読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Les Doigts de l'Homme、パーカッショニストを迎えたニューアルバムを4月末にリリース

2013年に出したアルバム、"Mumbo Jumbo"から4年…。Les Doigts de l'Homme(LDDLH、レ・ドワ・ドゥ・ロム)がいよいよ4月28日にニューアルバムを出すようだ。タイトルは、"Le coeur des vivants"って暮らしの中心とかそんな感じの意味だろうか。
f:id:asquita:20170423095039j:plain

リードギターの凄腕ギタリスト、オリヴィエ・キクテフOlivier Kikteffにやんちゃなリズムギター、ヤニック・アルコセル
Yannick Alcocerとブノワ・コンヴェールBenoit Convert、そしてベーシストタンギ・ブルムTanguy Blum…とここまではいつものメンバーなのだが、今回のアルバムにはパーカッションにナジム・アルーシュNazim Alloucheという人を迎えている。カホン、という打楽器を導入しているところが、その新しいところだと思う。
最近、France 3の番組、"Le Backstage"に出演し、ニューアルバムから3曲ほど披露したようだ。

この放送局はローヌアルプ地域圏を中心に活動していることから、地元ミュージシャンとしてLDDLHを取り上げたのだろう。良い映像だ。どれもオリジナル曲なのだろう。ちょっとフラメンコみたいな、エスニックな要素が強いメロディだが、ちゃんとLDDLHらしさを保っている。

iTunesでも購入できるようだ。

Le cœur des vivants

Le cœur des vivants

  • Les Doigts de l'Homme
  • Jazz
itunes.apple.com

今年5月16日にはフランス、パリのジャズクラブNew Morningでもライブをやるそうなので、その様子がまたTSF Jazzあたりで見られるのではないだろうか。LDDLHの活動がしばらく活発になると思うと、ファンとしてはうれしい限りだ。