっと聴けたのはうれしかった。RIVERSIDEの音源からよい演奏をピックアップし、Cannonball Adderleyのナレーションで子供向けに解説する企画アルバムである。

日本では"child"という単語がぬけて、大人向けレコードというコンセプトになったらしい。ジャズは大人のもの、ということかしらね。

変わり種としては、Washingtonというレーベルの"Baroque Sonatas for Flute and Harpsichord"(WLP407)。完全にバロック音楽を収録。

印象的だったのは、このあたり。
Johnny Griffin/Wilbur Ware"The Chicago Cookers"(JLP-12)

Lars Werner/Bernt Rosengren "Bombastica!"(JLP 26)

Don Rendell New Jazz Quintet "Roarin'"(JLP51)

英国ジャズプレイヤーとしてPhil Seaman(Ds)やDon Rendell(ts)の話が出たときに、そのあたりに影響を受けたアーティストの中にCourtney Pineの名前が出てびっくりした。"Closer Home"というアルバムをかなり愛聴していたが、当時ジャズを聴いている意識があまりなかったなぁ。懐かしくなったけど、もはや手元にCDが残っていないのは残念。でも、こうして何かのきっかけに昔の曲に向き合えるのは嬉しい。

本イベントは、原則第一土曜日実施、14時スタート、チャージ1,500yenに1ドリンク付き。喫茶茶会記のサイトに情報が出るはずです。
http://gekkasha.modalbeats.com/?cid=42172