[Taipei 2024]台北で絶対に食べたいスイーツ屋さんへ。

二泊三日の台北弾丸旅は、食べ物重視のスケジューリングとなった。それこそ、一日5食くらい食べるような勢いだ。今回はこちらに、次回も行きたいと思っているスイーツ屋をメモしていこうと思う。

豆花(ドウファ)
豆乳で作られたふるふるとした食感のお豆腐にシロップやナッツ、芋団子などでトッピングしたスイーツ。一番有名なのは、新宿にも店舗がある「「騒豆花(サオドウファ)」だと思うが、今回は敢えて晴光商圏というところにある「丁香豆花」に行ってみた。正直Googleのスコアが2.7という低さで行くのに躊躇したくもなるが友人がイチオシだというのでいかないわけにはいかない。二種類のうち名物の卵入り豆花をを選んで、「地瓜圓」というさつまいも団子をトッピングしてみた。いやぁ、これが本当においしくって感動した。さらさらでふるふるで優しいお味で、あっという間に食べ終わることができるし、お腹にも優しい。あとで「三種類のトッピングが選べる」ことを知ったのが悔やまれるので、絶対にまた戻ってくるぞ!

パイナップルケーキ
オークラプレステージ台北にある"The Nine"、もしくは有名なサニーヒルズのものを買おうと思っていたが、実は中山北路にある「一番屋」のものが美味しいらしいと聞いたのでこちらに行くことにした。ところが、なんと8時に閉店...仕方がなく大通りに戻って見つけたのが、ホテル ロイヤルニッコー台北内にあるパン屋さん「Royal Bakery (老爺烘焙坊)」だ。こちらは9時まで開いていたので、閉店間際に駆け込んで購入した。こちらの売りは、フランスの発酵バターと北海道の小麦粉、そして、パイナップル100%の餡。そんなに期待していなかったのだが、これは相当美味しかった。大正解だ。
ちなみに、空港にあった郭元益(グォーユェンイー)のパイナップルケーキは、2個入りサイズがあり、かつパッケージが可愛かったのでちょっとしたお土産に最適だと思う。試食をしてみたが、個人的には冬瓜入りの餡よりは、100%パイナップルの餡のものの方が甘さ控えめで好みだった。パイナップルケーキは沼る要素がたくさんある食べ物だと思う。次回もまた別のお店のものを試してみよう。

牛軋糖(ニョウガータン)
本当は「糖村」のいちご味が買いたかったのだが、事前に場所などをチェックしていなかったため、代わりに(というかパイナップルケーキのついでに、ともいう)ホテル ロイヤルニッコー台北内にあるパン屋さん「Royal Bakery (老爺烘焙坊)」にてミルク味のものをゲット。抹茶と迷ったのだが。ちなみに夏には台湾産のドライマンゴー入り、というのがあるらしいので、今度は夏にいかなければ。

仙草ゼリー
昔から健康スイーツが好きで、雪耳蓮子(白きくらげと蓮の実)やカメゼリー(亀苓膏)、燕の巣に雪蛤膏のようなヘルシースイーツをよく食べに行っていた身として気になったお店「八時神仙草@台北中山」に行ってみた。スタイリッシュなデザインでとにかくおしゃれな店内。
かき氷にも惹かれたが、ここはシグネチャーである仙草ゼリーに三種類のトッピングがあるメニューをオーダーした。メニューの中に写真はなかったが、芋団子と小豆とタピオカが入ったものだ。

いやぁ、亀ゼリーの親戚...とくらいしか思っていなかったが、この仙草ゼリーは今までのものとは別物。ふるふるの食感がたまらなく美味しいのだ。トッピングはある程度ゼリーを食べてからじゃないと一緒のおわんには入れることができない。それくらいのすごくテクスチャーなのだ。すごいな。満腹だと思ったのに、気がついたら完食していた。

店内にある招き猫...君に言われなくても、また来ちゃいますよー

こちらのブログを読むと八時神仙草の素晴らしさが伝わります。
rurubu.jp

[Taipei 2024]台北で小籠包食べるなら、どこがいい?

