性差(ジェンダー)の世界史@国立歴史民俗博物館

f:id:asquita:20201128131406j:plain
都内からだとだいぶ遠いこの博物館にお邪魔してきた。目的はこちらの企画展。
今は何かと性別を区別する時代だが、この企画展示によると、ジェンダー区分は8世紀くらいの、律令国家の形成によって生まれた、ということらしい。実際に展示をみていると、古代社会では例えば名前の表記とか並びとかに、とくに男性を優位とするようなものはない。中世になると、女性官僚は女房として御簾にかくれているが、相変わらず女性も家長となっていたりする。この展示では、仏教の概念の浸透が女性差別観の強まりに影響している、というもの。具体的には「五障」(女性の資質や能力上、女性には達成できないと主張される五つの事柄)、「三従」(人は幼少の時には父母の命令に従い、妻となっては夫の命令に従い、老いて夫と死別して後は子供の言葉に従わねばならない、という考え方)など。(三つあったけれども、ひとつ忘れてしまった)
中世の時代は「職人歌合」など、男女問わず「職人」が描かれていたのに、近世となると、職人=男性というイメージがしっかりついてくる。女性の職人というのは特別なこと、というようなイメージが強くなったりする。そういえば、大奥なんていうのもあったなぁ。女性の数少ない職業であった髪結などは、弾圧されていた証拠なども資料として展示してあった。その弾圧をリードしていたのが男性の髪結だったりするのが面白い。田植え女性の「早乙女」というのも、本来は男性もやっていた田植え仕事を女性のものと位置付けた、いわばつくられた歴史というわけだ。

この展示では、政治の場で女性排除を決定づけたのが「明治憲法体制」だった、と説明している。家制度に縛られ、夫や家の付属品として財産の権利もなく、参政権も与えられず、これが敗戦まで続いたというわけだ。GHQの主張がなければ、女性はまだまだ虐げられていたかもしれない。

売春への切り込みも面白かった。幕府が売春を黙認していた事実や、遊女によるストライキ(雇い主の家に火をつけて、待遇の悪さを抗議)が書かれた「梅本記」なんて、すごいなぁ。遊女たちを動かすぐらいひどい雇い主だったに違いない。鉱山で働く女性の姿を示した絵図も、たくましいものがあった。鉱山で夫と一緒に働いていても、食卓のことや家の仕事もやらなければならなかったのが女性。ところが、二人人組みで働く必要がなくなったとたん、女性の身体を保護するというような名目で、女性が坑内で働くことが禁止されたのだ。

もはや現代の女性の立ち位置に慣れてしまって疑問にも思っていなかった点がたくさんあったが、歴史的にみると必ずしも性差ははじめから存在したわけではない、ということを改めて理解した良い展示であった。
f:id:asquita:20201128131439j:plain

道玄坂あたりでラーメンが食べたい時に。うさぎ@神泉で坦々麺

一人で歩いているとどうしてもラーメンが食べたくなる。某日、道玄坂近辺を歩いていて、急にラーメンが食べたくなってしまった。そう思った時に「鶏そばラーメンTonari」の前を通りがかったものの、誰もいなさすぎてちょっと入るのに躊躇。ここはオイスターバーの運営なのか、牡蠣のラーメンが有名でもあるみたい。今度夜に訪問してみよう。「麺の坊 砦」というとんこつラーメンも興味があったが、なんとなく辛いものが食べたくなり、閉店間際のこのお店に飛び込んだ。
tabelog.com

かなり混雑している上に、次々とお客さんが入ってくる。よほどの人気店なんだな。坦々麺を2辛でオーダーしてみた。


f:id:asquita:20201127152035j:plain
赤い! 辛い! 美味しい! ただ、スープを楽しむなら1ランク辛さを下げてもよかったな。あと、水菜の変わりに+150円でパクチー持ってもらうんだった。あとで調べてみるとこのお店、醤油ラーメンも美味しいらしい。あと、個人的には坦々パクチーカレーやトリュフ混ぜ麺などもあって、こちらも気になった。このエリアにはまたくることもあるだろうから、心に留めておこう。

