読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Strasbourg Jazz Initiative project ストラスブールでジャズライブ文化を盛り上げよう!

Jazz Manouche Jazz

マルセル・ロフラーMarcel Loefflerの演奏動画を見つけた。これを観た時には、てっきりマヌーシュ・ジャズかと思ったのだが、それらしさは非常に少ないギターの演奏だ。

とすると、このギターを担当しているリック・ハンナRick Hannahとは何者だろうか。調べてみると、米フィラデルフィア出身、ストラスブールに住んで7年になるジャズギタリストだということが判明した。この人が2012年10月に始めたプロジェクトが、「ストラスブール・ジャズ・イニシアチブ」である。ストラスブールは、音楽フェスやコンサートなんかはけっこうあるのに、なぜかライブがきけるバーやレストランの少なさが深刻なので、だったら自分たちでそういうのを始めちゃおう、ということらしい。確かにストラスブールって現地の友人にきいても「音楽をきける場所はない」と言い切られちゃったりしたことから、決してライブスポットは多くはないのだろう。
さてこのプロジェクトの手始めとしてリックが始めたのは、Abattoir Cafeにて毎週火曜日、20時~22時までの間、ゲストを迎えてライブを行う、というものだった。この動画は、マルセル・ロフラーがゲストとして招かれた時のもの、というわけだ。
Abattoir Café - Salon de thé, bar à chicha, restaurant à Strasbourg
さて、一連の情報を調べていながら、だんだん不安になってきた。なぜなら、このAbattoir Cafeのライブ情報が探せないためだ。Facebook上では、マルセル・ロフラーのライブ告知が最後になっている。カフェ、つぶれちゃったとか?
さらに調べていって、判明したことがある。それは、このイニシアチブ、7月から9月まで「夏休み」だった、ということ。ちょっと安心した。でも…休みが長すぎるのでは(笑)?
次回ストラスブールに旅をした時は、もっともっと街中で気軽に音楽を聴けるチャンスが増えていますように。