ストックホルムでワルツを

youtu.be

Per Fly監督、2013年、スウェーデン、Monica Z

 
モニカ・ゼタールンドMonica ZetterlundのWaltz for Debbieは、少しジャズが好きならどこかで耳にして、強い印象を持つ曲だと思う。
そのモニカは、実はスウェーデンの田舎にて電話交換手をしながら、5歳の娘を育てるシングルマザーだった。仕事の傍らジャズライブをする日々。ストックホルムではそこそこ成功するも、NYでのトミー フラナガン トリオとのライブでの酷評(これには、彼女の実力だけの話ではないが)を経て、バンドメンバーのアドバイスもありスウェーデン語で歌うことを思い付く。これが大当たりする一方で、失敗するプロジェクトもあったりして、精神に異常をきたしていく…そんなモニカの姿はかなり醜くて、みるのが辛いほど。
しかし自分で立ち直り、自ら行動を起こしてチャンスをつかんでいく。ワルツ フォー デビーのスウェーデン語の歌詞はすごく優しい。春風みたいな…彼女の活躍に懐疑的だった父親が号泣する姿にもらい泣きした。
ちなみに、こちらがビル・エヴァンスと本物のモニカ・ゼタールンドのレコーディング動画。映画がかなりリアルだということがよくわかる。

youtu.be

 
そして、この曲以外にもレコーディングしているんだね。