読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スモーク SMOKE

SMOKE、1995年、米日独合作、ウェイン・ウォン監督

ハーヴェイ・カイテル演じるブルックリンのタバコ屋の亭主オーギーはもう何年も同じ場所で街角を撮影している。その店の常連である作家のポール・ベンジャミンと、そのポールが偶然街角で出逢ったラシードと名乗る青年、そしてオーギーの元妻が織りなす物語。単に主人公が絡み合うだけのストーリーだけではなく、最後にはオーギーが実際に経験したであろう、素敵なクリスマスストーリーが語られるのであった。ここで、オーギーとカメラの秘密も明かされることになる。
そうか、これはクリスマスのお話しでもあったんだな…。そして、優しい嘘が時に人を救うこともあるかもしれない、ということかな。