久々の台湾旅行に来てみた。問題があったとしたら、1TWD=5円超えという、日本円の弱さか。前に遊びに来たときは、2.5円とか3円だった気がするのだが、この2円の差は大きいぞ。今までが不当に安すぎたのかしらね....。

さて、今回の旅行は二泊三日の弾丸旅行だったので時間もなく、自ずとマッサージと食べ物を中心に考える旅となった。台湾に来るとまず食べたいのが、小籠包である。今回は行動範囲を考慮して、行きたいお店を二店に絞った。

杭州小籠湯包(ハンゾウシャオロンタンバオ) @民生東路店
到着してすぐに向かったのは、どうやらビブグルマンを獲得したらしい小籠包屋さんだ。本店は中正紀念堂駅にあるらしいが、こちらの民生東路店は、松山空港からほど近いところにある。多くの種類を食べたかったので、普通の小籠包以外に、「へちまとえびの小籠包」「蟹味噌小籠包」の二つをハーフサイズで、そして、醤油味のえびチャーハンと青菜をオーダー。本当にどれも美味しかった。ランチタイムを外して15:00くらいに行ったおかげて、並ばずに入れたことも大きかった。東京にもまだ店舗がないお店だし、こちら、おすすめです。

鼎泰豊@新生店
かつての本店「信義店」は現在テイクアウト専門店になっていることを知り、今回は最近できた「新生店」へ行ってみた。本店を背にして右方向へ5分ほど歩いたあたりの斜向かいにあるのがこちらのお店。お店には280席もあるそうだが、それでも大量の人でごったがえしている。ここで怯んではいけない。


まずは、番台へ行って番号札をゲット。日本語を話す人がいるのでその方に人数を告げるとすぐに札を発行してくれる。私たちが行った時の待ち時間は100分と言われたので、そのまま東門エリアに買い物に出かけてから、1時間程度で戻ってくるとすでに自分の順番が来ていた。

オーダーはQRコード利用。お店で働く方々はとにかくテキパキとしていて気持ちが良い。食事のクオリティも高い。ここにはまた通ってしまうだろうな。

東京鹿踊ライブ 「風とう鹿」@座・高円寺


東北地方に伝わる郷土芸能、「鹿踊(シシオドリ)」は、食料としての獣への供養や感謝を芸能にしたものだという。プログラムに、宮沢賢治の「鹿踊りのはじまり」のことが書かれていて思い出したが、この「鹿踊り」と、この「鹿(しし)踊り」が同じことを指しているとは、今更ながら気がついた。
このシシオドリだが、実は様々な種類があるということで、今回は岩手県一関市舞川に伝わる「行山流舞川鹿子躍」ルーツを持つ「東京鹿踊」と、岩手県奥州市胆沢に伝承されている「行山流都鳥鹿踊」という団体の踊りを比較する機会に恵まれた。両者とも「太鼓踊系鹿踊」という系統らしく、背中にささらという、白い紙で覆われた竹を背負っていたり、鹿の冠をかぶっていたりと、一見似ている二つの団体が、細かいところや特徴が違うのだ、ということを学んだ。

ちなみに岩手の鹿踊りは、廃絶したものも含めてざっと150ほどの団体がリストアップされていた。え、多すぎる...
www.bunka.pref.iwate.jp

宮城県のものがだいたい50団体くらいか。

「鹿頭(ししがしら)」のツノの材質が必ずしも本当の鹿の角ではなかったり、頭には馬の毛がのせられていたり。


背中の「流し」にはメッセージやイラストが書かれていたり。

竹に白い紙を巻いた「ささら」は、踊り方によってつける角度が違ったり。

普段はちらりとしか見えない袴にちょっとおしゃれなデザインを見つけたり。

そもそも装束が重たそうだが、後ろに向かうささらの重みとお腹につける太鼓の重みでバランスを取っている、というのも発見だった。座・高円寺という舞台と客席の境目が薄い空間でこのような芸能が間近で見られて、楽しかった。今後は鹿踊りの見方がまた変わりそだ。

www.youtube.com

www.youtube.com

銀座でフランス郷土料理を。

先日、友人が気に入っているというフレンチに行ってきた。銀座で私でも手が届くようなフレンチといえば「オザミ」シリーズの「プティオザミ」や「オザミデヴァン」などが思い浮かんでいたが、今回のお店は東銀座寄りの裏通りにある「ビストロ・ヌガ」というところだ。ワインだけでなく食べ物も人気の店シノワの系列店らしい。

