Carnet du voyage

[Uruguay 30 days]ウルグアイで古着屋・ヴィンテージショップめぐり

季節が真逆ということとその場の雰囲気もあり、日本から持ってきた夏服がいまいちしっくり来ないというか、着たい気分にならない。そんな時、お世話になるのが古着屋さんだ。一点ものが多いので、眺めているだけで楽しい。地図で"Second Hand Store(Segunda …

[Uruguay 30 days]トランジット時間の過ごし方:ダラス・フォートワース国際空港DFW、マイアミ国際空港MIA、トクメン国際空港PTY

思い返すと、人生で2度のトランジットをしたことなどほとんどないのではなかろうか。でもウルグアイに行くならそれしか選択肢がないのだ、仕方がない。しかも、予定が思いっきり狂って3回もトランジットする羽目になった。ここでは、各空港での過ごし方をメ…

[Uruguay 30 days]ウルグアイに行ってみよう!準備編

ひょんなことから昨年末にウルグアイに行くことを決めた。親友がウルグアイ在住なので、引っ越してしまう前に来ない?と誘われたのだ。ウルグアイは南半球で、12月〜2月はちょうど夏のシーズン、かつ、この時期はカーニバルもあり、観光するには最高の時期ら…

[小浜島 5 days 2022]はいむるぶしの外にもご飯を食べに行ってみる

はいむるぶしの中だけで楽しむのももちろんいいのだが、ぜひ宿の外にもご飯を食べに行きたいところ。お店によっては、ホテルからの送迎ありなのが嬉しい。 1. Bob's cafe 小浜島の港から徒歩1分くらいのところにあるハンバーガーが売りのカフェ。ランチしか…

[小浜島 5 days 2022]小浜島のリゾートホテル「はいむるぶし」の楽しみ方 #1

「はいむるぶし」...沖縄の言葉で「南十字星」を意味するらしい名前がついた、小浜島のこのリゾートに5日間仕事をしながら滞在した。すぐ外に街があるわけでもない、滞在型リゾートといえるこのホテルの楽しみ方を書いておこうと思う。ちなみに、訪問したの…

[小浜島 5 days 2022]まぐろ専門居酒屋ひとし本店で、地元の海鮮を堪能。少人数でも楽しめるのが嬉しい

小浜島から戻ってくる時、どうしても石垣島を通過する必要がある。ただ、石垣島というのはとても魅力的な島であり、単なる通過地点にするのはもったいないので、やはり石垣島では最後の食事を楽しみたい! JAL974便、19時半発のフライトに乗るなら、19時には…

[小浜島 5 days 2022]石垣島で昼からワインが飲めるイタリアン「Azzurra」

今回は小浜島の「はいむるぶし」というホテルでワーケーションをする旅をした。ただ、この小浜島に行くには、飛行機で石垣島に上陸してから、石垣島の離島ターミナルへ行き、さらに30分ほど船に乗っていかなければならない。途中の石垣島でランチでも食べた…

[金沢食い倒れ旅 2022]茶屋街とその周辺ぶらぶら

食い倒れ以外の時間に散歩した場所のメモ。たくさん食べるために、とにかくあちこちよく歩いた。今回はバスを一切使わなかったな。にし茶屋街 ここは、ひがしに比べると少しこじんまりしていて好きだ。ここでは、「金沢市西茶屋資料館」にて、「地上」という…

[金沢食い倒れ旅 2022]とにかく香箱蟹を食べまくる!

いつの日か、金沢で香箱蟹を食べることが習慣化しつつある。2022年も、香箱蟹をテーマに居酒屋を選んでディナーをした。ここに、今年の香箱蟹攻略の記録をメモしておこうと思う。 asquita.hatenablog.jp普通に蟹を食べるとなったら「魚よしかに吉」のような…

[金沢食い倒れ旅 2022]味噌ラーメン専門店 麺屋 大河で最高のラーメンを!

