狂気の金魚に魅了され。深堀隆介展 「金魚解禁 日本橋」@日本橋三越

今年のはじめだろうか、友人が、この方の作品にえらい感銘を受けて作品を買ったんだ、という話をしていた。決してお安い買い物ではないだろう。タライの中に泳ぐリアルな金魚のオブジェ作品として認識していたが、きっとさぞ魅力的な作家なのだろうとおもっていたら、ちょうど日本橋三越でこの方の展示会をやることを知り、行ってみることにした。

プロフィールによると、アーティストとして行き詰まっていた時に部屋で買っていた金魚に魅了され、金魚を描き始めたとか。金魚に救われた体験を「金魚救い」と呼んでいるとか。ひたすら金魚を描いているためか、彼のアトリエの名前は「金魚養画場」だとか。

三越の催物会場に展示されている作品はほぼすべてが販売品であったが、どれも素晴らしかった。なかでも収穫は、はじめて彼のアクリル作品の成り立ちを知ったこと。よく夏になると、透明な羊羹に金魚が泳いでいる和菓子を見かける。あれは、水に見立てた羊羹や寒天をある程度固めたところに、あんこや練り切りでつくった金魚やお魚なんかをちょうどいい位置に沈めてできる。
myrecommend.jp

あのアクリル作品も、てっきりオブジェを沈めているのかと思い込んでいたが、あれはアクリルを少しずつ流し込みながらその上に絵を描いている、というのを今回はじめて知った。なんという気が遠くなる作品! それこそ、金魚が10匹もいるような作品は、どうやっているのか。会場には、水の中に金魚だけでなく錆びた空き缶も沈んでいるような作品もあったが、あの錆びた空き缶も絵なのかしら...リアルすぎる。

残念ながら会場は撮影禁止だったので、こちらの動画などで少しでも彼が描く狂気の金魚をみていただきたい。
www.youtube.com


ちなみに、三越の1Fには会期中に深堀氏が手がけた金魚のライブペインティングが置かれていた。すごいな...色といい形といい素晴らしい。


そして、会場の隅には、深堀氏の手書きサインも。これまたもちろん金魚。インタビュー映像をみる限りでは、緻密なタイプというよりは感性の赴くままに描くタイプのようにみえるが、その作業量は考えるだに気が遠くなりそう。この方はこれからも金魚を向かい合っていくのだろうなぁ。

(旭川2022)2人で行く塩ホルモン専門店「馬場ホルモン」で学んだこと


1952年(昭和27年)に創業した、塩ホルモン発祥の店とも言われる「馬場ホルモン」へ行ってみた。なかなかわかりにくい裏通りの、雑居ビルの1F「姫小路」にあるお店だt。本当は予約ができると最高だったのだが、予約は3名からでないとできないそうなので、覚悟を決めて6時頃に並んでみる。自分たちの前に2組ほど待っていたのでどれだけ待たされるかと思ったが、回転が速いので予想よりあっさりと入店ができた。

席は座敷席とカウンター席、それにテーブル席が2つくらい。店内はなかなかの混み合い方だったが、それでも以前よりはソーシャルディスタンスに配慮していることが想像できた。換気はしてあるが各テーブルに七輪が置いてあるせいか、店内は煙が存在感出している。個人的には簡単にクリーニングできないスーツでの入店はおすすめしないかな。

言われているとおりメニューは本当になく、着席と同時に七輪が出てくる。とりあえず塩ホルモン1皿と瓶ビールをオーダーしてみた。内臓に詳しくないのでどの部位が入っている、というのは詳しくわからないが、違う部位のホルモンがお皿にのって出てくる。一緒に出てくる付け合わせは玉ねぎのみ。これを七輪で焼いてひたすら食べる。味は確かに美味しい。ホルモンが新鮮なのがよくわかるし、味付けも絶妙だと感じた。ただ、いくらシンプルで美味しくても、ホルモンだけを延々と食べ続けることはできない。だったら玉ねぎを追加すればいいのでは?と思うかもしれないが、どうやら玉ねぎだけをオーダーすることはできないみたい。玉ねぎだけを頼んでみたら断られた…

ちなみに、店内の表示をみる限りは、おにぎりを持ち込むことはOKなようだが、私が行った時間帯はだれも持ち込んではいなかった。私たちは座敷席にあった座椅子を勝手に持ってきて座ろうとしたら、お店の人に注意されてしまった。他にも、お酒を飲まない人もこのお店はつらいかもしれないから、一緒に行く人はある程度選ぶお店だともいえる。お店の方々の指示に従ってさくっと食べてから待っている人たちに席を譲り二次会に行く、というのが一番良さそうだ。

お店の様子は、こちらの方のブログが詳しいのでぜひご覧ください。
ameblo.jp

(旭川2022)旭山動物園と星野リゾートのホテル「OMO7旭川」で、動物まみれになる!

