Music

火曜日のハートブレイクは不公平...."Tuesday Heartbreak"、元歌はStevie Wonderか!

マイケル・マクドナルドMichael McDonaldのCDが家にあるのでたまに聴いている。カバーソング集だと認識していたが、まさか全部カバーだとは思わずに愛聴していた。そして今日たまたま、一つの曲が耳に残った。別に今日が火曜日だからというわけではなかろう…

「太陽と踊らせて(Born Balearic)」は、イビサ島の映像とバレリアック・サウンドだけで優勝だ

www.youtube.com ヨーロッパ屈指のパーティーアイランド、イビサ島で活躍するDJ、ジョン・サ・トリンサJon Sa Trinxaのドキュメンタリー。ビジュアルアーティストの Lily Rinae(リリー・リナエ)が監督を務め、クラファンで完成させた映画らしい。www.atpress…

America's Got Talent (AGT) 2020に出場したKenadi Doddsケナディ・ドッズの声が素敵

Nizi projectを観るだいぶ前からオーディション番組が好きだ。前にAmerican Idolで見かけて感動した歌手のことをこちらに書いたけれど、実はアメリカン・アイドルをみるほうが稀で、よく観ているのはBritain's Got Talentの方なのだ。番組始まった頃から審査…

The Isley Brothers@Tiny Desk (Home) Concert

アメリカの公共ラジオ放送 NPR(National Public Radio)による「Tiny Desk Concert」が好きで定期的にみているのだが、今日みたら、アイズレー・ブラザーズ The Isley Brothersが出ているではないか! この企画、その名のとおり「タイニー・デスク」、つま…

"Bring Minyo Back!" 民謡クルセイダーズのドキュメンリー映画へのクラファンは6/27まで受付中。

森脇ユウジさんというクリエイターの方が、民謡クルセイダーズのドキュメンタリーを制作して、昨年11月にスペインのバルセロナで行われる音楽ドキュメンタリー専門の国際映画祭"IN-EDIT"にてその映画を公開する予定....だったそうな。私はもともとドキュメン…

タイ東北部の歌謡曲、ルクトゥンのテンションがいい感じ!

ラオスに行く機会が多かったせいもあり、ラオスやタイ東北部あたりで流れている昭和歌謡みたいな音楽が好きだった。モーラムとかルクトゥンとかいわれる音楽だ。(一緒にしたら叱られる類のものだと思うが、とりあえずざっくりとこのように言わせてください…

私の青春の90’s 洋楽。カセットのミックステープをリプレイする。90年代編。

今年見つけたカセットテープの山があるのだが、すでにプレイヤーがなくて聴けないので、YouTubeで振り返っている。 asquita.hatenablog.jp先日まで80年代をさんざん振り返っていたら、90年代のものも出てきた。何が入っていたっけ...というわけでこちらに書…

収まらぬ80'sポップス 熱。ミックステープにもし5本目があったら何を追加する?

ここ最近、自分が昔つくったミックステープのインデックスをみながら思い出に浸っていたので、80年代ポップスへの情熱が止まらない。勝手ながら、「今の私なら80年代ミックステープに何の曲を入れるか」というのを考えてみた。●Men At Work "Down Under" オ…

こちらが4本目のミックステープ。80's Mega Hits!

最近の私は大掃除で発掘されたミックステープを勝手に振り返り、珠玉の80年代ポップスを懐かしんでいるところだ。こちらが4本目。いきなりBobby Caldwellきました。 私は、この"Special to me"という曲は、Winkのバージョンで知った。今聴くとなかなかん歌…

私たちが好きな80's!!! ミックステープで80's 洋楽を振り返る Vol. 3

ひょんなことから発掘したミックステープで振り返る80年代の洋楽たち。今回は、3本目のカセットテープをのぞいてみようと思う。 私はかつて洋楽っ子で、A-HA、Duran Duranが活躍していた時期から、洋楽の動向を欠かさずチェックした。レコードレンタル、FM東…

ミックステープで音楽を辿る。80's Hits Vol.2

実家を大掃除していたら出てきた、懐かしいミックステープ。あいにく我が家にはカセットプレイヤーはないので、どんな曲が入っているのか、振り返っていきたい。 The Doobie Brothersのど定番。 Linda Ronstadtを知ったのは、Aaron Nevilleとのデュエット曲"…

まさかの発見、MIXテープ 80's 洋楽を振り返る 1

これは昭和か平成か。まだカセットテープ全盛だった時代にミックステープってものを作ったこたはないだろうか。私にはある。背表紙にはわざわざレタリングまでして....カセットインデックスだってわざわざかわいいのを買っていたっけ。このたび、実家から、…

まだ活躍していている幸せ。Kirk FranklinのゴスペルをTiny Desk (Home) Concertで!

90年代だろうか、ニューヨークのハーレムでゴスペルをきいて、すごく感動をした私。その後、今でも大好きな映画「SISTER ACT 2」の劇中に出てくるゴスペルを気に入って聴きまくったことを経て、20年以上前となる1998年に出た、カーク・フランクリンKirk Fran…

Tom Mischの曲が頭から離れない

英国出身の歌手、トム・ミッシュTom Mischの曲を一度聴き出したら、どうも頭から離れてくれない。すでに2018年にはデビューアルバムを出しているし、2019年5月には単独公演のために来日し、チケットはソールドアウトだったとか。オープングアクトがSIRUPとは…

ケチャを考案したバルター・シュピースに関するメモ

バリ島が先だったか、この芸能山城組のパフォーマンスが先だったか…ケチャってついつい魅入ってしまう。 asquita.hatenablog.jpこのケチャ、実はロシア生まれのドイツ人芸術家、バルター・シュピースWalter Spiesによる創作だということは知られているだろう…