いくら食い倒れ旅とはいえ、毎日居酒屋ばかり行くんじゃどうしても飽きるというものだ。そこで、旅の合間にラーメン屋に行くことにした。本当はあっさりした煮干系のラーメンに行きたかったのだが、中心地からちょっと離れた場所にあってアクセスが悪かった…

[金沢食い倒れ旅 2022]近江町市場を散策する

年が明けたというのに、まだ昨年の写真の整理もできていない体たらく。まったく新年の気配がないネタだが、ライフログとして記録を残しておこうと思う。というわけで2022年の末に、毎年恒例になってきた金沢旅に行ってきた。まずは近江町市場へ。近江町市場…

[大阪・京都2021-2022]お笑いライブをみるのも大阪らしくてまたいいか@道頓堀

新宿あたりを歩いていると、よくルミネtheよしもとの客引きに遭遇するが入ろうと思ったことはなかった。私でも知るようなお笑い芸人が出演していることもあるし大変惹かれるのだが、こっちは用があって新宿に来ているのだ。いきなりそんな時間が取れるわけな…

[大阪・京都2021-2022]あこがれの「みんぱく」へGo!!! その2  音楽コーナーが楽しい

先日、あこがれのみんぱくに行ったところ、楽しすぎてとてもじゃないが全部をみることができず、閉館時間になってしぶしぶこの地を後にした私のメモをこちらに残しておきたい。みんぱくは音楽コーナーも大変充実しており、このコーナーをみながら色々な音楽…

[大阪・京都2021-2022]あこがれの「みんぱく」へGo!!! その1

世界の諸民族の社会と文化に関する情報がこれでもかというくらいそろっている、国立民族学博物館。かつて民俗芸能か何かの特別展示のことを偶然知って行こうとしたら大阪にあったことを知った衝撃は忘れない。以来ずーーっと行きたいと思っていたのだった。7…

[大阪・京都2021-2022]せんちゅうバルにて昼からワイン!「ワインスタンドしゃぶちん」

大阪モノレールに乗ると必ず通りかかる、千里中央駅。ここからすぐ、あるいは北大阪急行 千里中央駅の改札を出てすぐのところに、素晴らしいショッピング街...いや飲み屋街が広がっている。はじめは「小腹がすいたからちょっとたこ焼きでも食べよう」という…

[大阪・京都2021-2022]お安くお酒を呑むなら十三(じゅうそう)エリアはいかが?

阪急電鉄に乗って、十三(じゅうそう)という駅に連れてきてもらった。昔の大阪を知る人には「そこ、ちょっと歓楽街じゃない?」などと聞かれてしまうようなエリアだが、魅力的な飲み屋さんがたくさん集まるエリアであった。 この日友達に連れてきてもらった…

[沖縄せんべろツアー2021-2022]牧志の公設市場周辺でお得に過ごす昼と夜

牧志の公設市場周辺は、これまた美味しいお店の宝庫なのだ。ここでは、昨今訪れてすごくよかったお店をメモしておこう。◆名嘉鮮魚店 「のうれんプラザ」という場所には魅力的なお店がたくさんある。なかでも私が惹かれたのがこちらのランチ。お寿司に天ぷら…

[沖縄せんべろツアー2021-2022]栄町市場のせんべろメモ

安里(あさと)駅付近にある栄町市場のせんべろをここにメモしておこうと思う。◆全色(フルカラー)市場店 本店が有名らしいのだが、この日いったのは「市場店」というところ。外の四人席でせんべろセットを堪能した。そして、せんべろ以外に、串焼きと「パ…

[沖縄せんべろツアー2021-2022]あの「首里劇場」に行ったんだよレポート

2021年3月のせんべろツアーの際、私は友人たちと連れ立って「海の彼方」という映画を首里劇場に観にいった。首里駅から徒歩10分くらいの住宅街にある映画館は、沖縄最初の映画館であり劇場でもある。戦後初の屋根つき映画館として営業を開始したが、映画館低…

[沖縄せんべろツアー2021-2022]沖縄でミャンマーを感じるせんべろ2軒

こちらの記事によれば、沖縄には400人以上のミャンマー人が住んでいるとか。ミャンマーの民主化を願う、在沖縄ミャンマー人会というのまであり、積極的にイベントなどを開催しているようだ。 ryukyushimpo.jpというわけで、ミャンマー料理のせんべろをこちら…