私は動物園を自ら見つけて通うほどの動物好きではないが、旭山動物園だけは一度行ってみたいと思っていた。この動物園の名前をきいて真っ先に思い浮かぶのが「行動展示」という、動物本来の能力を間近で見るための展示方法のことだった。どうしても昨年末に生まれたばかりのシロクマの赤ちゃんをみたいと願っていた友達に誘われて、旭山動物公園に行くことになったのであった。お目当ては、昨年12月に生まれたばかりのシロクマの赤ちゃん。
www.youtube.com

動物園に着いてから、フラミンゴのおりをのぞいたあと、まずは動物たちの餌やり時間(もぐもぐタイム)をチェックしペンギンのお食事タイムを見学することに。餌への向き合い方が可愛すぎる。

早寝な猛獣を見て...

人気者のレッサーパンダや...

ひぐま

(写真は撮れなかったが)有名なアザラシが行き交う円筒型の水槽もみた。

人気のシロクマは、はじめ見に行った時は親子で寝ていて動きがなかったので何度か訪問。3度目にやっと活発に動く姿をみることができた。




キリンもいたなぁ。


オラウータンはかなり近くでみることができたし、手ながざるは檻の中を自由に動いていて、みていて飽きなかった。

でも、一番衝撃的だったのは「死」に関する展示。手書きの模造紙に書かれた動物たちとの死への向き合い方を読みながら、思わず涙してしまった。言われてみればこの動物園、亡くなった動物についても檻の前に表示「喪中」表示がしてあるのだ。

素朴な動物園なのだが、檻の前にある解説を読むだけでも勉強になり、楽しかった。動物園がこんなに楽しいと思ったのはこれが初めてかもしれない。

そんな動物園をもっと堪能するためにおすすめの宿が、星野リゾート系列のホテル「OMO旭川」だ。旭山動物園をテーマにした客室を準備しており、私たちはペンギンルームに泊まった。

omo-hotels.com

とにかくペンギンづくしで、テンションがあがることこの上ない。


ホテルの下にあるサウナにも動物のぬいぐるみがたくさん置いてあって、このホテルが旭山動物園推しであることがよくわかった。このホテルに泊まったおかげで、ペンギンの種類がやたらよく理解できたことを考えると、動物園前夜は動物をテーマにした客室に宿泊してみる、というのもいいね。

(旭川2022)ジンギスカンにフラれた時の切り札になった和食屋さん

先日、弾丸で旭川に赴いた。滞在の最終日は、17時の開店と同時にジンギスカン屋に入り、1時間で飲み食いを終えて旭川空港へ行くバスへ飛び乗る計画だった。開店と同時なら予約なしで行けるだろう...と思っていたのだが、その考えは甘かった! 今回は、まだ行ったことのない「ひつじ家」を狙って開店と同時に行ったのdが、「もう予約でいっぱいです」とのこと。店内にはまだお客様の姿はなく、(当たり前か、17時10分前くらいに行ったからなぁ)1時間で食べ終わりますってその場で伝えればどうにかなったかもしれないが、粘る時間も惜しかったので、すぐにお店を出て別のお店に電話するも予約取れず。ひつじ家の隣、「銀鍵」という焼肉屋でもいいかと思ったが、開店は17時半からとのこと。

美味しいもの好きにとって、「迷いすぎてどこのお店にも入れなかった」というのが何よりも残念なことなので、私たちは今回ジンギスカンを諦め、適当なお店に入ることにした。お寿司屋さんでもよかったのだが、天金の本店脇の小道で見つけたのが、「旬魚旬菜 別家」というところ。とにかく入店して、生ビールを注文した後は、手当たり次第に注文したがどれもこれも美味すぎて唸った。魚類もさることながら、ベビーコーンや枝豆ととうもろこしのお豆腐、じゃがバターのような、野菜のアレンジ料理も素晴らしく、私たちたちは1時間でがつがつと飲み食いを終え、急いで空港行きのバス停に向かったのであった。

記録としていくつかの料理の写真をこちらに。いいお店とのいい出会いがあってよかった!

