ウィンターズ・ボーン


2010年、アメリカ、デブラ・グラニック監督、Winter's Bone

主人公のリー・ドリーは、病気の母親、弟ソニー、それに妹のアシュリーと山奥で暮らしている。父親のジェサップは行方がわからず、母親も頼りにならないため、リーは17歳にして家族を支えている。
ある日、家に保安官がやってきた。いわく、父親が仮保釈の間に逃げてしまい、裁判に出てこなければ保釈金の担保に入った家を明け渡さなければいけないと。ただでさえお金がなく、車もなく、近くの森でリスをとったり、お隣からおすそ分けをもらったりしている暮らしのなかで、家がなくなったら一家は確実に路頭に迷ってしまう。リーは、危険を冒しながらも父親捜しを始めるのだった。

なんとなく、アパラチアに住むスコッチ・アイリッシュ(いや、アメリカン)の暮らしぶりというか、「貧しい白人」のことは知っていた。トランプ旋風を巻き起こしたのも、アメリカで夢をつかめなかった彼らの後押しだったときいたし。この映画は、ミズーリ州のオザーク高原というところで現地の住民を巻き込んで撮影をしたとのことだが、主役のジェニファー・ローレンスがまるで現地育ちの子のようにたくましく生きていた。彼女が弱み(というか涙)をみせたのは、父の弟で叔父のティアドロップから「家と森を持っていかれる前に森を売れ」とのアドバイスを受け、悩むシーンだ。もはや、病気で判断力もなければ話もしない母親に相談しても返事がなく、ここで彼女がどんなに強くても、17歳の少女である、ということに気が付く。

それ以外の場面でのリーは、すべてにおいてたくましい。お金が必要になるため、入隊するとお金がもらえるという理由アーミーへ志願しようとしたり、小さい弟と妹に料理やリスのさばき方、銃の扱いを教えたり、恐ろし気な人たちに会うためにあちこちに乗り込んでいって威勢のいい言葉をはいたり、父の死を欺こうとする人にツバを吐いたりするのだから。はじめのほうで、リーがサンプ・ミルトンという、たぶん父親がやっているヤバい商売の元締めのような人のところに行って情報を得ようとするのだが、その妻の目といい態度といいしゃべり方といい、独特でこわい。いや、彼女に限らず、ある程度年のいった女たちはみんな、非常な迫力をもって家族を守ろうとしていて、びっくりする。ここで暮らす掟は、法的な権力なんかよりもずっと厳しい。そして、リーはこの地にいてもどうしようもないのに逃げ場もない。

こんな暮らしの中でもまともな人間としての理性を保ち、クスリもタバコも酒もやらず、家族を守ることだけを考えるリーが痛々しい。そして、リーが危機的状況にいるときに乗り込んでくるティアドロップに救いを感じる。
「冬の骨」…後半でやっとタイトルの意味がわかった。

映画ではいわゆるカントリーと呼ばれる音楽がたくさん出てくるが、映画の内容が濃すぎて音楽にまでは脳みそが回らなかった。当分はいろいろな人のこの映画のレビューや、ヒルビリーの文化が書かれた本などを読みたいと思う。
c-cross.cside2.com

【追記】
調べてみたら、Marideth Sisco & Blackberry Winterという人たちが映画のサントラに参加していた。 "Come All You Fair And Tender Ladies"というアパラチアに伝わる定番の曲だとか。

マリデス・シスコMarideth Siscoはオザーク高原西側をベースに活動する元ジャーナリストで、音楽はあくまでも彼女の引退後の収入源だったとか。ある映画人たちが取材でたまたま彼女の演奏をきいたことで、この映画にかかわることになり、"The Missouri Waltz" をはじめ、いくつかの曲をレコーディングしたという。そのエピソードの詳細はこちらの記事にあります。
www.nashvillescene.com

リーが父親の消息をたどって、父親がお付き合いしていたと思われる女性に会いに行くと、ちょうどそこでは彼女の母親の誕生日会が行われており、マルデスが"High on a Mountain"を歌っているのだった。この類の音楽が好きではないが、優しい声が印象的だと思った。

祝・40周年。"Jazz in Marciac(JIM)"の公式動画(マヌーシュ・ジャズ編)

フランス南西部、ミディ・ピレネ地域圏で行われる、超有名なジャズイベント、それが「ジャズ・イン・マルシアック(Jazz in Marciac:JIM)」だ。ジャズが好きなら誰でも知っている、超有名なフェスで、毎年20万人規模の観客が来るとか。
その公式動画チャンネルをみると、いろいろなお宝動画ダイジェストがたくさんあった。こちらでまとめてみようと思う。
★Biréli Lagrène (2010/8/9)

★Trio Rosenberg & Evan Christopher(2010/8/9)

