読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮島 1/2 day。楽しみと教訓と。

さて、数日前に書いたとおり、フェリーで宮島に着いてから何をしたのか、走り書きをしておこうと思う。
asquita.hatenablog.jp


フェリー乗り場を出て右に曲がると平清盛の像がお出迎え。1146年に安芸守を任じられて、嚴島神社を造営したのだとか。すごくセンスのいい人だったんだなぁ…。


おお、「世界遺産」のモニュメントが! テンションが高まります。


嚴島神社方面に続く長い道にはシカがたくさん。なんとなく「海とシカ」のマッチングって珍しいと思うのは私だけだろうか。シカは浜辺にいる動物ではないと思うのだが。

その後はこんなコースで進んだ。
◆嚴島神社観光

もう説明は不要だろう。ここからみる大鳥居の眺めもまたよい。

◆大願寺でも御朱印をゲット。


◆裏手から五重塔へ。

この周辺に隠れ家カフェやらレストラン、雑貨屋が点在している。

◆表参道商店街をブラブラ。
閉店セール中の骨董品やさんでかんざしを買うなど。

◆沖野水産で小腹を満たす
蒸し牡蠣とレモンサワー。

◆嚴島神社に戻って夕陽から日が沈むまでを眺める

夜の宮島は寒かった…待つのがつらい寒さ。しかし、海外の方がたくさんいらっしゃっていた。夜になると大鳥居がライトアップされるので、それを期待してのことだ。夕陽が沈んでから、ライトアップされるさまは静かで美しく、寒かったけれども一見の価値ありだ。

さて、宮島の教訓は「はやい時間に行動すべし」ということだ。
宮島グルメを期待していたのに、17時ちょうどにはほとんどのお店が閉店するため、夕方にはかなり買い物やグルメ散策の範囲が限定される。行きたかったレストランは閉店となり、欲しい小物屋があった雑貨屋はすでに閉店処理をした後だとかで、カード支払いを断られた。まずは表参道商店街やその他のところをウロウロしてから、嚴島神社観光をすれば、もっともっと楽しめたかもしれない。

またいつか戻ってこようと思う。