読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミリキタニの猫

2006年, リンダ・ハッテンドーフ監督、米
このDVDを人に貸すことになったので、ふと思い立って見返してみた。
主人公はジミー・ミリキタニサクラメント生まれの広島育ちという二重国籍者。アーティストとしていきるために、とアメリカでの暮らしを選んだのに、第二次世界大戦中の忠誠審査で市民権を放棄し、いわゆる「日系人収容所」のひとつであるツールレイクに送られる。
今はニューヨークの路上でネコの絵を売って暮らす彼を、ひょんなきっかけでリンダが家に招き入れたことから生まれた交流と、ジミーの人生が映画では明かされる。
戦時中に米国籍を放棄させられたことを根に持ち、アメリカは大嫌い、平和を望むジミー。リンダとだんだん打ち解けていく様子がとても良い。ジミーの表情だってどんどん柔らかくなっていくし。そして、こんな謎のお年寄りを家に招き入れて、色々と世話をした監督のあたたかさ、素晴らしいね。
ちなみに、以前の感想はこちら。この時は英語版で映画鑑賞していたはず。
The Cats of Mirikitani - 空間Annex
そうそう、2年ほど前、日系人が収容所でつくった芸術作品の展覧会があった。尊厳の芸術展~The art of Gaman~というものだ。これに、ジミー・ミリキタニの作品が展示されていた。ごくごく普通だけれども、その風景は「ツールレイク収容所」のもの。山が印象的な風景だ。映画の中に出てくる、猫の絵と比べると画風もおとなしかったことを思い出した。当時の彼と今の彼、色々な心境の変化があったに違いない。

ミリキタニの猫 [DVD]

ミリキタニの猫 [DVD]