アイヌモシㇼ@ユーロスペース渋谷


2020 年、日本、福永壮志監督、Ainu Mosir

最近、観た映画はすべてFilmarks(フィルマークス)というアプリに入れているのでブログには書かなくなったが、これはすごく良すぎたのでメモしておこう。

f:id:asquita:20201126164503j:plain
舞台は北海道の阿寒湖畔にあるアイヌの集落(アイヌコタン)だ。ちょっとデビュー時の柳楽優弥を彷彿とさせる主人公の少年、カントは、アイヌ文化を積極的に推進してきた父をなくし、アイヌの土産物屋を切り盛りし、アイヌ芸能を披露する母親と二人くらい。たぶんアイヌの文化が身近すぎるからこそちょっと疎ましく思っている感じだ。が、父親と親友だったデボに刺激を受けたりして、徐々に自分のアイデンティティに対峙していく。
ある日、小熊の飼育を通じて、カントの心を揺るがす出来事が起こるのだった。

カントと母親役のエミが本当の親子だと知って、納得。イオマンテを実施するかどうかをコタンの住民たちが真剣に議論するシーンは、もはや本物の議論だときいた。この映画の素晴らしさの鍵は、出演者の大部分が阿寒アイヌである、というところなのだろう。また、今や世の中の事情で実現が難しそうな実際の伝統行事を、過去のVHS記録映像と重ね合わせてみせるあたり、さすがだと思った。カントたちがやっている伝統とは切り離してやっているバンドの方向性についての議論はとってもリアルだし、また、(こう言っては申し訳ないが)観光でみせるアイヌの安っぽさや、観光客の理解のなさ(店番をするエミに大して「日本語上手ですね」と問いかける無知さなど。実際あるんだろうな)があるからこそ、ますます真剣にアイヌの本当の文化を継承するにはどうすればいいのか、考えてしまうんだろうな。彼らは白老の「ウポポイ」をどう感じているのだろうか。

思春期らしくクールに振舞うカントが、ある神秘に触れた時に、なんだか涙が出てきてしまった。
cinemagical.themedia.jp

デボ(秋辺デボ)とエミ(下倉絵美/床絵美)は、「kapiwとapappo〜アイヌの姉妹の物語〜」というドキュメンタリーにも出演している。こちらも観てみたい。

南青山エッセンスで薬膳中華とワイン!

今のご時世、人ごみでご飯を食べるよりは、少しゆったり食事をしたい・・・というわけで、有名な薬膳中華屋さんにやってきた。接待仕様のお店なのだろうが、そこそこお客様、入っています。テラス席があるので、気候がよい時はそこを使ってもいいかも。
essence.tokyo

前菜と点心いくつか、それにメイン料理をオーダーしてみた。上品なお味で最高。ワインも美味しい。
f:id:asquita:20201126115120j:plain

f:id:asquita:20201126115116j:plain

f:id:asquita:20201126115113j:plain

でも、予想外に美味しかったのが、食後に頼んだ「キノコと春雨の豆乳担々リゾット」。このそばめし的なリゾットの美味しさには感動した。きっと坦々麺も間違いなく美味しいんだろうが、これはいいね。
f:id:asquita:20201126115136j:plain

さんざん楽しんでから、せっかく薬膳中華に来たのに、薬膳メニューを頼んでいなかったことに気が付く。まぁワインを楽しんだからスープ気分にならなかったというのもあるが、次回こそは薬膳スープを頼みたい。

ネパール民族料理 アーガン (AANGAN) @新大久保で、スパイス不足を解消!

