西川口のチャイナタウンツアーで豚殺鍋を堪能

今年1月のタモリ倶楽部で放送された、西川口。大きな鉄鍋で煮込んだ魚の鍋にあこがれていつか行ってみたいと思っていたのがひょんなことから実現した。なんと、身の回りに西川口のエキスパートがいたのだ。
というわけで、某日さっそくツアーしていただくことにした。まずは駅ビルへ。いきなりディープな中華おかずをおいている売店を発見した。ここで、油条(ヨウティアオ)をゲット。売り切れていることも多いので、はやめに買うのがよいとか。


その後街をブラブラ。まずは、タイ食材のお店Bangkok Store、そして、中華食材のお店、好又鮮(コウユウセン)へ。ここで、案内人オススメの食材をゲットした。一番うれしかったのは、「海底撈」の火鍋スープの素、そして冷凍水餃子。豚餡以外にもエビ、エビセロリ、ニラタマゴなど。珍しいところで香菜(パクチー)餃子もあった。これは、大荷物になってしまうがたくさん買いたい感じだ。


本当は食べ歩きでもしたい鴨料理。テイクアウトができるみたいだが、さすがに鴨ヘッドの脳みそを食べ歩くとかはちょっとハードル高いけれど、いつかは試したい。

中国的なものが他にもたくさんあって、街歩きをしながら目を奪われる場所がたくさんある。


そんななか、今日のメインがこちらの東北料理のお店だ。タモリ倶楽部では「独門鉄鍋炖」というお店が紹介されていたが、案内人オススメの「滕記熟食坊(トウキジュクショクボウ)」というお店。テーブルがすでにキッチンというかかまどという感じになっていて、ここに巨大な鉄鍋をはめて食べる感じ。前菜すべて美味!


メインは「殺猪菜」とかかれた、要は豚を殺したものと菜っ葉の鍋を選んだ。豚は色々な部位+血のソーセージ、そして「菜」は発酵白菜の千切りだ。これに、ジャガイモの春雨が入る。
まずは大量の油を注ぎ、ネギとショウガの香りが油に移ったところで、具材を投入しスープを入れる。蓋をしてしばらく煮込んだらできあがり。この熱を利用して、鍋肌にトウモロコシでできた生地を張り付けてくれると、鍋の完成と同時にパンもできちゃうという算段だ。なんて効率的なの! そして鍋は美味しくて美味しくて感動。いくらでもさっぱりと食べられる。食後は骨の髄までストローで飲む。

まだまだ行ってみたいところはある。またリピートしなきゃ!
新チャイナタウン西川口が熱い!中国度100%の巨大鉄鍋で発酵白菜スープを堪能。 | 東京を、おいしく生きるための最新情報 Hanako.tokyo(ハナコ・ドット・トーキョー)

Anita BakerがBET Awardsで「生涯功労賞(Lifetime Achievement Award)」

BET Awardsとは、米国のテレビ局the Black Entertainment Television networkが2001年に創設した賞であり、毎年エンタメ業界で活躍するアフリカ系アメリカ人やその他マイノリティに授与される。
今年は、今年になって引退を表明しながら、ファイナルツアーを敢行し、精力的に活動を始めたアニタ・ベイカーAnita Bakerが受賞したようだ。
asquita.hatenablog.jp

受賞の喜びを語る、アニタ

若手ミュージシャンたちが彼女に敬意を表して楽曲カバーを歌う…というのは、こういう授賞式によくあることだ。Jamie FoxxにYolanda Adams

ジェイミーには、ハイライトだけではなく全曲歌ってほしかったなぁ…。Same Ole Loveのアレンジ、かっこいいのにサビだけで残念。

"Caught Up In The Rapture" もいい曲だ。大好き!

アニタ・ベイカーご本人の歌唱力が高すぎて、アニタのカバーをする人は実力が及ばないとすぐにリスナーやビューワーから批判が出てしまう。彼女がSoul Train Music AwardsでLegend Awardを受賞した時のトリビュートライブも、彼女のカバーを歌った若手には酷評を浴びた歌手もいた。でも、自分の名曲をカバーする若手を満足そうに眺めて踊っている彼女をみると、そんな批判はまったく気にならない。現役の歌手たちは、アニタが存命のうちにぜひ多くのカバー曲を歌いつないでいってほしいのだ。

