読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEDカンファレンスとマヌーシュ・ジャズ

Jazz Manouche

TED (Technology Entertainment Design)カンファレンスは、"ideas worth spreading."という精神を元に行われている、講演会だ。学術からエンタメまで、幅広い分野の人々がプレゼンテーションを行う。その魅力的な語り口とコンテンツは動画配信で広まり、今や高い知名度を誇る。最近はNHKの「スーパープレゼンテーション」という番組でも紹介されているから、日本でも有名なのではないだろうか。

このTEDのコンセプトを引き継ぎ、名称を使用したイベントが世界各地で行われている。その中にマヌーシュ・ジャズに関連したアーティストが出演しているケースもあるので、ご紹介しよう。

まずは、シリル・エイメCyrille Aimee。フランスのクレルモン=フェランで行われたTEDxClermontでのイベントの様子だ。ジャンゴ・フェスが行われるサモワ・シュール・セーヌあたりで生まれ育ち、ジャズの世界で幅広く活躍する彼女が、その生い立ちとジャズの魅力を語る。NYで出逢ったギタリスト、ミカエル・ヴァルソーMichael Valeanuとともに、インプロヴィゼーションの素晴らしさ、そして彼女がであったマヌーシュたちの生き方や文化の魅力を語る。プレゼンの方法がとっても魅力的だセッションだ。マヌーシュの暮らし方そのものがインプロヴィゼーションである、と話している。トーク中心だが、英語の字幕が出るので、フランス語ができなくてもある程度内容が把握できる。また、自分が歌手になり始めた時代から現在までの、歌う姿勢の変化をそのままパフォーマンスで表現している。ついつい、見入ってしまうプレゼンだ。


次にこちらは、メキシコでの"TEDxPitic"というイベント。メキシコのエルモシージョ(Hermosillo)という都市が出身のメンバーで構成されたグループ、"Contigo ni a Paris"が出演している。ギター4本で奏でるマヌーシュ・ジャズはなかなかの迫力だと思う。Minor Swingではじまり、音楽がたっぷり楽しめるステージだ。

ジャンゴ・ラインハルトの歴史とマヌーシュ・ジャズの現在、みたいなテーマは十分TEDの題材になり得ると思うのだが、どうだろう。さらに魅力的なマヌーシュ・ジャズのプレゼンテーション+パフォーマンスを期待したいところ。