最近はなんのブームか、新大久保が空前の混雑っぷりだ。その人混みを抜けて、このネパール料理屋さんにやってきた。
f:id:asquita:20201125223339j:plain

f:id:asquita:20201125223349j:plain

ここに来たのは二度目だ。まずはパニプリからスタート。あれ、これはインドの料理? でも見栄えもいいし美味しいからまあいいか。

f:id:asquita:20201125223359j:plain
ネパールビールで景気付け。エヴェレストというの以外にリアルゴールドという銘柄があるようだが、まるで栄養ドリンクの名前なのはご愛敬。

f:id:asquita:20201125223408j:plain
いわゆる餃子のネパール版である「モモ」は蒸し、茹で、揚げが自由に選べるよう、敢えての盛り合わせにした。ものすごくボリュームがあるので、これだけで満足感を得られる。


その他も色々なものを食べたのだが、見かけの地味さと異なり美味しくて感動したのが、大豆と野菜のあえもの。これ、なんという名前なんだろう。食感の違いが面白くて、みんなで感動したのだった。
f:id:asquita:20201125223424j:plain

本当はダルバートと呼ばれる豆カレーの定食を食べるべきだったのだろうが、いろいろとつまんでいたらすっかり食べそびれてしまった。スパイスが恋しくなったらまた来ようと思う。

NiziUのデビューシングルMVが出た!「Sweet Bomb!」もいい感じ

たまたま寝る前にネットをみていたら、「Step and a step」のMVが公開されていた。

ダンスのところは8人だけれども、合間のカットに今お休み中のみいひちゃんが出ている。最後のシーンでメンバーがみいひちゃんを招き入れる場面、日本の「おいでおいで」のジェスチャーは海外では「あっちいけ」という意味になるので、一瞬「どうしたんだろう」と思ってしまったけれども、この歌がなんとなく、彼女への応援歌のように聞こえなくもないな。

それにしても、オーディションから観ていたせいか、メンバーの成長っぷりが著しく、ついつい見守りたくなる。

こちらは、数日前に出た渋谷109のクリスマスキャンペーン動画だ。すごく中毒性のある曲な上に、メンバーのいい表情を捉えているMVで、みんな魅力的にみえる。

さすがに私は期間限定ショップでグッズを買おうとまでは思わないが、たまたま通りかかった渋谷109周辺はまさにNiziUづくしであった。
f:id:asquita:20201125020859j:plain

f:id:asquita:20201125020906j:plain

109は私が中高生の時代から、話題の中心であった。今でもモッパンのような韓国文化もうまく取り入れていて、相変わらず女子中高生のトレンドを牽引する力があるファッションビルなんだな。唯一残念なのが、PVの公開方法。たぶん、109のウェブサイトから動画に誘導したかったのだろう、「限定公開」で動画を公開してしまったせいで、11月20日に公開された「Sweet Bomb!!」の視聴回数は77,828 回。今まともに検索しても、オリジナル動画をベースに作られた動画しかヒットしないので、109のチャンネルの視聴回数の伸びにはそこまで貢献しないだろう。一方、JYP公式から発表された新曲は、公開から一時間少しなのに、視聴回数はすでに488,481 回! うーん残念すぎる。

紅白にも出演するようだし、いくつか収録曲が見えてきたデビューアルバムもなかなかキャッチーな気がする。少なくとも一発屋にはならないだろうな。デビュー前からの露出が多すぎてちょっと心配になるくらい。くれぐれも早々に飽きられませんように!
f:id:asquita:20201125020928j:plain

沖縄 4 days (2020) - ヒーマーチ、カジマヤー・・・気になるから調べとく

街を歩いていると、こんな張り紙が気になった。

f:id:asquita:20201120002319j:plain
恒例って書いてあるからまあ普通に行われていることなんだろうし、何かお祈りごとなんだろうと思ったら、こういうことだったのか!
local.ryukyushimpo.jp

この祈願が行われている前島地区というのは、昔、塩田だったらしい。だから主催者が「前島塩神保存会」になっているのか。そしてこの塩神様にお祈りするのがならわしらしい。ヒーマーチは、以下のブログによると防火の拝み、ということらしいです。興味あるなぁ。
okinawaspirits.com

f:id:asquita:20201120002339j:plain
そしてもひとつ気になったのが、「カジマヤー」という言葉。なんでも、旧暦の9月7日に数え年で97歳を迎える方の長寿を祝うためのお祭りがあるらしいのだ。市場に衣装を売っているエリアがあったのだが、この祭りに出るための衣装ということか。

なるほど、だいぶ華やかなお祝いなんだ。そして「トーカチ」というのがいわゆる米寿だということを知ったのであった。いろんな発見があって、これだから街歩きって楽しいね。