ベルギーの"Tounrnai Jazz Festival 2018"に出演したDorado & Amati Schmitt

フランスにほど近いベルギーのワロン地方西部にある町、トゥルネーTournaiで開催されているジャズフェス"Tounrnai Jazz Festival"というのがあるそうだ。今年初開催だろうか。ポスターをみると、ステーシー・ケントStacey Kentやエリック・レニーニEric Legnini、オルガンのローダ・スコットRhoda Scottも出演した模様だ。
f:id:asquita:20180807161945j:plain

当時はまだDidier Lockwoodも生きていたということで出演者に名前を連ねているのだが、なぜかその動画は見つからない。代わりに発見したのが、ポスターに名前がないドラド&アマティ・シュミットDorado & Amati Schmittのデュオ映像だ。

「その他大勢」の出演者にまとめられるようなレベルのミュージシャンじゃないのに、なんでだろう。それとも、ポスター作成やプロモーションを行った後に、出演が決まったのだろうか。マヌーシュ・ジャズファンだったら、予期せぬ大物の登場にラッキー!と思うこと間違いないな。

"Newton"。とにかく真面目な、とある選挙管理委員の物語。


Amit Masurkar監督、2017年、インド

主役は、ラジクマール・ラオRajkummar Raoが演じる真面目な男、ニュートンNewtonだ。静かに正義感に燃えるニュートンは、選挙管理員に志願した。(正確には補欠だが。)そして、誰もが派遣を嫌がるような危険地域の投票所に派遣されるのだった。ここは、「ナクサライトNaxalite」と呼ばれる毛沢東主義派マオイスト)の武装集団が牛耳っており、最近も銃撃戦で人が殺されたばかり。
とにかく公正な選挙を行いたいニュートンはそんなことも意に介さない。インド軍を護衛につけ、面倒に巻き込まれたくないと願う地元の人を巻き込み、時に逆らい、無事に投票所を開設、選挙を遂行するのだった…。

ニュートンがある意味頑固すぎて、そこがコメディといえばコメディなのかもしれない。でも、どんなに茶番っぽくても、民主主義のために守らなければならない選挙がある。なのに、選挙をすることについてのハードルが高すぎる。そもそも、ヒンディ語すら通じず、村の住民たちは選挙のやり方だってわからないのに、地元ゲリラは選挙のボイコットを呼びかけている始末。それを思うと、登場人物のささいなやり取りもちっともコメディとは思えなかった。かといって、暗くもないというか、超シリアスというわけでもないのは、投票所の中の空気感のせいか。ニュートンの真面目さが滑稽にもうつる。なんだか不思議な映画だった。アカデミー賞外国語映画賞のインドからの候補作にもなった作品だという。普段世界の大部分の人々がイメージしているインド映画の印象を完全に覆す作品だ。

この映画で、私ははじめて「ナクサライト」のことを知った。そもそも、いまだに毛沢東はとうにこの世にいないのに、マオイストが活発なエリアがインドにあるということが驚きだ。そして、ナクサライトによるテロは2018年も何件か起こっているということも衝撃であった。それもこれも、インド東部が伝統的に開発が遅れた貧困地域であったことが関係しているらしい。カースト問題だけではない、インドの闇の部分をこの映画によって知ることができた。

Nice Jazz Festival 70年の節目に、Trio Rosenberg登場!

フランス、ニースのマセナ広場にあるヴェルドゥール劇場で毎年7月に開催されるジャズ・フェスティバル、Nice Jazz Festival。今年は初開催から70年を迎えたとのことでかなり盛り上がったのではないだろうか。ポスターも素敵だ。
f:id:asquita:20180731155502j:plain

フェスの前にも、NJF Sessionsというイベントにマヌーシュ・ジャズのミュージシャンが呼ばれたりしたので、今年はマヌーシュ・ジャズ枠でだれか出演するのかもしれない…という期待はあった。このフェス、毎年マヌーシュ・ジャズ系のミュージシャンが出演するわけではないのだ。
asquita.hatenablog.jp

そして、今わかった。70年の記念すべき年に出演したマヌーシュ・ジャズのアーティストは、2012年にも出演したことがあるTrio Rosenbergだったようだ。今回は、Mathias LevyとEvan Christpherも共演したらしい。あいにく共演者たちとのコラボレーションの様子はわからなかったのだが、出演の模様が一部アップされていた。

なお、ニース市のチャンネルに、他のアーティストの演奏ダイジェストも上がっているので、ぜひどうぞ。Eric Legnini, Tom Ibarra等、昼間のライブ映像だと、周辺の雰囲気がわかる。いいなぁ、行ってみたいフェスのうちのひとつだ。