Webサイトによると、60種類を超えるフランス各地の郷土料理と毎日焼き上げる自家製パンが自慢とのことだが、いや、本当に美味しい。パンのみで満腹になれる美味しさ。そして本当になんでもある。エスカルゴはつぶ貝で代用されていたのだが、これも完璧な美味しさである。この周りに使われているソースでワインが進んでしまう。前菜だけでも楽しくて、もうメインまで行き着けなさそうだったが、どうにかブイヤベースだけをメインに注文してみた。コック・オ・ヴァン、シュークルート、ステーキフリット、グラタン・ドフィノワ、ブダン・ノワール、クスクスにカスレ...とまあ思い浮かぶフランス料理はだいたい注文できるのではないか。非常に満足感が高かった。

私には「イル・フロッタント(ウフ・ア・ラ・ネージュ)」=浮島、あるいは泡雪卵という大好きなデザートがあるのだが、もしかしてお願いしたらそれも作ってくれるかしら。これは、ぜひまた行かなければならない...という誓いとともに、このレストランを記録しておこうと思う。

[Hachinohe 2024]行きたかったなぁ、「八戸えんぶり」

福井県勝山市の春を呼ぶお祭りが「左義長祭り」なら、八戸地方に春を呼ぶのが「八戸えんぶり」だ。ガイドブックによれば、その名前は田んぼをならす「えぶり」「いぶり」という道具に由来するらしく、田んぼの神様を起こして田に魂をこめる儀式とされているらしい。

えんぶりはチームで動くものらしく、「えんぶり組」と呼ばれる。そのチームは、親方、太夫、舞子、お囃子などで構成されており、太夫という舞手が独特の踊りを踊るとか。その衣装はがっつりと柄の入った烏帽子が特徴的らしい。 全員が早いテンポで同じ踊りを踊る「どうさいえんぶり」とゆったりとした踊りをする「ながえんぶり」というのがあるらしい。プログラムにもどちらのタイプのえんぶりなのかちゃんと印がついているので、この2種類はえんぶりを楽しむ上で重要なことなのかもしれない。ちなみにこちらがPR動画だ。

www.youtube.com

www.youtube.com

祝福芸というのも同時に舞われるらしい。例えば「松の舞」のようなものを指すらしい。これは、神楽とはちょっと違うのだろうか。音がかっこいい。
www.youtube.com

毎年2/17-20という開催日は決まっており、この間は着付け体験、
えんぶり公演も毎日やっている様子だ。初日は早朝から「長者山新羅神社」というところでイベントが始まるようなので、もし行くんだったら前日に入ってみるしかないなあ。

2024年第一四半期:お気に入りの曲メモ:ココラシカ、BIBI、Ginger Root、Meaningful Stone、Twice、NiziU

2024年3月までに、気になる音楽がだいぶ溜まってきたので、一度こちらでメモ代わりに書き溜めておこうと思う。

ココラシカ“言葉に詰まる”
自分たちを「高校生ギターレス3ピースバンド」と紹介するバンドなのだが、「恋よ、踊り出せ」という曲のオープニングのエレピの感じにやられてしまった。彼らは受験でしばらく活動をお休みしていたが、最近ライブなども再開した模様だ。行動範囲とかライブの場所を見ると東京っ子だろうなぁと思っていたが、東京都立鷺宮高等学校の軽音楽部のメンバーで結成されており、2022年8月に開催された第1回 高等学校軽音楽コンテスト関東大会でなんとグランプリをとっていた! いやぁ、この「占い師」って曲もとてもかっこいい!
www.youtube.com

