Dorado Schmitt 率いるDjango Festival Allstars のアーカイブ映像@Kennedy Center

米国の中枢、ワシントンD.C.にある文化施設、John. F. Kennedy Centerでは、多様な文化を紹介するためのさまざまなイベントが催されている。そんな数あるうちのシリーズ、「Explore the arts」シリーズで2007年に登場したのが、Dorado Schmitt率いるDjango Festival Allstarsだ。このバンド、シュミット一族を中心に、ヨーロッパで活躍しているマヌーシュ・ジャズ系ミュージシャンを中心に構成されている。アメリカにマヌーシュ・ジャズのすばらしさを伝えるために、名門ジャズクラブ、Birdlandでライブをやったり、西海岸にも出向いてライブツアーをしている。今年も開催されれば、もう20年は続いているだろうイベントだ。
https://djangofestivalallstars.com/

こちらのケネディセンターで開催されているセッションは、文化を学ぶためのレクチャーでもあるため、音楽についての解説があったり、聴衆からの質問にミュージシャンが応えたりしている。その模様がすべてこの映像に収録されていて、興味深い。

マヌーシュ・ジャズの魅力はもちろん、ヴァイオリンの弓運びのコツとか、ギターメーカーの話など、カジュアルに話をしていておもしろい。ベーシストのBrian Torffはメンバー唯一の米国人だが、残りのメンバーがフランス語話者なため、英語もフランス語も話せるアコーディオンのリュドヴィック・ベイエ Ludovic Beier は、このライブでは完全に英語通訳と化している。息子のサムソン・シュミット Samson Schmittは、2007年の段階でこのバンドに参加しているということがわかる。当時はまだ20代くらいの時だろうか。Amati Schmittはまだいないね。ヴァイオリンのFlorin Niculescu とリュドヴィック、ドラドの3名で演奏しているいかにもマヌーシュっぽい音がかっこいい。ジャンゴがやっていたように、ドラドが2本指でギター演奏のデモをする姿も。

なお、このライブの模様は、アルバムとしてもリリースされている。動画もライブ映像も、お勧めだ。
f:id:asquita:20200123093646j:plain

これぞスウィング! "Horizons"- ビレリ・ラグレーンの右腕リズムギター奏者、ホノが主役のアルバム

f:id:asquita:20200120152125j:plain
ホノ・ウィンテルスティン(ウィンターシュタイン、とかのほうがより近い発音のだろうか…、まあよい)Hono Winterstein といえば、あの大物ジプシー・ジャズ・ギタリスト、ビレリ・ラグレーン Biréli Lagrène の「Gypsy Project」を支える屋台骨として、また、ドラド・シュミットDorado Schmittやストーケロ・ローゼンバーグ Stochelo Rosenbergの傍らで安定したリズムギターを聴かせてくれていた大物ギタリストだ。

このリズムギター職人が、昨年11月に"Horizons"というアルバムをリリースした。ジャケットに顔がどーんと出ているので、このアルバムではホノが主旋律を担当するのかと思いきや、ソロ担当は相変わらず息子のブラディ Brady Winterstein。すでに、ブラディとはデュオで活動していたので、この組み合わせには不思議はない。他には、やはりビレリのGypsy Projectで一緒だったベーシスト、ディエゴ・アンベール Diego Imbert やサラ・ラザルス Sara Lazarusなども参加している。

ここまでは納得の参加ミュージシャンだが、よくわからないメンバーがいた。一人は、フランスのピアニスト、ジャン-イブ ユング Jean-Yves Jung。マヌーシュ・ジャズアルバムにピアノが参加するのは珍しいのではないかと思って調べたら、この方も百戦錬磨のミュージシャンで、ビレリの2012年のアルバム"Mouvements"にて楽曲提供をしたり、ハモンドB-3で参加もしていた。Marcel Loefflerのアルバム" Images"にも、楽曲提供+ピアノで参加している…ということは、マヌーシュ・ジャズコミュニティに近いピアニストらしい。