豪華出演者を迎えたフランスの新しいマヌーシュ・ジャズフェスティバル "Jazz Manouche à Forbach"

f:id:asquita:20180730173208j:plain
2018年。フランスにまた新しいマヌーシュ・ジャズフェスティバルが誕生した。 "Jazz Manouche à Forbach"。このフェスが開催されたフォルバックForbachは、ドイツ国境モゼル県の一都市だ。どうやら歌手パトリシア・カースPatricia Kaasの出身地らしいが、それ以外ではあまり名前を聞かないこの街で、マヌーシュ・ジャズフェスが開催されることも驚きだが、それ以外に出演者が豪華なのにも驚いた。
ビレリ・ラグレーンBireli Lagrène、マルセル・ロフラーMarcel Loeffler、アマティ・シュミットAmati Schmitt、ブラディ・ウィンテルステイン Brady Winterstein、アドリアン・モワニャールAdrien Moignardそれにアンジェロ・ドゥバールAngelo Debarreも。マヌーシュ・ジャズ界のスターが終結した感じがある。

何でも18世紀頃からこの街に暮らしているツィガーヌ一家とともに、地元のジャズ愛好家、ダニエル・フィオリティDaniel Fioriti が立ち上げたフェスとのこと。2日間で豪華アーティストをたっぷり鑑賞できて60ユーロとは、とても贅沢な企画だと思う。フランスには多くのジャズフェスがあり、その中にはマヌーシュ・ジャズに特化したものもいくつかあるが、たとえば"le festival swing en Sologne"や"le Gypsy Swing Festival d’Angers"は、オフィシャルサイトが消えていたりして、継続するのは楽ではないことがわかる。
そのなかで、今、ツィガーヌがフランスで生み出した真のフランスジャズ(Jazz a la francaise) を広めたい、という主催者の情熱はすばらしいと思った。第二回以降、もっと知名度が高まるといいな。




www.republicain-lorrain.fr

culturebox.francetvinfo.fr

JazzFestivalForbach – Une ville pleine de musique

Alone in India (Delhi & Agra) 6 days - 高級ホテル"The Imperial New Delhi"最高!

友人の計らいで、ニューデリーの有名で歴史ある高級ホテル、"ジ・インペリアル"へ宿泊した。コロニアル風でとても素敵。何がよかったのか、ここに列挙したいと思う。

1)朝食バイキングが豪華
オムレツやスクランブルエッグなどの卵料理にとどまらず、お願いすればなんでも持ってきてくれそうな勢いで、給仕してもらえる。周りの人々は、カレーディッシュをお願いしている人がけっこういたな。
私は、ある朝エッグベネディクトを頼んだ。友人はホットケーキはワッフルをお願いしていた
もっとも、わざわざ注文しなくても、たいていのものは自由にとって食べることができる。パン類も豊富だ。和食はほぼないけれど。とくに感動したのは、日々内容物が変わるデトックスウォーター、かわいいシナモンロール、そして、さすがインド!といえるスパイスの数々。

2)ホテル内の調度品が豪華
廊下の辻々には、彫刻が飾られている。まずで美術館みたいだ。
どうやらホテル内ツアー等もしているみたいなので、問い合わせるとよさそうだ。私はやらなかったけれども。

3)プールが優雅。ヨガの無料クラスも。
ホテルのプールは人気が少なかったのは、天気のせいかな。プールサイドで読書するにもちょうどよい、素敵なホテルだった。なお、このホテルではヨガ、そしてアクアヨガロビクスの口座を無料でやってくれる。これまた、なかなかハードなタイプの運動をきっちり教えてくれます。時刻表をよく確認の上参加するとよい。

4)レストランThe Spice Routeが素敵すぎる
せっかく宿泊しているのだから…と行ってみたホテルのシグネチャダイニングのこちら、素晴らしかった。東南アジア料理が中心だったので、タイ料理を中心にオーダーしてみたのだけれども、突き出しに出てきたチャパティとエビせんべいの盛り合わせがすでにテンションが高くなるおいしさ。ドレスコードあり、なだけあって、東京で食べるくらいのいいお値段ではあるけれども、その価値は確実にある。

5)従業員が皆さん親切
当たり前かもしれないが、従業員の方々の物腰が柔らかくとても親切だ。高級ホテルってこういうことよね。

おかげ様で、気持ちよく滞在することができた。いつかまた、宿泊したいな…。