ナイロビの蜂


フェルナンド・メイレレス監督、The Constant Gardener、2005年、英・独・米・中

英国の外交官ジャスティン・クエイルは上司の代理で講演をしたところで、英国の外交政策について質問をして激しくなじってくる女性がいた。それが妻のテッサだ。愛し合う二人は、ジャスティンのケニア勤務に伴い、結婚することになった。(ただしプロポーズはテッサから。)
「ママ・テッサ」と呼ばれて地元で親しまれるテッサは、妊婦となってからもアクティブに働いていた。

ところがある日、テッサは殺されてしまう。しかも、医師のアーノルドとともに。
ジャスティンは、妻とアーノルドの関係を少し疑いつつも、彼らが死んだ理由について調査をはじめる。すると、実は妻がひょんなことから製薬会社と政府の癒着と陰謀をつかんでいたことを知るのだ。妻は、庭の雑草のことしか考えていない優しい夫を守るために、敢えて彼にそのことを告げないまま、大きな陰謀を暴こうとして殺された。その意思を継ぐべく、ジャスティンは動き始めるのだった。

テッサが3人のケニア人を助けようとして、「援助をすべき人は大勢いるのだ」とジャスティンにその行為を止められるシーンがある。のちにジャスティンが現地の女の子を助けようとして、現地のケニア人から止められるシーンで、ジャスティンの心が変化したことがわかる。そして、映画を見直すと、ジャスティンには、テッサの大胆な行動に気が付けるチャンスがいくらでもあったことに気が付く。「ナイロビの蜂」は映画の邦題としてよいセンスだと思うのだが、原題のThe Constant Gardenerもまた、赴任地の惨状を見ようとせず、自分の庭の整備だけに夢中になるジャスティンの外交官としての姿勢をうまく説明したタイトルだったのだなぁ。
レイチェル・ワイズはこの映画で助演女優賞をとったらしいが、ジャスティンを演じたレイフ・ファインズの、公務員としての顔から、テッサを失った後の引きしまった表情の変化も素晴らしいと思った。

映画の後半、ジャスティンが色々な人から追われ、警告がてら暴力をふるわれるまでのシーンは映画として秀逸だ。「スパイってこうやって人を追うんだな」ってくらいさりげない。「こうやって人を脅して、その音を消すんだな」なんて感心してしまう。

"Jazz in Marciac 2017"に出演したマヌーシュ・ジャズミュージシャンは誰だ!? 公式動画でチェック。

フランスの有名なジャズフェスである"Jazz in Marciac(JIM)"は今年で40回目の開催となり、心なしかマヌーシュ・ジャズのミュージシャンが多く出演するような気がする…ということを以前こちらのブログにまとめていた。
asquita.hatenablog.jp

あれから2カ月。8月15日に今年のJIMは終了し、公式動画サイトに映像がアップされてきたので、ここに紹介しようと思う。
まずは8月12日のストーケロ・ローゼンバーグStochelo Rosenberg率いる"Trio Rosenberg"ライブのダイジェスト。トリオかと思いきや、いつものメンバーの他に、バイオリンはコステル・ニテスクCostel Nitescu、アコーディオンにリュドヴィック・ベイエLudovic Beier、そしてギターにスティーブ・ラフォンSteeve Laffontも加わって豪華だ。
ゴットファーザー愛のテーマがマヌーシュ・ジャズで洒脱に変身している。

そして、こちらも同日に行われたビレリ・ラグレーンBireli Lagrene のライブダイジェスト。いつものパートナーである、リズムギターのホノ・ウィンテルステインHono Wintersteinとベースのウィリアム・ブルナールWilliam Brunardに加えて、サックスにフランク・ウォルフFranck Wolf、ピアノにジャン-イヴ・ジュングJean-yves Jung、そしてバイオリンにロビー・ラカトシュRoby Lakatosまで加わって、ビレリの名曲"Place du Tertre"を披露している。

ビレリのライブには、他にもロッキー・グリセットRocky Gressetやマルセル・ロフラーMarcel Loefflerも出演していたという。どこかに証拠動画はアップされるとよいのだが。今年はLes Doigts de l'Hommeもこのフェスに登場したというので、その動画も楽しみにしたいところだ。
その他フランスでも人気が高い有名なジャズミュージシャンやグループが多数出演しているので、しばらくJIMの公式動画サイトを楽しみにチェックしていようと思う今日この頃だ。

新宿割烹中嶋でイワシ三昧!