もう一人は、参加ボーカリストとして4曲に参加しているクラウディオ・ファヴァリ Claudio Favariという人。この人物、実はギタリストでもあり、70年代にドラド・シュミットが結成したバンド、Dorado Trioに一瞬だけ参加していたらしい。このバンドには、ホノもリズムギターで参加していたので、この時代にすでにつながりができていたに違いない。つまり、このアルバムは、マヌーシュ・ジャズとホノに関係が深い人たちが作り上げた作品なのだろう。収録曲には、ホノのオリジナル曲"Lolita"、"Lune de miel 2020"が収録されているのも、特長だ。

現在、絶賛プロモーション活動中…ということで、TSF JazzのPodcastに登場した時のライブ動画が公開されている。

とくに、"Pique-nique"という曲がいいなぁと思って調べてみたら、Claudio Favari自身の曲だった。スキャットがいい雰囲気で流れていって軽やかで最高だ。

アルバム全体の雰囲気を知りたい場合は、こちらのティザー動画がよい。ギター主体のディープなマヌーシュ・ジャズと、ちょっとジャズ色が濃い楽曲がほどよいバランスで収録された素敵なアルバムになっている、ということがよくわかる。

ブラジルのマヌーシュ・ジャズフェスは、なんとなくブラジル色。

マヌーシュ・ジャズのファンは世界中に…というわけで、ブラジルはサンパウロ州の年、ピラシカバPiracicaba で2013年から開催されているマヌーシュ・ジャズフェスティバルがあることは、何度かこちらのサイトで紹介してきた。
asquita.hatenablog.jp

フェスというのは、資金難などもあり継続が難しい。たまに、せっかく立ち上がったのに立ち消えになるフェスもあるので、とくに新しいフェスが華々しく始まると心配になり、ハラハラしながら見守っている。うれしいことに、このFestival de Jazz Manouche de Piracicabaは、2019年も無事開催されたようだ。

f:id:asquita:20200108235620j:plain

ウェブサイトがすべてポルトガル語であることから想像できるように、このフェスの想定客は、たぶんブラジル国内の人々なのだろう。出演者もポルトガルやメキシコと言ったラテン語族が目立つ中、光るのが、ベトナム生まれ、英国出身でオランダ在住のギタリスト、ロビン・ノランRobin Nolanだ。過去にもこのフェスに参加しているが、2019年は、Hot Club de Piracicabaの立ち上げメンバーでこのフェスとも深く関係するギタリスト、José Fernando Seifarth や、Frank Edisonという、これまた地元で活躍しているチューバ奏者と共演している。リオ・デジャネイロ生まれのギタリスト、Bina Coquet などもライブに参加したようだ。ダイジェスト映像をみていると、ほぼマヌーシュ・ジャズやジプシー系の音楽なのかと思いきや、ちょっとショーロっぽかったり、ボサノヴァやサンバにきこえてしまうようなライブもあって、面白い。ブラジルのマヌーシュ・ジャズフェスならでは、なのだろうか。

まさか…気のせいではないよね?

草津温泉素泊まり旅 3 DAYS ~冬住みの里。きっと源泉を知るのがよい~

草津の町民憲章というのがあちこちに掲げられていた。

草津は本当に私に癒しをくれた。ありがとう! 心からリフレッシュできた。



温泉大好きだが、この町は温泉はもちろん、町ごとすごくよかったな。いい規模感、湯畑を中心にいろんなお店、いろんな源泉を活用した温泉がある。次回は、もう少し源泉のことも学んで、草津に来てみたいと思ったのであった…。
www.kusatsu-onsen.ne.jp