エンニオ・モリコーネを思って、久々の「ニューシネマパラダイス」

91歳かぁ。エンニオ・モリコーネEnnio Morriconeが亡くなってしまった。映画音楽の巨匠として大量の映画音楽を手掛けているモリコーネが、やはり月並みながら「ニューシネマパラダイス」が忘れられない。もちろん、主役のトト少年のかわいさあっての映画だが…

インド映画に出てくるホーリー祭を探す

インドのホーリー祭というのをきいたことがあるだろうか。世界一カラフルと言われるヒンドゥ教の春祭りで、今年もし開催されていたら3月10日がその日だったはず。三密の祭りでもあるので、どうなったかはわからないが…。私がこの祭りを知ったのは、インド映…

J-wave "Saude! Saudade"にて、Caetano Velosoの良さを再認識

J-Waveで毎週日曜日にやっているブラジル音楽を中心にヨーロッパやラテンの音楽を紹介する番組、Saude! Saudade(サウージ サウダージ)。JALがスポンサーをやっていた時は大ファンで、この番組をよく聴くばかりでなく、J-waveサウージ・サウダージ主催のブ…

今藤政太郎作「六斎念仏意想曲」に心をつかまれる

NHKEテレで放映されている「にっぽんの芸能」の司会をしていた石田ひかり氏が番組を卒業をされるということで、石田さんが印象に残った放送をまとめて放映するスペシャル番組を観た。この番組、和楽器や邦楽、あるいは歌舞伎やお能の世界に少しでも近づける…

Coco←Musika(ココムジカ)@Praca 11。オーナーが惚れ込む実力派バンド。

表参道にあるブラジル音楽のライブハウス、プラッサオンゼ。 プラッサオンゼへ ようこそ!だいぶ昔、私がブラジル音楽に出会った頃は、このお店によく通い詰めたものだった。2019年11月いっぱいでこのライブハウスが営業が終わることを知ったのは、今年の夏…

MTV Video Music Award 2019 に Shawn Mendes登場!

私の趣味は「海外に行った時に音楽番組をひたすら観ること」だ。しかし、最近のMTVときたら、私がチャンネルを付ける時間帯はいつでもも、「家で撮影したアクシデント映像をみながらコメントするエンタテイメント番組」か、ネット恋愛をしている若者たちの相…

サンフランシスコのUBER/LYFT"事件"とインド、Shah Rukh Khan

UBERに初めてお世話になった5~6年前は、そんなことなかったのだが、今回の旅ではなぜかLYFTでもUBERでも、運転手さんがインドあるいはパキスタン系であることが多かった。往々にしてせっかちなのか、待ち合わせ場所に到着していないのに、移動をしながら「…

心に響く音楽にキュンと来る! Catie Turnerの"21st Century Machine"

"American Idol"というアイドル発掘番組がある。2002年から2016年までFOXで放映していた番組で、wikiによれば、この間にこの番組の審査員として、ジェニファー・ロペス (Jennifer Lopez)やハリー・コニック・ジュニア (Harry Connick, Jr.)、ポーラ・アブド…

Sonu ke Titu ki Sweety。バングラビートが沁みるサントラ。

2018年、インド、Luv Ranjan監督主人公はきっとTituだ。そして、その大親友のSonu。兄弟同然として育った二人だが、いつもSonuがTituの彼女を品定めし判断しているようだ。ある日Tituに来た見合い話にやってきたお相手が、Sweety。美人なだけでなく性格もお…

キャッチーなサビに惚れた! UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」

あああ、こんな時の過ごし方は時間の無駄だ…と思いながら、たまにTikTokをみている。大部分の投稿動画は、プロの音源にあてぶりしたようなものなのだが、元々ダンス動画を見るのが好き(自分はできないくせにね)なこともあり、ついつい見続けてしまう。ダン…

ミシェル・ルグラン逝去…代表曲は何だろうか。

ミシェル・ルグランMichel Legrandの逝去が報じられた。御年86歳。昨年Blue Note Tokyo30周年のイベントで来日してライブしていたのだから、大往生といえるだろう。ギリギリまで音楽活動に従事できていたのだから。人の終わりってこんなにあっけないものな…

宇宙センスを有する和製ファンクグループ「ディープファン君」、最高!

年末年始は、テレビの番組表がことごとく変わってしまう時期でもある。語学の学習目的もあり録画をセットしていた番組が別番組に変更されていた。まあ仕方ない、かたっぱしから消していこうと思っていたが、ふと観てしまったのが、クリス松村さんがVJを務…

ボヘミアン・ラプソディ ”胸アツ”応援上映@TOHOシネマズ

今はやりの映画を観に行った。Queenのボーカル、フレディ・マーキュリーの生涯を追った映画、ボヘミアン・ラプソディである。私はとくにオンタイムでQueenにはまったわけではなく、どちらかといえば、王様、という直訳ロックの歌手アーティストで知ったくら…

ディック・リーの自伝映画が出ていた!!"WONDER BOY".

シンガポールのシンガソングライター、ディック・リーDick Leeが昔から大好きで、今も懐かしく思い出したりするぐらいなのだが…。 シンガポールの巨匠ディック・リーDick Leeを懐かしむ - 空間Annex先日、飛行機にのったら、偶然にもディック・リーの自伝映…

フィリピンのロックバンド、Tanya Markovaは、まるで「金爆」、デビュー年も同じ。

海外に行くと可能な限りMTVにあたるような番組をみるようにしている。フィリピンでも少しだけ観てみたが、洋楽だけでなく、フィリピンのアーティストも活躍していることがわかった。好みの曲を見つけるまでには至らなかったが、気になる人たちを見つけた。 T…