平日のお昼に平日を通ると、ついつい食べたくなるのがここのランチだ。800円あれば、ごはんとお味噌汁、お漬物にイワシ料理一品が楽しめる。さらに、350円で他のメニューを半分つけることができる。
すごく贅沢なランチを堪能できる。


昔行ったときは、店内に料理人さん同士のピリピリした感じがみなぎってこちらも緊張した記憶があるが、今回行ったらとくにそんなことはなかった。最近はすごく混んでいて、あきらめることが多かった。人気にお店に行くのはお盆時期に限りますな。

Jean Luc Ponty、Bireli Lagrene & Kyle Eastwood、豪華なトリオの映像@Festival Festival de Jazz Vitoria-Gasteiz

今年は7月11日~15日に行われたスペインのジャズフェス、ビトリア=ガステイス・ジャズフェスティバルFestival de Jazz Vitoria-Gasteiz。気が付けば第41回目の開催となっていた。

今年は、バイオリンのジャン=リュック・ポンティJean Luc Pontyにビレリ・ラグレーンBireli Lagrene、それにカイル・イーストウッドKyle Eastwoodのトリオが出演したようで、ライブ映像がアップされていた。

ジャン=リュック・ポンティって名前くらいは知っていたが、もう75歳になるんだな。迫力があってカッコイイ。ビレリとカイルはほぼ同世代。カイルはパリで活躍しているようだから、フランスで意気投合したトリオだったりするのだろうか。すごく良い組み合わせだなと思った。

クロアチアのバンド、Gadjo Manoucheが繰り広げる、世界遺産の街でのマヌーシュ・ジャズライブ

"Gadjo Manouche(ガッジョ・マヌーシュ)"は、ジャンゴ・ラインハルトDjango ReinhardtとStephan Grappelliの2008年にクロアチアの首都ザグレブで結成されたマヌーシュ・ジャズバンドだ。はじめは二人のギタリストKrešimir TomicとIvan Grgic、それに1人のベーシストMario Zuvelaで構成されたトリオだったようだが、結成して1年後にギタリストLuka NekicとクラリネットのBerislav Gavranicを迎え、クインテット構成となった。現在、Berislavの代わりにクラリネットはFranjo Stojakovicが担当し、バイオリニストRadovan Bjelajacも加えたセクステット構成を基本として、編成を変えながらクロアチア国内で活躍しているらしい。

街角でのライブを主軸とする彼らが世界遺産年であるドブロブニクの街でライブする動画を見つけた。服装や背景から想像するに、これらはすべて今年の6月11日にTroubadour Jazz Cafeというカフェの前で行われたものだと想像している。この日はギター2本、ベース、バイオリンのカルテット構成だ。

ヨーロッパの小さな街で、マヌーシュ・ジャズのライブに遭遇することはよくある。この風景で、このクオリティのマヌーシュ・ジャズが聴けるといいなぁ、と思った。いつか、クロアチアに旅したら、会えるかな?

祭りだまつりだ~! 第54回桐生八木節祭り2017 

毎年のように桐生八木節まつりに通っている身だ。テレビで紹介されたとかで、近年ますます大規模化しているお祭りに今年も土曜日行ってきた。
f:id:asquita:20170807181206j:plain


例年、桐生ガスプラザ前、本町五丁目にある「粋翔大やぐら」から見学をスタートするのだが、若者が集ってひたすらジャンプ、みたいな盛り上がり方になっていた。ここの櫓ならではの合いの手である、「おっはらしょーすけさん~♪」という合いの手は大好きなんだけれども、もう踊り手さんが見えず、踊りのタイミングがつかめない…やっぱり姿勢を低くしたりジャンプしたりして楽しむとしても、ちゃんと八木節を踊っていたいと思うのは私だけかしら…と思ったら、タクシーの運転手さんも同じような苦言を呈していた。
最後は蒸し風呂状態。櫓によじ登ろうとする人はいるし、てんやわんやでした。ガスプラザの屋上から写真を撮っている方がいらして(報道関係でしょう)、そこに向かって手を伸ばしてみたが、果たしてその写真はどこに掲載されたのか、気になるところだ。