なお、帰りは大雪だった。草津白根山 (草津白根) 標高 1200mの高地にあるため、冬の暮らしは厳しい。明治時代中頃までは、住民は「冬住み」といって、5月くらいまで標高が低い六合村というところに移り住んでいたらしい。今は、交通の便もよくなり、暖房等も発達しているから、冬の草津をこうして愉しむことができるのだ。ありがたいことだ。

www.asahi.com

草津温泉素泊まり旅 3 DAYS ~地元民に人気のうどん屋「萬年屋」は、白マイタケご飯が美味!~


まいたけといえば、新潟の「雪国まいたけ」が思い浮かぶが、実は群馬だってマイタケの産地で、昭和50年代から全国に先駆けて生産していたという。草津の温泉街を歩いていると、「まいたけ」を売りにしているお店がやたらと目につく、さすがに「マイタケ天ぷら食べ放題」に行く気はしないが、少なくともマイタケを味わいたくなるというものだ。

草津には、やたら並ぶ蕎麦屋がある。代表的なのはこちら。インスタでばえる写真をアップする人が多く、人気になったそうだ。
tabelog.com

でも、寒い中並ぶのはちょっとな…ということで、地元の方にお勧めのお蕎麦屋さんを伺ったところ、教えていただいたのが同じ三国屋の通りにある「萬年屋」だ。表玄関には、ざるに盛られた「マイタケ」。期待が高まる。


正直いって商売っ気はまったくない。店内も、3テーブルほどの座敷+椅子席+カウンターという感じ。お店の主がいないと、天ぷらも出せないとか。メニューだって、非常に潔く、うどん・そば類とマイタケ料理のみ。

でもこちらのお店、大変おいしかった。マイタケがたっぷりのったボリューミーかつ隠し味がきいたうどんはもちろん、白マイタケご飯がまた絶妙のお味。地元のお酒とともに食すあったかいマイタケうどんセット。最高でした。

草津温泉素泊まり旅 3 DAYS ~リストランテ アル・ロドデンドロで本格的イタリアンを~


草津のこちらのお店は、綿貫ペンションというお店の3代目オーナーがイタリアやフランスで修行をしてからオープンしたリストランテだ。湯畑から少し歩くものの、地のものを目いっぱい活かした料理のクオリティの高さに感動した。選んでいただいたワインも完璧。こちらがメニュー。

はじめに出てきたフォカッチャやグリッシーニ等のパンとオリーブオイルに、すでに感動していたが…。


そのあと出てきた食事すべてに感激してしまった…ここはまた来たいな…。

草津温泉素泊まり旅 3 DAYS ~草津節+草津湯もみ歌


草津温泉は温度が高いからこそ、「湯もみ」という、お湯を板でかき混ぜてお湯の温度を適温にするという文化がある。その時に歌われているのが、草津の民謡だ。「草津節」「草津湯もみ唄」「草津小唄」の3曲があるらしい。地元民の中では、「草津節」と「草津湯もみ唄」が一般的な呼び方と逆転しているというようなこともあり、素人は混乱してしまうだろうが、合いの手で区別するのがよい、という。「チョイナチョイナ/ドッコイショ」が草津節、「ヨホホイ」が草津湯もみ唄、そして「ヨイトサノサ」が草津小唄という具合だ。

草津
手元の民謡解説本によれば、この曲は「時間湯」という草津独特の入浴法で歌われていた曲らしい。原曲は、鹿児島灘の沿岸で大正七年以降に歌われていた「げんたか節」ですって。草津で朝8時に街中に響き渡るチャイムが、この曲だったなぁ。

げんたか節はこれなんだが、うーん、ルーツといわれてもよくわかりません…

草津湯もみ唄
別名「草津ヨホホイ」。こちらの元唄は、西国方面の船唄(商船学校の学生唄)が変化したもので、銚子の方からきた客が伝えたとか…

草津小唄

湯もみ唄、草津小唄の2曲は、中山晋平が作曲しているようだが、私の本には、「草津節」「湯もみ唄」が、地元の民謡詩人、平井晩村の作だと書いてある。真実はいかに。

街中の湯畑のすぐ近くにある「熱乃湯」で湯もみショーをやっていて、600円でみられる。SETの俳優さんが司会をして盛り上げてくれるし、湯もみ体験も可能。湯もみガールズが踊りも披露してくれて、サプライズもあり。楽しかった。

こちらにも解説があります!
www.kusatsu-onsen.ne.jp