きらめく拍手の音


Glittering Hands、2014年、韓国、イギル・ボラ監督

監督であるイギル・ボラが自らの家族を撮影したドキュメンタリー。

彼女の家は4人家族で、両親は聾者だ。弟と彼女は健常者で家族の「耳」として、小さいころから両親のサポートにまわった。両親から難しい電話での交渉等を任されたりした結果、二人の子供は他の子たちよりもはやく成長し、家を出た…。

監督の両親が明るくてポジティブに生きていることは、冒頭部分ですぐにわかった。常々思っていたが、聾者の人って、伝えるパワーをすごく感じるというか、表情とか豊かなのだ。もちろん、二人とも経済危機の影響で失業したり、耳が聞こえないことで子供の異変に気づけない分集中して子育てしているというところで苦労しているが、二人とも無事子供を外の世界に送り出して、二人でラブラブの暮らしを送っている。ちょっと後半は冗長になってきて内容に飽きたりして、しかも、彼女が撮影者として常にカメラを回す立場にいると思いきやそうでないアングルで被写体として登場するシーンがあって、結局この監督が何をやりたかったのか、結論がよくわからなくなった。「聴こえる世界と聴こえない世界は並行して時にぶつかるけど、どちらの世界もきらめいているんだ」ということが結論みたい。ポジティブな感じだけは伝わってきたのだけれども。タイトルにもなっている「きらめく」ハンドサインに目を付けたところはすごくいいなぁと思った。この人なら、続編でもっと進化版の作品が作れるのではないかしら。

音が聴こえない分、彼らはいい意味でも悪い意味でもノイズを出す。映画の中でも、ドアの開け閉めがうるさいと階下の人に怒られた話が出てきたが、自分たちが気にならないから…という感じみたい。カラオケとかはともかく、二人が食卓のものをとってもおいしそうに食べるのに感銘を受けた。

ろうあの両親と健常者の子供が出てくる映画として、フランス映画「エール」を思い出した。この映画では弟もろうあ者で、主人公の女の子がすべての家族のコミュニケーション役として立ち回っていたんだった。この映画の登場人物も、底抜けにあかるかったな。もっとも、こちらの映画はあくまでもフィクションだったけれどもね。

asquita.hatenablog.jp

Didier Lockwoodへのオマージュを込めて…。"Jazz in Langourla 2018"のライブ動画

f:id:asquita:20190314000138p:plain
フランスのブルターニュ地方、ラングルラという町で毎年8月に開催されているイベント、"Jazz in Langourla"。1996年から開催されているが、出演者のジャズミュージシャンの中に必ずマヌーシュ・ジャズの演奏家が含まれているため注目している。

www.jazzinlangourla.asso22.fr

asquita.hatenablog.jp

2017年はSelmer #607やDaniel Givoneが出演していた。そして2018年はMarian Badoi Quartet に加えて、急逝したヴァイオリニスト、ディディエ・ロックウッドにオマージュをささげるライブ、Hommage à Didier Lockwoodも開催されたという。出演者はバイオリンのFiona Monbet、ギターのAdrien Moignard、それにコントラバスのDiego Imbert。いずれもマヌーシュ・ジャズの世界で活躍する人たちだが、その人たちに加えて出演しているのが、ピアニストの Francis Lockwood。Didierのご兄弟のようだ。いずれも追悼にふさわしいメンバー。さらに、いつもようにダイジェスト映像ではなくフルでライブ映像が楽しめるところがありがたい。

夜中に聴くマヌーシュ・ジャズも、たまにはいいものです。

Sonu ke Titu ki Sweety。バングラビートが沁みるサントラ。


2018年、インド、Luv Ranjan監督

主人公はきっとTituだ。そして、その大親友のSonu。兄弟同然として育った二人だが、いつもSonuがTituの彼女を品定めし判断しているようだ。

ある日Tituに来た見合い話にやってきたお相手が、Sweety。美人なだけでなく性格もお家柄も完璧だ。Tituはたちまち一目ぼれをした。ところがその状況に気にくわないのが、親友のSonu。このままでは大事な親友がとられてしまう…。Tituを挟んでSonuとSweetyは火花をちらす。さて、どちらがTituを本当に大切に思っていて、その心を手に入れるのか。

親友も妻、嫁のような存在も、いってみれば「パートナー」だとは思うが、正直、「え、まさかそこでそんなに争う?」という驚きのほうが先に来てしまった。争い度合もなかなか姑息で、なかなかついていきにくいというか、コメディとして手放しで楽しめなかったかな。さらに、これは私だけかもしれないけれどTitu役のKartik Aaryanと、Sonu役のSunny Singhが、なんだか雰囲気とか髭の生え方とかちょっと似ていて、ぱっと見区別がつかなかったりして、ついていくのに時間がかかってしまった。
Sweety役の女優さんNushrat Bharuchaは、悪女役として演技することが多いらしいのだが、この映画でもなかなかのヒール役だった。この人はすごく美しいのだが、どうも森泉にみえて仕方なかった…。

結婚式シーンのあるインド映画だけあって、歌とダンスに関しては魅力的なものがたくさんある映画でもある。このYo Yo Honey Singhの曲"Dil Chori" は、きっとインドの人も好きだろうなぁという華やかな曲だった。この方は双極性障害に苦しんでしばらくミュージックシーンから遠ざかっていたらしく、こちらの作品がカムバックのきっかけになったらしい。

このバングラビートの感じ、いいよなぁ。

Secret Superstar。封建的な家で育った少女が、ネットの力で人生を変える!

