読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいい名前でかっこいい演奏。Go Go PenguinとBigyuki

Jazz

f:id:asquita:20160425083808j:plain

Jazz à la Villetteという、フランスのパリ19区で毎年8月末に行われるジャズフェスのポスターのセンスの良さにうっとりしていたら、このバンドを見つけた。Go Go Penguin(ゴーゴーペンギン)。名前のインパクトがあって記憶にひっかかっていたが、せっかくなので調べてみることにした。

2009年結成、英マンチェスター出身の20代の若手で構成されたピアノトリオで、E.S.T. (Esbjörn Svensson Trio)と比較されたり再来と言われることがおおいみたいだ。現在のメンバーは、クリス・アイリングワースChris Illingworth(p)、ニック・ブラッカNick Blacka(b)、そしてロブ・ターナーRob Turner(ds)。ジャズをベースにラフマニノフドビュッシージョン・ケージなどといったクラシック、現代音楽等を取り入れ生演奏するというスタイルが人気となり、ブルーノートレーベルに移籍。今年の4月上旬にはブルーノート東京でもライブをやったらしい。

なるほど。少なくとも昔からあるピアノトリオの音ではない。新しくてカッコイイ。
この音を聴いていると、NYで活躍するキーボード奏者、BIGYUKIを思い出す。こちらは、ジャズとヒップホップの融合ということでご活躍のようだが、5月15日には日本でもアルバム"Greek Fire"が発売されるとか。
www.universal-music.co.jp

もうみんな耳が肥えすぎてしまって、予想外の新しい音を常に求めているのだろうか。