読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイビス社の広報担当者に注目したい映画「マネーモンスター」

Cinema

2016年、米国、ジョディー・フォスター監督、Money Monster

高い視聴率を誇る、財テク番組マネーモンスターは、リー・ゲイツが市場を読み解き、今投資すべきオススメの株を視聴者に紹介する番組だ。しかし、この番組で強く推奨されたある株を買ったことで全財産を失ったある男が番組をジャックする。リーに爆弾が仕掛けられたベストを着用させて…。果たしてこの状況からどうやって抜け出すか。そして、ある株が大暴落した背景には、公式発表とは異なる、ある仕掛けがあったのだった…。

こちら、あのジョディー・フォスターが監督ときいていたから一度観たかった作品だった。番組MCとして表に立つのはジョージ・クルーニー演じるリー・ゲイツだが、すべてのお膳立てや仕切り、そしてスタッフの安全確保に至るまで、有能プロデューサーのパティを演じたジュリア・ロバーツがキーパーソンである。頭が切れる役回りでまったく飾り気がなくてもカッコイイと思った。

さらに、問題を起こした当事者の企業広報女性のダイアンには注目だ。このCCO(Chief Communication Officer)は美しくてそつないが、どうも会社の中の扱いは「お嬢ちゃん」扱いで、しかも社長の愛人みたいな扱いなのがちょっと気に食わない。Corp comms先進国のアメリカでも美人広報扱いか、とちょっと失望しかけた。テレビ出演もスクリプトが準備してあって「お膳立て通りにお願いね」というところも、ちょっとどうかな…と疑問に思ったりしたのだが、最後の巻き返しがすごい。パティとタッグを組んで、自分を引き立ててくれた社長に真実を語らせるべくお膳立てをすると同時に、自身でも真実を知るべく社内調査を進めていくのだ。広報担当たるもの、やはりこうでなくっちゃ。

トレーディングシステムのアルゴリズムが暴走した理由を"due to the glitch."と一言で片付るような回答でメディアも納得してはいけないのだ。報道発表をそのまま垂れ流すメディアに対する皮肉も盛り込まれていたのではないかしら、この映画は。そして何と言っても、女性出演者が実はみんな主役として存在感がある映画だった。