★Steeve Laffont & Costel Nitescu(2010/8/9)

★Biréli Lagrène(2012/8/3)

★Trio Rosenberg(2013/8/10)

Costel Nitescuがバイオリンで加わって、ゴッドファーザーのテーマを演奏している。


2010年はとくにマヌーシュ・ジャズミュージシャンが多く出演していたんだと改めて知る。そういえば、ビレリもスティーブ・ラフォンも"Live in Marciac"というアルバムを出していた気がする。もしかして、このフェスのライブを録音してリリースしたのだろうか。
最近は正統派のマヌーシュ・ジャズミュージシャンの出演が少ないと思っていたのだが、40周年を迎える今年は、とくに出演者が豪華なようにみえる。8月12日に Rosenberg TrioとBiréli Lagrène、8月13日にはBiel Ballester Trioというギター2本とベースで構成されたマヌーシュ・ジャズトリオとLDDLH(Les Doigts des l'homme)が出演するとのこと。12-13の両日は、いわば「マヌーシュ・ジャズの週末」。まさかのお盆時期にマヌーシュ・ジャズに焦点をあてたライブが集中して行われるなんて、なんて素敵なんだろう。8月12日の二人は、JIMの常連といえるだろうが、LDDLH、そしてBiel Ballester Trioともに、今年が初出場。とくに大好きなLLDLHには、ぜひオーディエンスを盛り上げて、常連になってほしいな。
2017年の出演者ダイジェストはこちら。

f:id:asquita:20170620000924j:plain

別のジャンルの出演者動画も別途まとめてみようと思う。

ナッシュビルの歌姫がGretchen Parlato の"Circling " をカバー。

素晴らしい曲っていつか必ず誰かがカバーすると思う。グレッチェン・パーラトGretchen Parlatoがファーストアルバムを出してからすでに12年以上が経過するなか、そろそろだれかオリジナル曲をカバーするかなぁ…と思って検索したら、すごく良い映像を見つけた。うたっているのは、ラトリ・ミュルザックLatori Mulzacと読むのだろうか。ナッシュビル生まれのシンガーらしい。

ちょっと、メロディラインで「オリジナルと取り方が違う!」というところはあるけれども、すごくピュアで透明感のある声で、また新たに曲の魅力を伝えてくれている気がする。

この映像をポストしているAlma Pura Productionsという団体は、テネシー州にいるプロデューサーや音響エンジニア、映像作家やミュージシャンの団体だとか。ナッシュビルの人ばかり扱っているのかと思えばそうでもなくて、やたらロバート・グラスパーRobert Glasperのカバー曲が多く取り上げられているところが気になる。

たとえば、このティナ・ジェンキンスクローリーTina Jenkins Crawleyという歌手、とってもいい声でかっこいいな、と思ったり。

トレーシー・チャップマンTracy Championという歌手のRobert Glasperカバーもすごくいい。

Tina Turnerの"What's love"も現代風にカッコよくアレンジされたうえで、シャナ・タッカーShana Tuckerという歌手にカバーされている。

歌手や参加ミュージシャンには知っている人はいないのだが、どれもこれもアレンジがかっこよくて、当分楽しめそうなチャンネルだ。

ランチタイムに楽しむジャズ! DELI EXPRESS@TSF JAZZ

毎日フランス時間の12時~13時の間、TSF JAZZでは"DELI EXPRESS"という番組が放送されている。これから有名ジャズクラブに行くというミュージシャンを捕まえて、スタジオでインタビューやライブセッションをやるというこの番組、YouTubeチャンネルにも番組内で行われたライブの様子をポストしている。

こちらは、ガーシュインの作ったスタンダード、"The Man I Love"を演奏するアドリアン・モワニャールAdrien Moignardとマチュー・シャトレンMathieu Châtelainだ。今月もDuc des Lombardsに出演していたようだから、その前に撮影したのだろうか。

6/12のAdrien Moignard trioライブの様子は、TSF Jazzliveで楽しむことができる。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/tsfjazz-jazzlive/id1072387263?mt=2#episodeGuid=http://www.tsfjazz.com/podcasts/Jazzlive_2017-06-12.mp3

ちなみに、この"The Man I Love"をこの番組で演奏している人は、他にもいる。
たとえば、ジョバンニ・ミラバッシGiovanni Mirabassiはピアノソロで。

ピアニストのPaul Layは、ベースとボーカルを従えて、同じ曲を演奏している。

フランスに限らずいろいろな国で活躍する有名ミュージシャンがたくさん登場するので観ていてまったく飽きない。素晴らしい臨場感とミュージシャンの実力を堪能できる。

アルザスのギタリスト、サンドロ・ロリエSandro Lorierが2本指奏法でジャンゴ・ラインハルトに捧げる"J'attendrai"