そして、私が気に入ってしまった曲が「言葉に詰まる」という曲だ。歌詞の初々しさも、ちょっとレトロに響くメロディラインも、そして、その切なさを表現する歌声も、もうたまらん!
www.youtube.com

ピアノとヴォーカル、作曲などもを担当している江藤幸希氏の才能がすごい。ソロでも、またインストゥメンタルでも多くの楽曲をアップしているので、チェックしていきたい。

Ginger Root "Loretta"
カリフォルニア出身のシンガソングライター、Cameron Lew(キャメロン・ルー)のソロプロジェクト。MVなども全て一人で作っているそうなのだが、全ての雰囲気がシティポップ感をうまく出していて、惚れ込んでしまった。
www.youtube.com

Loretta以外にもいい曲がたくさんあって、テンションが上がる。彼のプロジェクトを知るにはこちらのNoteをご覧いただくのが、一番の近道かな。
note.com

日テレにインタビューまでされているのか。夏フェスにも結構な割合で出演していたようだし、もうすでにだいぶ流行っているのだろうな。
www.youtube.com

彼自身の2023年ラップアップ映像も見る価値あり。音響ハウス行って細野晴臣さんやら杏里さんやらKIRINJI やら大貫妙子さんに会うのがハイライトなんて、どれだけ日本のCity Popに傾倒しているかがわかるというものだ。
Ginger Root Year in Review 2023 - YouTube

BIBI (비비) "밤양갱 /Bam Yang Gang"
この曲を偶然ネットで目にした時に、その声の可愛らしさ、それに三拍子のワルツに乗ったアイドルの曲の珍しさに惹かれて好きになった。
BIBIのことは知らず、きっとどこかのアイドルのメンバーがソロで曲を出したんだろうと思ったのだが、ソロアーティストだとは知らなかった。しかも、Yenaの"Smiley"で共演しているのがこのBIBIだったとは!  1'10"すぎから出てきます。
www.youtube.com
2015年くらいからネットで作品を発表していたところ、その才能をラッパーTASHA夫妻に見初められ、2019年にデビューしたとか。才能のある人はどんどん発表していくべき世の中だなぁ、としみじみ思う。

ところで、この曲の「パンニョンゲン」って聞こえる言葉、可愛いけれどなんだろう...と思っていたが、まさかの「栗羊羹」という意味らしい。失恋ソングのように思えるが、その別れ話の際に相手が「君は多くを求めすぎると言われた、私は甘い甘い栗羊羹さえあればよかったのに」みたいなことだと思うが、栗羊羹は韓国でそんなにメジャーな食べ物なのだろうか。それとも私が知っている栗羊羹とは別のものなのか。この曲をカバーしている人をたくさん見かけるが、これだけはBIBIのバージョンが最高だと思う。リムジンサービス(LEEMUJINSERVICE)という音楽番組にて、Bam Yang Gangを歌っているのでぜひ。
www.youtube.com

この番組内でカバーしているナッティの"Sugarcoat"をはじめ、その他の楽曲もすごくいいです。

Twice "거북이"
音楽コンテンツを手がけるDingo Musicの配信番組の一つで、アーティストのヒット曲がメドレーで楽しめる"Killing Voice(キリングボイス)"という番組に3月に出演したTWICE。さすがの活動歴で、19曲ものメドレーを披露した。どの曲も有名なものばかりで、メンバーの特徴的な歌唱力と共に楽しんだのだが、この中で知らなかった曲の一つが、この"거북이(コブギ)/カメ"という曲だ。「ウサギとカメみたいに(토끼와 거북이처럼)」私が早く行きすぎちゃったりするけれども、横にいてねーみたいな曲かしら。可愛らしい恋愛のドキドキを歌っている。バラードっぽい感じなのだが、優しいメロディで曲がすごく素敵。"Bababa Baraba Baya"というところの転調でグッと心が掴まれる。
www.youtube.com