2017年、インド、Aamir Khan監督(&出演)

主人公の少女Insiaは、歌が大好きで、母親のNajimaが買ってくれたギターが手放せない。父親のFarookhは仕事のためいつも家にいるわけではないが、ストーリーが展開していくうちに、彼がDV夫であることがわかってくる。娘と妻に冷たい彼も、同居している母親と弟Guduuのことはとてもかわいがっている。この父親はInsiaがギターが好きなことが気にくわない。本当は音楽コンテストに出演したいInsiaだったが、その日も夕食の味に腹を立てた父親が暴れたため、結局そのことを父親に言い出せなくなってしまった。母のNajimaは、そんな娘を不憫に思って、お金を工面してパソコンを買う。今の生活を抜け出したいと願うInsiaは、より多くの人に曲を聴いてもらうためにYouTubeに自分の曲をアップすることを思いつく。しかし、保守的な父親にこのことがバレたらとんでもないことになるのが目に見えていたため、母が娘にある提案をする。この動画は口コミで広がり、いよいよ夢がかなうかもしれない…という時に、家族はある決断に迫られるのであった。

Insiaの家庭のあまりの過酷さにびっくりする。たくましいInsiaに対して、一見やられっぱなしに見えるNajimaが見せる強い態度と子供を守るためにかつて取った必死の行動に感動する。Aamir Khanは、Shakti Kumarという見るからに堕落した、まったくいいところのない芸能人の役で登場するが、Insiaを助ける行動を取ってくれるのでほっとする。Insia役のZaira Wasimもさることながら、母親役のMeher Vijの、弱さと強さ、娘に自由をやれなくて葛藤する悲しみと娘の夢を一緒に共有する喜びのギャップがすごく良くて、号泣してしまった。

もっとも、このAamir Khanをみたら、「本当に感動作なの?」と疑いたくもなるでしょうが...。まさかの役どころで出演したアーミルもある意味「シークレット・スーパースター」、ですね。

Hichiki。トゥレット症候群の教師が、不良クラスを変えていく!


Sidharth P Malhotra 監督、2018年、インド

主人公のNainaは、優秀な教師だが、トゥレット症候群と呼ばれる、音声や動作チックをコントロールできない症状があるために、なかなか職を得ることができない。ある日、St. Notker's schoolという名門校の教師としての職を得ることになったが、それには理由があった。ある事情により編成されたクラス、9Fの担当を任されることになったのだ。このクラスは、近所のスラムの子供たちにより構成され、いわば不良の集まり。あまりの悪さに、担任する先生たちは次々に辞めてしまう。Nainaもさっそくそのいたずらの洗礼を受け、トゥレット症状を真似されるだけでなくいろいろなことをされるのだが、彼女はくじけない。生徒たちを見捨てずに、向き合っていく。そんな彼女の姿勢に、今まで見捨てられていた子供たちが変わり始めるのだった。

一番驚いたのは、Nainaの味方だとばかり思っていた用務員(お茶係?)がやったとんでもない行動かな(というか、君は簡単に買収されるのか、という感じだ)。一方で、意地悪でとんだ差別主義者だと思っていた、優秀クラス9Aの先生、Mr. Wadiaの素晴らしい態度に感銘を受けた。主役を務めたRani Mukerjiも、スラムの子供たちの演技もよく描かれている。

原作は、米国でトゥレット症候群を公表している教師で作家のBrad Cohenの"Front of the Class"。この作品を下書きにしてインドを舞台に変え、さらに、女性を主人公にした結果がこの作品となったらしい。
実際にトゥレットの方の体験談を下書きにしているからこそ、よりリアリティある作品になったのだろうな。
www.hindustantimes.com

学生主導のマヌーシュ・ジャズ・イベント "Nuit du Jazz Manouche"

f:id:asquita:20190301143827j:plain

フランスのロワール地方サンテティエンヌ Saint-Étienneにあるジャン・モネ大学(Université Jean Monnet)は、1969年に創立された大学で、音楽学科も備えている。ここの音楽専攻の 生徒たちのグループがリードして2018年10月に実施されたのが、このイベントだ。直訳すればマヌーシュ・ジャズ・ナイトというところか。

テーマが "Django : pionnier et moteur du jazz manouche(ジャンゴ:マヌーシュジャズの開拓者かつ原動力)"ということで、イベントでは音楽だけでなく、この音楽のキーパーソンとなるジャンゴ・ラインハルトの生涯、音楽が口伝で広まったこと、ミュゼットとも深い関係にあること等なども解説している。なるべく当時のスタイルに忠実な形で演奏を再現したとか。

さらに、ライブの前にはギター職人によるギターの展示もあったとか。
assoagm.wixsite.com

ステージの模様がわかる映像も公開されている。ぜひのぞいてみていただきたい。

中国料理仙ノ孫@西荻窪にて、スパイス強めの薬膳中華

母が地元の友人と何度かランチにきて気になっていたというこのお店に夕飯に来てみた。

西荻窪駅から徒歩10分。主なお客様だろう地元の方々のために、お店の前は駐輪場のようになっていた。


いわゆる普通の中華とは一味違う感じだ。ちょっとひねりがきいたものばかりなんだもの。何名できても「よだれ鶏」あるいは「よだれ鶏を含む前菜盛り合わせ」は必須で頼むべし。今回はその他に大分県産野菜の塩麹炒め、五島列島の魚を使った料理いろいろ、醤油ラーメン等を頼んだ。

中国茶もいかにも珍しそうな山東省青島の紅茶や雲南省の緑茶「南糯山茶」、みかんに入ったプーアール茶「老樹青柑普」などといったラインナップ。ご夫妻で25名くらいのキャパのお店をまわしているようだが、フロアご担当のマダムの気遣い、きびきびとした動きもみていて気持ちがいい。

このお店でいろいろなものを食べるには、一番効率のよい注文方法をマスターしたほうがよさそう。また行ってみたい!

お店の名前の由来も含め、細かい情報はこちらに詳しいです。
inozen.net