Myanmar 8 days - マンダレー及び周辺都市1日観光。

マンダレーは、1857年から1885年まで、ミャンマー最後の王都として栄えた町。そのせいか、仏教建築だらけである。マンダレー市内は、旧王宮が目玉だが、それだけで1日過ごすのはもったいない。
かといって、ツアー会社の提供してくる近隣の町3都市とか4都市だけをまわるのもちょっともったいない。もう少し長期滞在ができればよかったのだけれども。

そこで今回は、アマラプラ、インワ、ザガインのハイライトと、マンダレーのハイライト(旧王宮とマンダレーヒル)を組み合わせたツアーをお願いした。

●マハムニ・パヤー(マンダレー
まずは、マンダレー市内の「マハムニ・パヤー」というところに行った。マンダレー最大の仏塔だとか。ご本尊には金箔を貼るのだが、こちらのご本尊は女人禁制。女性が近寄れず正面から祈るのみとなっており、男性陣が金箔を貼る様子は、リアルタイム動画で確認できる。

なお、女人禁制は予想が付くにしても、動画配信という手法にびっくりした。でも、比較的色々なお寺が仏像の様子を動画配信しているので、すっかり慣れてしまった…。

●バガヤー僧院(インワ)
木々が茂った森の中にある、かなり静かな僧院だった。人気もあまりなかったかな…。


●パトドーヂー・パヤー(Pahtodawgyi Paya/アマラプラ)
1820年に建立。ここには、ミャンマーで二番目に大きくて重い鐘があるというが、これ? 本当かしら。

仏塔の医師に逸話が刻まれているときいたのだが、なんと工事中! びっちりと美しい形で竹の足場が組まれており、それはそれで感動した。竹の足場は香港にもあるが、あれとはまた異なる感動がある。


●マハーガンダーヨン僧院(アマラプラ)


ガイドブックによれば、1,500人もの僧侶が修行生活を送っている僧院だとか。10時頃に行くと、大勢の僧侶が托鉢をしたのち、一斉に食事をする様子がみられる。
でも、ちょっと気になったこと。それは、中国系の観光客が、僧たちが托鉢の場所に行く前に、勝手にスナック菓子か何かを挙げていたところ。まだ托鉢用のツボの蓋があいていない状態なので、お菓子をフタの上にのっけていた。あれ、いいのかな。それとも、ちょっと迷惑なのかな。気になる。

もうひとつは、托鉢を受けた僧たちに対して、物乞いする子供たちがいたこと。観光客に対する物乞いはまだわかるけれども、少年僧にも物乞いをするその姿に驚いた。ちなみに、Do and Don't in Myanmarという本には、子供にお金を与えてしまうと、それに味を占めてまともに授業を受けず物乞いをするまま大人になってしまうからやめてほしい、と書かれていた。お金を渡すなら、コミュニティ(たとえばお寺や学校全体に対して、あるいは病院に対して、など)に対して寄付をしてほしい、とのことだった。なるほど。1ドルだってミャンマーではそこそこ価値があるお金だ。気を付けなければいけない。

●ウーベイン(U-bein) 橋
この橋は、チーク材でできている。タウンタマン湖を渡るためにかけた橋で、160年前にできたという。ものすごいカンカン照りなうえに、手すりがなく、床板のサイズもバラバラで凸凹になっているので、足がすくんで怖くなってしまい最後まで歩ききれなかった。本当は、その先までいくと有名な仏塔があったのだけれども。

その変わりに楽しんだのが、ボート遊び。ボート乗り場でなくても、途中の休憩所からボートにのることができたので、一通り湖上観光を楽しんだ。ボート漕ぎ体験もできた。

いやぁ、それにしても暑いうえに日陰がないのはツラい。帽子、日傘、サングラスは必須です。

●ザガインヒル
2つの仏塔を訪問したが、もうこのあたりから仏塔の名前があやふや。非常に小高い丘になっていて、眺めがよかったのは確かだ。仏像も見ごたえがあった。あーあ、ガイドさんに確認して、訪れた仏塔の名前をきちんと確認するんだった。

●旧王宮(マンダレー
軍の施設なのでパスポート必須の旧王宮。かなり敷地内は広く、華麗なつくりになっていた。でも実は、第二次世界大戦の際にな日本軍に占領されてた上で、焼失したという。今見られるのは、20年ほど前に再建したものだそうだ。なるほどね。道理で入り口付近に砲台なども置かれていたわけだ。博物館なものがあって、王朝の流れを学ぶこともできる。

●Atumashi Kyaung(マンダレー
いよいよわからなくなって、思わず看板の写真を撮る。記憶が正しければ、空間にぽつんと仏像がいて、そのご後背がピカピカ光っていて、強烈な印象でした。ミャンマー回っていると、そのうちこれが普通だということがわかってくる。こちらも第二次世界大戦で破壊された後に、再建したそうだ。

