読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロビー・ラカトシュ、ビレリ・ラグレーンにアンドレアス・ヴァラディまで! 豪華出演者による"チェロキー"

ドイツ西部はザールラント州ザンクト・イングベルトSt. Ingbertで行われたジャズフェスティバル"Internationales Jazzfestival St. Ingbert 2015"の動画を見つけた。今年で29回目の開催とのことだが、ウェブサイトをみても出演者も地味だ…と思ったら、ある名前に目を奪われた。ジプシーバイオリンのロビー・ラカトシュRoby Lakatosに、おなじみビレリ・ラグレーンBireli Lagrene、それに若手ギタリストのアンドレアス・ヴァラディAndreas Varadyが一緒にステージに立っているではないか。ラカトシュとデュオを奏でているのは、サンドロ・ロイSandro Royというドイツ出身20歳くらいのバイオリニストだろう。
ロビー・ラカトシュにビレリはもうおなじみだろう。もう17歳くらいになっているだろうか、祖先をハンガリーに有するスロヴァキア出身のギタリスト、アンドレアス・ヴァラディは、今はドイツで活躍の様子だ。asquita.hatenablog.jp

ヴァラディのことはここ3年ほど動向を見守っていなかったが、昨年の8月にVerveから世界メジャーデビューも果たしていた。www.universal-music.co.jp

そんな大物と将来有望な若手ミュージシャンの共演による"Cherokee"は、マヌーシュ・ジャズというよりはジプシー音楽とジャズの雰囲気が強いが、素晴らしいことには変わりない。

このステージのヴァラディ、ちょっと気後れしているのではないだろうか…。こんな大物に囲まれたら当たり前かな。