[沖縄せんべろツアー2021-2022]那覇で台湾三昧。「金壺食堂」で朝ごはんをして、「台湾茶屋」でコーヒーを飲む

ここ二年ほどの沖縄旅は、飲み屋に詳しい友人たちに飲み屋さんに連れていってもらいまくる旅が主流だ。そこで、今回はその旅をまとめて記録しておこうと思う。◆金壺食堂 台湾の精進料理、いわゆる台湾素食をバイキング形式で食べられるお店。朝8時からオープ…

(道後温泉 2022)道後温泉芸術祭「道後オンセナート」が楽しい

今年の春先のこと、しまなみ街道に行く時に愛媛県松山市を通りがかり、そこではじめて道後温泉は松山市からすぐのところにあることを知った。 asquita.hatenablog.jp道後温泉といえば、日本三代古湯に数えられるほど歴史のある温泉として知られるが、真っ先…

(島鳥3 days) 安来節演芸館に行ってみた!

松江空港に向かう途中に見つけたのが、この「安来節演芸館」というところだ。パンフレットによると、安来節は徳川中期に出来上がり、大正から昭和にかけて全国に広まった民謡だ。世の中では「どじょうすくいの音楽」ということで有名かもしれないが、実は女…

(島鳥3 days) 植田正治写真美術館に偶然出会う。「3つのキーワードで探る 植田正治の世界」

植田正治の写真に初めて出会ったのは、いつのことだったか。鳥取砂丘で家族を総動員して撮影した写真がすごく印象的で、その話を当時の職場の上司にしたところ、植田氏の著書をいただいたのだった。 ただ、当時この方が鳥取県境港市生まれだということは認識…

(島鳥3 days) 富士山に続き、大山(鳥取県)に登ることになった話。

山が好きとか得意だとか、ましてや登りたいなどといったことは一度もない。なのに、なぜか周りの人は私を山登りに誘ってくる。「お前の体力なら大丈夫だ」と。おかしいな...まあとにかく、そんなわけで大山(だいせん)という山にやってきた。鳥取県にある標…

[島旅2022]八丈島編:本当に八丈太鼓が聞こえてきた!

NPO法人八丈島移住定住促進協議会が定期的に発行する「八丈島くらし通信」は、島の移住や定住を促進するために、島の魅力や名物、おすすめのご飯、移住した人の体験談などが掲載されている冊子だ。この8月号(Vol. 12)の特集のひとつが八丈島太鼓であり、「八…

[島旅2022]八丈島編:のんびり過ごせる、眺めが素敵なスポット発見。

今回の旅でのんびり過ごすことができた場所の記録を。◆空間舎 in Long Beach 1983 南原千畳敷海岸の近くにあるカフェは、森の中にいきなり現れる蝶々飛び交う楽園という感じ。最寄りのバス停からも20分くらい歩く距離だというので、タクシーでこちらのカフェ…

[島旅2022]八丈島編:温泉は3ヶ所制覇!!

八丈島には、中心街から離れた3地区(樫立、中之郷、末吉)に温泉が7つもある。地熱発電所があるくらいだから、地下の熱量がすごいのだろう。今回は、島にある3つの温泉を制覇したので、ここにメモをしておこうと思う。◆末吉温泉「みはらしの湯」 バスの…

[島旅2022]八丈島編:島食材を使ったご飯の記録

人生2度目の八丈島旅にやってきた。前回八丈島に行った際は、行きの天候が荒れていた関係で完全に船酔いをして調子が悪かった記憶があったため、今回ははじめから飛行機を使用。今回の旅は「ワーケーション」という名目のもと仕事中心の過ごし方をしたのでそ…

若さも運動神経もない或る女性の初富士登山記録とその振り返り(2022年9月)

ここ数年、富士登山はインバウンド、つまり海外旅行客の間でも人気の旅先となっていて、ものすごい混雑だという話はきいていた。登山者は30万人近いとか。とくに8月はものすごい混みっぷりらしい。ところがここ数年はコロナの影響で登山者の数が減っていると…