●Shwenandaw Monastery(シュウェナンド僧院、マンダレー
ここは、すべて木造(チーク材)造りになっていて、とても素敵なところだった。ドアの扉に細かい彫刻があしらわれていて、そのかわいいポーズをみるだけで飽きない。
時間があれば、壁の装飾を細かくみていくだけで、楽しめる場所だ。

マンダレーヒル
ここで夕陽を見る、というミッションのために色々な時間調整をしてもらったのに、雲があったので、美しい夕陽はみられませんでした。残念! でも、そもそも眺めがいいし、英語を勉強するためにわざわざここに来たお坊さんや地元の中高生と会話を楽しむのもいい。

たぶんこれで全部の訪問地をカバーしたと思うのだが…自信ないな…。

Myanmar 8 days - 老舗ミャンマー料理屋、MingalaBar@マンダレー


盛沢山のマンダレーナイトは、外国人に人気らしいお店、ミンガラバーへ。ミャンマーの挨拶の言葉でもあるので、すでに知っている気分になってしまうお店だ。


前菜として、サラダが出てきてびっくり。けっこう豪華なうえに、ヒヨコマメやメンマ、揚げピーナッツ、ゴーヤの和え物等といった小皿料理までついてきた。


ミャンマー名物のお茶サラダと、オンノ・カウスエー(ココナッツミルクスープ麺)を頼んでみた。麺類がぬるいのが残念。あまり熱々なものを食べる習慣がないのかしら。

食後のデザートのような形で、揚げた餅米と食べるお茶が出てきた。ニンニクがきいていて、とてもおいしい。お茶請けというよりは、お酒の友の味がした。

お店の隣には、オープンキッチンのような形で、屋台でミンガラバーの食事が楽しめるようになっている。地元の野菜とか、眺めているだけで楽しい気持ちになります。

"君の名前で僕を呼んで"。純粋すぎるラブストーリー。

Call Me By Your Name、2017年、イタリア、フランス、ブラジル、米国、ルカ・グァダニーノ監督

舞台は80年代かな。近年撮影されたとは思えない、レトロな雰囲気だ。
主人公のエリオは人種は不明だが、フランス語、イタリア語、英語を操る青年で、考古学者の父と知的な母親の間で育った一人息子だ。趣味は音楽で、今年も夏を過ごすために、北イタリアの別荘にやってきた。

エリオの父は毎年自分の学生を別荘に招くことにしており、この年招かれたアシスタントが、オリヴァーだった。イケメンで知的、そして自信満々でともすれば不遜にみえる物言い。はじめは、いけすかないと感じていたエリオだったが、それと同時に何ともいえない感情に包まれる。そう、エリオはオリヴァーに恋をした。その気持ちをかき消そうと、やはり避暑に来ていたフランス人の女の子マチルダとも関係を持ったりしてみるのだが、やはりオリヴァーに惹かれる。そして、とうとうオリヴァーに気持ちの確認もしたのだった…。

まったくあらすじを知らなかった私も、ある夜のダンスパーティーでオリヴァーに惚れた女の子をエリオがくっつけようとしているのを知り、オリヴァーが「余計なことをするな」と怒るところあたりから、状況がわかってきた。奔放かと思ったオリヴァーが、エリオの将来を想って自分の気持ちをぐっとこらえる姿は痛々しくもある。一方で、まだLGBTのような言葉も頻繁に使われていなかった時代にエリオの恋についてを知った際にみせた、ご両親の態度がそれぞれ素晴らしい。世の中、こんなに理解のあるご両親がいれば、人はもっと自分の気持ちに素直になれるのではないか。

We rip out so much of ourselves to be cured of things faster than we should that we go bankrupt by the age of thirty and have less to offer each time we start with someone new. But to make yourself feel nothing so as not to feel anything - what a waste!
人は早く立ち直ろうと心を削り取り、30歳までにすり減ってしまう。新たなあいてに与えるものが失われてしまう。
しかし、何も感じないようにすること、感情を無視することは、あまりにも惜しい。

この映画のオリヴァーのご家族は、残念ながら自分の感情が赴くままに生きることができなかったようだ。でも、本当に好きな人がいながらも、世間体を考えて気持ちを封印している人は、この世界に今もたくさんいるのだろうな。

実話に基づいて査察官の仕事を描いた映画"Raid"

Raj Kumar Gupta監督、2018年、インド

主役はAjay Devgnアジャイ・デヴガン演じるアメイ。敏腕査察官として仕事をする一方で、仕事に集中しすぎると家庭も顧みないところがある。
ある日、裏金をもらったことをきっかけに、彼が率いる査察チームは、ある地方都市に住む有力者の家に査察に入る。何せ、色々なところに顔がきく有力者なので、色々な妨害が入るのだが、そんなことには目もくれず、家族やチームメイトの命を危険にさらしてまで、裏金のありかを突き止めるのだった。

