読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドシナ

Cinema

1992年、フランス、レジス・ヴァルニエ監督、Indochine

1930年代の仏領インドシナベトナムラオスカンボジア)。カトリーヌ・ドヌーヴ演じるベトナム生まれのフランス人エリアーヌは、父親と暮らし、事故死したベトナム王族の娘、カミーユを養女として育てながら、彼女の両親が有していたゴム農園を経営している。エリアーヌはオークション会場でであった海軍士官ジャン=バティスト(ヴァンサン・ペレーズ)と恋に落ちるが、カミーユも別の状況下でジャン=バティストと出会い、そして恋に落ちるのだ。
カミーユは左遷されて僻地勤務となったジャン=バティストを追って、その左遷先に赴いたが、ある事件をきっかけに共産主義者の独立運動に身を投じることになる。
うーん、説明はなかなか難しい映画なのだが、仏領インドシナと、あるフランス人を核に描かれた母娘の物語といった感じなのか。ゴム農園でのゴム採収の風景や水田、川など美しくてのどかな風景もたくさん出てくるが、当時のベトナムってこんな感じだったのだろうか。
母と娘で踊るタンゴのシーンが妙に印象的だ。カミーユが大人になったんだ、ということを認識できるワンシーン。