オペラ座でマヌーシュ・ジャズAngelo Debarre & Gipsy Unityが出演する"NJF sessions 2018"の魅力。

ニース・ジャズ・フェスティバル(Nice Jazz Festival - NJF)は、フランス、ニースのマセナ広場にあるヴェルドゥール劇場で7月に開催されるジャズ・フェスティバルだ。まだ出演者は確定していないようだが、今年は開催から70周年ということもあり、かなり盛り上がることが予想される。

1月から5月までの時期は、月1-2回のペースで有名なジャズ・ミュージシャンが招かれて、"NJF sessions"というイベントが行われている。Tony Allen、Shai Maestro、Tom Harrellなどのライブが予定されている。ニースに住んでいれば、もう毎月ワクワクしながら有名アーティストのライブに通うところだ。

1月は、マヌーシュ・ジャズの重鎮、アンジェロ・ドゥバールAngelo Debarreが率いるGipsy Unityと、トマ・ドュトゥロンThomas Dutroncが出演していたことがわかった。このGipsy Unityには、ブカレスト出身のバイオリニスト、マリウス・アポストルMarius Apostol、ギターにAngeloの息子ラーンギRaangy Debarreとチャボロ・ハサンTchavolo Hassan、ベースはウィリアム・ブルナールWilliam Brunardが参加している。
f:id:asquita:20180212091745j:plain

ライブのリハーサル動画も見つけた。

インタビューの中で、Angeloは、オペラ座でコンサートをすることの感動を述べている。生で観たかったなぁ…。













Appartenant incontestablement à la famille des héritiers de Django Reinhardt, le guitariste Angelo Debarre est devenu une légende pour les amateurs de jazz manouche. Aujourd’hui, il invite son complice Thomas Dutronc, pour nous présenter une relecture, entre tradition et modernité, de son projet Gipsy Unity