観ていて、すぐにピンときた。あ、これは伊丹十三監督「マルサの女」のインド版じゃないかと! 実在の人物の話に基づいていることもありあの映画に比べるとコメディの感じは少ないけれど、おかげでストーリーがすんなり頭に入って、楽しむことができた。
それにしても、インドのお金持ちの幅のきかせ方って本当にすごいな…。だって、財務省のトップや首相にまで手をまわして、査察を阻止しようとするのだから。なぜ隠したお金のありかがわかったのかが、映画のキモでもある。

Myanmar 8 days - Nova Coffee@Mandaley. 美味なコーヒーで1日を。

f:id:asquita:20181014181217j:image

ホテルにも朝ごはんはあるけど、やはりコーヒーが欲しい。しかも美味しいやつ! スタバやセガフレードがない場合はどうしようか。

私たち、探し回りました。が、8時過ぎにはどこもまだやってない。入り口にopen と書いてあるお店ですら、閉まっている。そんな時見つけたのがこちらだ。

f:id:asquita:20181007111910j:image

 

カプチーノやラテなどを飲めます。しかも7時半にはオープン。

 

f:id:asquita:20181007112002j:image

 

f:id:asquita:20181014181249j:image

 

小綺麗な店内、WiFi あり。料理やワインも提供するようだ。まずはマンダレーでコーヒーを飲みたい方にオススメです。

f:id:asquita:20181007112050j:image

 

マンダレーにいる間、お世話になりました。

 

 

Myanmar 8 days - マンダレーからスタート。

この度はミャンマー旅に来ている。まずはミャンマー第二の都市、マンダレーから始まった。羽田からバンコク乗り継ぎでマンダレーまで。ビザは事前にオンライン申請で1日でとれた。

 

マンダレー空港から街中まで40キロ以上あるので、タクシーを利用。15,000kした。3人までならこの料金でいけるようだ。空港の観光局に張り出されていた料金表。

f:id:asquita:20181007110405j:image

 

バスというか6人で貸切のシェアタクシーだと、4,000kみたいだ。さ、どんな街だろうか。楽しみ。

旧王宮。多くの人が散歩していた。

f:id:asquita:20181007110723j:image

 

でも、一番おどろいたのが、これ。

f:id:asquita:20181014180727j:image

Kpopに合わせて踊るたくさんの人たち! アイドルの振り付けそのまま、というよりは、ズンバみたいな感じで踊っていた。お堀の周りには、運動用器具も置かれていて、あらゆる世代の人が運動していた。市民の運動の拠点でもあるようだった。

 

 

"La Ch'tite Famille"。北部フランスの暮らしをコメディ化した"シュティ"シリーズの第二弾!

北部フランスに赴任した郵便局員が繰り広げる暮らしを描いたコメディ映画"Bienvenue chez les ch'tis"から10年は経過しただろうか。フランスで大ヒットしたのを知り、フランスの映画館に観に行ったことを記憶している。

先日飛行機に乗っていて、偶然「あのシリーズに間違いない」という映画を見つけた。しかも、主演はあの北フランス、ノール=パ・ド・カレー地域圏のなまり「シュティミCh'timi」をがっつり話す、ダニー・ブーンDany Boonだ。

Dany Boon監督、2018年、フランス

ヴァロンタンValentinとコンスタンスConstanceは、それこそParis Matchの表紙にもなるようなレベルの、有名なデザイナーのカップルだ。パリで尖ったデザインのイスなどを作っており、受賞歴があったりする。しかし、ダニー・ブーンが演じているヴァロンタンには、秘密があった。孤児だと言っていたが、実は、北フランスの出身なのだ。ところが、展示会にサプライズで北フランスの一家が現れたことで、あやうく本当の出自が明らかになりそうになる。
ある日、ひょんなきっかけで記憶が過去に戻ってしまったヴァロンタンは、突如シュティミを話し出す。そこにかつてのエレガンスは残っておらず、周囲の人々は戸惑うのだった...。

基本的にコメディだが、シュティミのパンチ力は健在。北部出身でもないのにこの言葉を話すことができる人、尊敬する。ちなみに劇中でも、新しい記憶を失ったヴァロンタンとコミュニケーションをとるべく、パートナーのコンスタンスが一生懸命シュティミを勉強するシーンがあるが、美貌が台無し、というレベルの言葉だ。


最後、エンドロールとともに、"How I love ya.....!"というような曲をシュティミで"Que j'te ker, j'te keeeeeer!"とアツく歌うシーンがあるが、これはJohnny Hallydayの"Que je t'aime"のシュティ語バージョンということらしい。ジョニー・アリディが亡くなったのが2017年12月で、この映画の公開は今年の2月。なんというタイミングの良いトリビュートだろうか。

もうひとつ気になったのは、おしゃれなデザイナーたちがミーティングで使うパリの回転寿司屋さんの名前。ひらがなで「かも」って書いてあるのだが、アルファベットではKAMOKOとなっている。日本で「かも」といえば、騙されやすい人のような印象がある。これもコメディの一環? だれか教えて~!