読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Marina Abramovićが気になる

f:id:asquita:20130525000035j:plain
ユーゴスラビア出身のパフォーマンス・アーティストであるマリーナ・アブラモヴィッチのことをある美術館のDVD販売コーナーで知った。"The artist is present"と題された彼女の芸術~MOMAのオーディトリアムにて、3カ月、一日7時間もの間話もせずにひたすら座り続けるというもの~に、涙する人たちが多数。
興味があるから調べてみた。
Marina Abramovic en trois points - L'EXPRESS
1946年ベオグラード生まれ。お父様は軍人。
色々と過激なアートを実践していく。一時はオランダの芸術家Ulayという人とコラボしていたこともあったが、その後独立していろいろな形のアートを築いていく。なかでも、このThe artist is presentというのは、すごい破壊力というか威力のあるものだった。
公私共に過ごして作品もつくり、万里の長城で別れを告げ、そして別れた後は二度と会うことがなかったという二人。彼が予告もなしに姿をあらわし、彼女の作品の中で再会するというシーンはそれだけでドラマだ。マリーナの表情の変化が繊細にみてとれる。ウライのクールさもまたいい。
若い頃のUlayとMarina.

そして、これが再会シーン。

Marinaの生い立ちを知りたい人のためのインタビュー。

日本には新潟県に彼女のつくった「夢の家」があるらしい。行ってみたーい!
施設案内|マリーナ・アブラモヴィッチ「夢の家」 Dream House Art Project