玄人による素晴らしいパフォーマンスがみたい人は、きっと本町四丁目が一番いい気がする。土曜日の夜は群馬テレビによるテレビ中継が出ており、全日本八木節競演大会の決戦が行われている。

あとは、本町ニ丁目の「宏龍大やぐら」もよい。ここは、踊りの輪も大きくて、落ち着いてみられるし、参加もできる(と思って勝手に踊ってしまったが、違ったらごめんなさい)。踊りに疲れたら、駐車場にたくさんの屋台とベンチが用意されているので、ここで休めばいい。芸者さんたちと写真撮影ができるコーナーもある。


本町三丁目と四丁目の間を行き来していた、桐生祇園祭の「鉾の曳き違い」は、八木節とはまた異なるしっとりとしたお囃子を聴くことができて、これまたよかった。

また来たいし、色々な人にも来てもらいたいお祭りのひとつだ。過去の記録はこちら。
asquita.hatenablog.jp

Keissy Costa氏の歌声がステキだった夜@Saci Pererê

1年に数回しか夜の予定があかない友人と出かけることになった。さぁ何をしようか。一番に思い浮かべたライブハウスは夏休みだし…と悩んでいたところ、「四ツ谷のサッシペレレSaci Pererêに行こうよ」ということになった。何年ぶりだろうか。アーティストを気にしていったというよりは、まぁ演奏される音楽はMPBかボサノヴァか…という感じだしフェジョアーダとかブラジル料理はおいしいし楽しめるかな、という感じで訪れた。もう何年も日本のブラジル音楽を聴いていないので、そもそもアーティストの情報もきちんと追えていないから、アーティスト名をみたところが何がわかるでもないのだが。


久々にみたお店は、少しきれいになっている気がした。お店の入り口では、あのサッシペレレ(子供の妖精)が迎えてくれるのは変わらないね。


ほどよいお客さんが入っている状態でライブが始まったのだが…このライブがとってもよかった。うたっている女性の声がすごく良くて、友達と目が釘付けになった。なんだろうか、見目麗しさとウラハラにある、のびやかかつザラザラと低音のきいた歌声になんともいえない魅力を感じた。2ndステージまではメジャーなものを中心に歌っていたが、3rdステージでは、タンバリンやギターを片手に、Elis ReginaとかMaria Bethâniaのアルバムで聴くようなナンバーを次々と投げかけてきた。おおお、なんだこの選曲は! しかも、クイーカだっけ、タイコみたいな楽器の裏に竹の棒がついているやつは。あの音を口で奏でてくるという。

途中で歌姫自ら「何を歌いましょうかねー」と客席に投げかけるシーンがあったのだが、そのときに「もしやVento de Maioとか歌ってくれるかな」と思ったのだが、5月じゃないし一般的でもないしな…ということでリクエストはできなかった。でも、〆が"Corrida De Jangada"だったし、きっとお願いしたら歌ってもらえるかな? 季節外れではないときにリクエストしてみたい…と思ったものの、そう、実際はリクエストするほどの度胸なんて持ち合わせていないのだ。

ライブ中はまったく情報がなかったので帰宅後調べてみた。
ブラジル北東部ベレン生まれ、日系3世のシンガー・ソングライターのKeissy Costaケイシー・コスタは、フィロ・マシャードに師事していたことがあり、かつ父親も有名な音楽家で、色々な人に才能を見出されれて日本でデビュー、2枚もアルバムを出しているのだとか。母国ブラジルや日本ではもちろん、台湾でもイベントに出たりしているみたい。

日本をベースに活動しているのだろうか。次回ふとライブに行きたいと思ったときに、名前を見つけたら選ぶであろうアーティストに出会えて幸せな夜だった。