김뜻돌(Meaningful Stone/キム·トゥットル/Kim Jimin ) "Beep-Boop, Beep-Boop"
意味(뜻)と石(돌)というお名前を直訳したMeaningful Stoneという人のこの曲に惹かれた。wiki によると、インディロックのミュージシャンで1996年にソウルのお隣、光州で生まれたらしい。こちらのWebサイトによると、"Camera in My Dreams"というシングルで2017年7月にデビュー、2019年に「韓国インディの新人の登竜門、テレビ局EBSが主催する〈ハロールーキー〉で最終5組に選出されたシンガーソングライター」として選ばれたとか。2020年にはファーストアルバム"A Call from My Dream (꿈에서 걸려온 전화)"をリリースし、2021年にはKorean Music Awardsにて「Rookie of the Year」を授与されたとか。
この曲は、そのファーストアルバムに収録されていたようなのだが、気怠い感じと歪んだ音がクセになってしまった。
www.youtube.com

NiziU "SWEET NONFICTION"
「恋わずらいのエリー」という映画の主題歌に起用されたというこの曲は、NiziUがデビューしてから「いいな」と思った曲の3曲目になった。Covid中にNizi projectを観ていたため、熱狂的なファンでなくてもメンバーの名前はもちろん全員覚えているし、曲も大体把握はしている。ただ、今まで好きだった曲は「Look at Me」と韓国デビュー曲の「Heartris」くらいだった。今回のSweet Nonfictionも、各メンバーの魅力をぎゅっと集めてハイライトしたような曲だった。ニナ、ミイヒ、リクあたりの、高音チームはもちろん、マユカやリマのの差し込んでくるラップも最高。
ここは敢えてダンスプラクティスのシンクロをご覧いただき、ゾクゾクを味わってください。
www.youtube.com

Tomita Lab "パスワード feat. 長岡亮介"
どこかで流れていた曲が良すぎて、Shazamで見つけたが、正直冨田ラボの曲と知って納得してしまった。冨田ラボは言わずと知れた名音楽プロデューサー冨田恵一で、私が大好きだったキリンジのアルバムを手掛けていたことで知った。彼の楽曲にハズレはないと思っている。一方、長岡亮介の名前を聴いてもすぐにピンと来なかったが、浮雲さん、と聞けば、東京事変のあの人だと分かった。こんなに歌声が美しい人だったのだね。
www.youtube.com

音楽との出会い方がどんどん変わってきているなぁ、としみじみ。

[Hachinohe 2024]朝市神楽というイベントがあるらしい

八戸にいる間、現地で色々なフリーペーパーを見ていたら、館鼻岸壁朝市で朝市神楽という試みがあることを知った。八戸には11の神楽団体が活動しているらしいのだが、うち一部の団体に所属する人たちが神楽の伝承のために2023年7月に八戸圏域山伏神楽再興委員会というのを立ち上げ、団体初のイベントとして「朝市神楽」をいうのを始めたそう。

日曜日まで八戸にいられなかったので、YouTubeでチェックしてみることにした。

鮫神楽というのは、「安宅関勧進帳」のような歌舞伎の題目を取り入れるなどエンターテインメント性が強い、とのこと。「墓獅子」というのが珍しいらしい。
www.youtube.com

この地域で代表的な神楽でもあるのだろうか、鮫神楽に関するドキュメンタリー番組を見つけた。
www.youtube.com


白銀神楽は、アクロバティックで「浦島太郎」という演目が特徴的。白塗りというだけでコミカルに見えるが、どう見ればいいのだろうか。
www.youtube.com

市川神楽は、「法霊神楽」とリズムが似ているらしい。
www.youtube.com

法霊神楽ってこれだよなぁ。お獅子の歯打ちのインパクトしか覚えていない私だが、この歯打ちは八戸三社大祭でおがみ神社の祭礼で行われるらしい。リズムの類似性を捉えるのは難しい。
www.youtube.com

神楽って山伏神楽、大乗神楽、大神楽など色々な系統があるらしいのだが、八戸に数多ある神楽をどう整理していいのかいまいちよくわからない。なくなっていく神楽もあれば、復活する神楽もある様子。
www.daily-tohoku.news

観光用に賑わう朝市で神楽をやるとは、いい試みだと思う。いつか朝市も神楽も観に行きたいので、こちらにメモしておこうとおもう。