マヌーシュ系音楽一家で生まれ育った若手ギタリスト、サンドロ・ロリエSandro Lorier。現在もアルザス地方を中心に活躍中のようだ。
最近のライブ動画を見つけた。ジャンゴの"J'attendrai"を演奏している。

ライブの場所は、ストラスブールの"le Bateau du Rhin"というライブレストランのようだ。地図でみるとライン河やヨーロッパ橋にほど近い場所、ライブもマヌーシュ・ジャズやフラメンコなどを多くやっているようだ。次回ストラスブールに行くチャンスがあったらぜひ訪れてみたい。
Bateau du Rhin • Restaurant

そして、こちらの"J'attendrai"は、最近封切られた映画、"Django"を意識して、ホットクラブ五重奏団形式の演奏らしい。リズムギターのPaquito Lorierは父親だが、Eiden Lorierも兄弟なのだろうか。2本指での演奏がはっきりと見て取れる。映像も30年代の雰囲気を醸していて、素敵だ。

それはそうと、久々にサンドロの名前をみたので、最近の活動を調べてみると、2015年9月に"Gypsy Favela"というアルバムを出していた。
f:id:asquita:20170613133145j:plain

アルバムのプロモーションのために、2016年に地元のテレビ番組に出演している映像も発見した。

番組のインタビューでは、自分のことを「ジプシースタイルをベースにしたモダンジャズギタリスト」と紹介している。13歳でギターをはじめたきっかけが、父親に連れていってもらったジョージ・ベンソンのコンサートだというから、実際モダン・ジャズ寄りなのだろうが。こちらのアルバムは、タイトルはブラジルのファヴェーラがついているし、演奏ではフラメンコのギター奏法であるピカード奏法を多用しているらしい。まだ20代の若手ギタリストだからこそ、これからもいろいろな文化を取り入れながら、どんどん進化していってほしい。

台湾メンマを味付けしてみる>おいしい!

台湾のメンマがとってもおいしいというので、おすそ分けをしていただいた。なかなか大きいぞ。こんな感じ。

とりあえず、塩抜きをしてみる。こちらのやり方を参考にしてみることにした。
www.marumatsu-mb.co.jp

水の量ははかっていないが、とりあえず沸騰させてはメンマを入れて放置…というのを2回繰り返してみる。たぶんこれで塩気は抜けたんじゃないかな。


塩抜きをした時点でかなり分量が増えていたのと、改めてメンマの塊が大きいことに気が付いたので、とりあえず切り刻んでみた。

いよいよ味付け。ゴマ油を入れてメンマたちを炒めてみる。次に、なんとなく砂糖、しょうゆ、みりんを大1、お酒と鶏ガラスープの素とテキトウに入れて、オイスターソースを加え、唐辛子の輪切りをぱらっとふりかけ、水分がなくなるまで炒めてみた。

ちょっと唐辛子を入れすぎたかな。でも柔らかくっておいしかった! いやぁ、本場のメンマはこんなにも味が違うのか。私はこんなお酒のつまみばかり自宅で作っていいてこれでいいのか。まあいいか。

予約困難なお店、肉山の一階!@吉祥寺

f:id:asquita:20170608225502j:image

 f:id:asquita:20170608225547j:image

グルメな方々の計らいで、オープンしたばかりのこちらおお店に来た。肉山…の一階!

 

f:id:asquita:20170608225530j:image

すごく大雑把なメニューと飲み放題がついてきて、6,500ren也。

 

 

f:id:asquita:20170608225601j:image

肉コンセプトを体現すべく、店員さんのポロシャツにも29、そして、赤ワインにも29ラベルだ。

 

f:id:asquita:20170608225618j:image

 

f:id:asquita:20170608225726j:image

キムチ、ナムル、生ハム、ソースカツなど、鍋の前に色んな前菜が出てくる。

 

f:id:asquita:20170608225744j:image

そして、ちりとり鍋…と呼びたい、野菜たっぷりの鍋は、辛味が程よく美味しい。お肉がたくさんなので、野菜もっと頼みたかったくらいだ。締めは麺とごはん、両方を堪能できた。ここは6人くらいで来店するのがちょうど良さそうだね。

 

ここは日本酒好きにはパラダイス、かつ、お得だと思う。なぜなら良いお酒がセルフでつぎ放題だから。飛露喜があるのには驚いたし、感動した。そして、もっと驚いたのが、これだ。

 

f:id:asquita:20170608225806j:image

なんでワインにフランク三浦…と思ったが、肉山コラボの時計があるから、みたいだ。フランク三浦一族と関係が深いのねー肉山さんは。

 

いきなり一階来たから、次は本丸を攻めたいところだ。