(高円寺グルメノート)高円寺出身のご主人が腕をふるうお店「創作割烹おあそび 」


先日、友人の紹介で行ったお店。何でも、ミシュラン1つ星を獲得した日本料理店「銀座うち山」で修行した料理長のお店らしい。この料理長、何でもご出身が高円寺だとか。どこの小学校だったのかとかいろいろ気になるところではある。

場所は北口の、住宅街の真ん中にある。店構えがすでに素敵だ。料理はどれもお酒にぴったりの最高のものばかりで、満足度が高かった。似たような味付けのものをうっかりオーダーした際には、店主の方がその旨指摘していただいたのもありがたかった。おかげで二人で似たような味付けのものをたくさん食べなくて済んだ! 旬のメニューが準備されていたのも嬉しい。高円寺にしては少しお高めだが、とくに日本酒好きな人にはすごく良いのではないだろうか。

この日食べたお料理の一部をメモがてら置いておく。

Kep1er の新曲"UP!"に心奪われ...早3日目。

ここ数ヶ月で、またガルプラ(Girls Planet 999:少女祭典)出身者たちが次々とデビューしている。岸田莉里花や早瀬華が参加する「ILY:1(アイリーワン)」、ソロデビューしたスー・ルイチ―川口ゆりな、そして「Lapillus」というグループには野仲紗奈がメンバーに選ばれている。いずれもその活躍が期待されるものの、私の耳はやっぱりどういうわけかKep1erにハマってしまったようだ。

こちらがこの新曲"UP!"。夏っぽくて素敵だしとてもキャッチー。
www.youtube.com

ちょっと冒頭部分がDeee-Liteの"Groove Is In The Heart"を彷彿とさせたりして、すでに心を奪われてしまった。その他の萌えポイントはというと。
サビに入る前、ダヨンに「바로 지금이야(Paro Chigumiya-まさに今でしょ)」なんて繰り返されてすっかり虜に。ラップの中に"제일 멋진 색깔로 Pick it/Yellow and blue fantastic"とある。このタイミングで黄色と青はどこかでウクライナを思い起こさせる。そういえば、Instagramかどこかでマシロとシャオティンがアイスクリームをおねだりしていたが、このシーンを撮った後だったりしたのかしら。繰り返し言葉も多くて、「Up Up Up Up Up」とか心臓の音のドキドキを示す「두구 두구 두구(Tugu Tugu Tugu)」「두근 두근 두근 (Tugun Tugun Tugun)」のような言葉の使い方も印象的だ。

メロディはキャッチーだし、何よりもみんなが明るくて元気でかわいい。こっちまで暑い夏を乗り切れそうな気分になれる。Kep1erが出してくる歌にこんなにハマれる曲が多くあるとは、嬉しい誤算だった。

Kep1erを応援するための合いの手レクチャー動画や、レコーディング動画もメンバーの魅力に溺れるいい機会なので、おすすめ。
www.youtube.com

www.youtube.com

この動画も踊りのダイナミズムがとことん味わえていいな...ああ、私どうしてしまったのだろう。
www.youtube.com

Django Reinhardt Festival Augsburg 2022


ドイツのアウグスブルクで毎年開催される音楽フェス、"International Django Reinhardt Festival Augsburg"は、その名のとおりジャンゴ・ラインハルトによって作られ広められたジプシージャズ/マヌーシュ・ジャズの祭典だ。かつては「Django Reinhardt Memorial Augsburg」と呼ばれていたが、いつの間にか"International"という冠がついて、世界中から豪華な出演者を集めるフェスへと成長した。

今年は6月3日〜5日の3日間、例年通りの会場"Parktheater Göggingen/Augsburg"にて有観客で開催されたようだ。国際的に活躍するジプシージャズ/マヌーシュ・ジャズの出演者も多く、今回のプログラムをみると、Johnny Rosenberg、Mozes Rosenberg、Sani van Mullemで構成されるThe Rosenbergs、Samson Schmitt、Andreas Varady、Ludovic Beier、Sandro Roy、Frank Wolf、Gismo Graf、Gino Roman、Ulf Wakenius、Paulus Schäfer...出身国なんて気にならないほど国際的に活躍するミュージシャンが名前を連ねている。

ワークショップも開催されているのが、講師としてアサインされているのが、ヴァイオリンにサンドロ・ロイSandro Roy、アコーディオンにリュドヴィック・ベイエLudovic Beier、ギターにサムソン・シュミットSamson Schmittという陣容。50ユーロでこれらのトップアーティストに指導をもらえるなんてまたとないチャンスだろう。

本当は現地に行きたいところだが、今回本フェスの主催者がライブ映像を積極的に公開している。
www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

音を聴くだけでテンションあがる。いや、そもそもWawau Adlerなんて出演者リストに入っていないのになぜ出演動画があるのか。まさか飛び入りじゃないよなぁ。Radio Djangoというグループは初めて知ったので今度もう少しバンドの情報をチェックしてみようっと。
Die Künstler 2022

まだまだ今後も豪華出演者のライブ映像が公開されることが予想されるし、思わぬ出演者を拝むことができるかもしれないので、今後もぜひ確認していきたい。

本フェスの過去情報はこちらをどうぞ。
asquita.hatenablog.jp

asquita.hatenablog.jp

asquita.hatenablog.jp