リヨン発マヌーシュ・ジャズグループ、"Minor Sing"のニューアルバム"Jump Around"!!

ミノール・シングMinor Singは、フランスはリヨンを中心に活躍するマヌーシュ・ジャズグループだ。バイオリンのジャン・ラルダンシュJean Lardanchet、ギターのヤニック・アルコセルYannick Alcocerとロラン・ヴィンセンツァLaurent Vincenza、それにベースのシルヴァン・プラSylvain Pourratの4人グループ。メンバーのヤニック・アルコセルYannick Alcocerがレ・ドワ・ドゥ・ロムLes Doigts de l'Hommeのメンバーであることをきっかけにその存在を知り、動向をチェックしている。
さて、前のアルバムから2年後の今年10月13日に、Minor Singはニューアルバム"Jump Around"をシリースした模様だ。
f:id:asquita:20171017094347j:plain

私の中で、"Jump Around"といえば、House of Painのこの曲なのだが、まさかね…。彼らならやりかねないと思ったが。

試聴した限りでは、この曲ではなかった。アルバムの試聴はこちらのサイトでできる。
http://www.minorsing.fr/extrais-du-nouvel-album-jump-around/

アルバム収録曲"Duc's Place"でPVも紹介されている。いつもながら、センスがいい。曲もポップでいいなぁ。スウィングしたくなる。

これからまた、アルバムのプロモーションライブが始まるんだろうな。リヨン以外でも活躍する姿がうれしい。

過去のアルバムに関する情報はこちらをご確認ください。
asquita.hatenablog.jp