読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

In Situ - SF MOMA(サンフランシスコ近代美術館)内にあるレストランは、世界の食の美術館

Carnet du voyage オイシイオミセ

サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)は私のお気に入りで、サンフランシスコに来るたびにふらっと訪れていたものだ。最近はずっと工事中だったのだが、このたび新しくオープンしたということで、さっそく行ってみた。
まずはお昼ごはん。1Fにある"In Situ"というお店で食べることにした。「イン・サイチュ」とは、ラテン語で「本来の場所で」を意味するとか。自身もサンフランシスコに三ツ星レストランのシェフであるCorey Leeコレイ・リーという人が、世界の有名レストランのシェフを口説いてレシピを伝授してもらい、それを再現する、ということらしい。普通の人ならまず教えてもらえないであろうレシピを教えてもらえるとは、コレイ・リーもきっと素晴らしい腕前の料理人なのだろう。

メニューのデザインもおしゃれだ。

友人と私が選んだのは、こちらの料理だ。いずれも見目麗しく本当に美味しかった。

"Shrimp Grits" from "wd-50"@ NY, Wylie Dufresne


"Liberty Duck Breast" from The French Laundry@CA, Thomas Keller

"Umami Soup" from 美山荘@京都、中東久人氏


料理の一皿一皿がすべて素晴らしい芸術品のようでみるだけで感動した。もちろん味も最高。カフェテリア形式で自分でお皿を取りに行くところと、お店の人がサーブしてくれるところが共存しているので、用途に応じて使い分けることができる。店内はセンスあるインテリアで、外も見えるようになっている。少しお値段は張るが、もしサンフランシスコで一度いい食事をするというなら、こちらをぜひお勧めしたい。私もメニューの全制覇を目指してまた行きたい!

ちなみに軽食をする場所は館内に別途ある。こちらも高層ビル群を眺めながらオープンエアでも楽しめる素敵な場所だ。また、ブルーボトルコーヒーを代表とした、サンフランシスコの「サードウェイブ系」と呼ばれるコーヒーショップである、「サイトグラス・コーヒー (Sightglass Coffee)」も館内にあってお勧めだ。この美術館なら間違いなく一日中飽きることなく過ごせるだろうなぁ…。