読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stevie Wonder "Ribbon In The Sky" (Reworked Whitney Houston Home Going Tribute)

Whitney Houstonが亡くなって、はや3年が過ぎるのか。あの時は私もちょっとしんみりホイットニーの過去の名曲に浸っていたものだ。

asquita.hatenablog.jp

ふとした会話から、あの時CNNで中継されていた、Whitney Houstonのお葬式を思い出した。葬式の中継なんて悪趣味だな、と思ったのだが、Stevie Wonderが自身の"Ribbon in the Sky"をWhitney Houston追悼歌にアレンジしていたのが本当に良くて、涙が出たのだった。この感動をどこかに書いたと思っていたが、探せない。あれは幻だったのか。

当時からこの歌詞のことをちゃんと知りたいと思っていたが、きちんと書かれているものが見つけられない。記事では歌詞のコンテキストしか書かれていないし、CNNの番組を文字化したものも確認したが、歌の途中でCMに入ったとかで、やはり書き留められていないのだ。

そこで、色々な情報をつなぎ合わせて全部の歌詞を書いてみることにした。

In 1963, we were blessed so incredibly.
With a sound so incredibly.
Whitney's voice, voice from a choir in heaven of love.

He loved you did touch our hearts,
and you did from the very start.
And that gift, no press or media - or nobody can tear apart.
It's a gift from heavens's choir of love.

What God gives is never a coincidence.
And far more than some heaven-sents.
But what is that was always meant
like you were a voice from heaven’s choir.

Who can lose with God on our side.
And no more, Whitney, no more do you have to cry. You will always be our baby in the sky.
You were an angel from God’s choir, You were an angel from God’s choir, You were an angel from God’s choir of love.

I want to give praise to the Father... for Whitney,
that angel from God’s choir, from God’s choir of love.

Whitneyは神の聖歌隊の天使。その声は本当に誰も奪うことができない、天賦の才能であり、人々を感動させてきた…。それを名曲"Ribbon in the sky"にかけてアレンジするなんて! 改めてStevie Wonderの天才っぷりを感じる。