オイシイオミセ

[島旅2022]八丈島編:島食材を使ったご飯の記録

人生2度目の八丈島旅にやってきた。前回八丈島に行った際は、行きの天候が荒れていた関係で完全に船酔いをして調子が悪かった記憶があったため、今回ははじめから飛行機を使用。今回の旅は「ワーケーション」という名目のもと仕事中心の過ごし方をしたのでそ…

(Amtrak Trip 2022)オイスターバー、Hog Islandの2店舗食べ比べ。

サンフランシスコのフェリーターミナル内に、ずっと気になっているレストランがあった。Hog Islandというところ。店の半分がオープンエアなので、港付近を散歩するだけで美味しそうに生牡蠣を食べている人たちを眺めることになり、コロナ前からずっと気にな…

(旭川2022)2人で行く塩ホルモン専門店「馬場ホルモン」で学んだこと

1952年(昭和27年)に創業した、塩ホルモン発祥の店とも言われる「馬場ホルモン」へ行ってみた。なかなかわかりにくい裏通りの、雑居ビルの1F「姫小路」にあるお店だt。本当は予約ができると最高だったのだが、予約は3名からでないとできないそうなので、覚悟…

(旭川2022)ジンギスカンにフラれた時の切り札になった和食屋さん

先日、弾丸で旭川に赴いた。滞在の最終日は、17時の開店と同時にジンギスカン屋に入り、1時間で飲み食いを終えて旭川空港へ行くバスへ飛び乗る計画だった。開店と同時なら予約なしで行けるだろう...と思っていたのだが、その考えは甘かった! 今回は、まだ行…

(高円寺グルメノート)高円寺出身のご主人が腕をふるうお店「創作割烹おあそび 」

先日、友人の紹介で行ったお店。何でも、ミシュラン1つ星を獲得した日本料理店「銀座うち山」で修行した料理長のお店らしい。この料理長、何でもご出身が高円寺だとか。どこの小学校だったのかとかいろいろ気になるところではある。場所は北口の、住宅街の真…

[福岡散策2022]朝型から夜型へ変身! 中華そば「月光軒」の移転先に初訪問

中洲川端にある美味しかった中華そば 月光軒 (ムンライケン)。コロナがきっかけだったのか、当時はモーニングラーメン、つまり7時半からスープがなくなるまでの営業をしていた。週末のブランチにこちらのラーメンを初体験し、その美味しさに衝撃を受けたの…

[福岡散策2022]春吉エリアにある炉端焼き人気店、炉ばた三光橋& 炉ばた雷橋

福岡で炉端焼きの人気店に行く機会があったので、こちらは個人的なメモとして残しておこうと思う。両方とも目の前で食材を焼いてくれるスタイルのお店で、日本酒のメニューが豊富なところが魅力的だ。三光橋のほうがより店内が狭くてカウンターに人がぎっし…

アジアンなぶっかけご飯を楽しむ〜ナシチャンプル(Nasi Campur)と ナシカンダール(Nasi Kandar)

アジアンなぶっかけご飯を連続で楽しむ機会に恵まれたのでここにメモしておこうと思う。モンゴ・モロ@新宿御苑前 こちらはインドネシア、ジャワの「ナシ・チャンプル」を食べさせてくれるお店だ。大久保に合った店舗が新宿御苑に移動してきたらしい。何せ間…

酒 秀治郎@恵比寿に行ってみた

予約困難なお店に誘われて行ってみた。このような機会があるたびに、胃袋が上手でお酒も飲める自分の状態に感謝している。お店に行くと「グラニースミス」のクッキーか何かのチラシがおいてあり、初めて「ああ、ファンゴーの方が携わっているお店なのだ」と…

[福岡散策2022]うどん県でまたまたうどんを食べる「博多あかちょこべ」

ひょんなことから、福岡に行くたびにうどん屋に行くことを目標にしている。 asquita.hatenablog.jp今回は前から気になっていた、川端商店街からほど近く、櫛田神社のはす向かいにあるお店、「博多あかちょこべ」へ。なんでも、うどん居酒屋の走りと言われて…

[福岡散策2022]博多炉端 魚男 (フィッシュマン)でテンションあがる食体験

地元で流行りのお店を教えていただき、行ってみた。こちらのお店のウェブサイトがオウンドメディアのような「読ませる」構成になっており、訪問前から期待が高まるというものだ。 【福岡市】博多炉端FISHMAN・魚男客層は比較的若いように見受けられた。席に…

[福岡散策2022]うどん県でまたまたうどんを食べる「かろのうろん」

福岡がうどん文化であるという話をきいて以来、なるべく福岡では隙を見つけてうどんを食すようにしている。狙うのは、東京に店舗がないお店だ。今まで行ったのは、「東筑軒(とうちくけん)」「資さんうどん」「博多綱場うどん しん田」あたり。承天禅寺とい…

[福岡散策2022]鍋割烹 博多奥堂(はかたおくのどう)でジビエを堪能

博多奥堂は、「福岡有害鳥獣対策猟友会」の代表が仕切る料理屋さん。ジビエって獲物の仕留め方やその後の下処理で味が大きく変わるというので、狩猟のプロが自ら腕を振るうなら美味しいに違いない...ということで連れてきてもらったお店だ。お店があるエリア…

[福岡散策2022]福岡空港の「竹乃屋」で、飛行機眺めてまったり

中洲川端駅からすぐのところにある川端商店街にもある居酒屋「竹乃屋」。元々は焼き鳥屋だったのだが、ウェブサイトをみると現在は居酒屋やダイニング、ビストロ、トンカツやなど、さまざまな業態で九州を中心に展開している様子が窺える。 外食 | 株式会社…

[福岡散策2022]さようなら、新生飯店。名物のちゃんぽん+皿うどんを食す

福岡は天神エリアの大規模再開発プロジェクト「天神ビッグバン」。本プロジェクトは着々と進行しており、天神交差点から半径約500m圏内の老朽化したビルは次々と最新型のビルに建て替わるなか、一箇所だけ昭和の雰囲気を残した箇所があった。高層ビルの間で…

[福岡散策2022]うどん県でまたうどんを食べる〜「うどん和助」

先日、福岡在住経験が2度もある方に、福岡がうどん文化であるという話をきいて以来、なるべく福岡ではうどんを食すようにしている。今まで行ったのは、「東筑軒(とうちくけん)」「資さんうどん」「博多綱場うどん しん田」あたり。承天禅寺というお寺の境…

[加賀温泉郷 3 days]温泉旅館のご飯に飽きたらこちらはいかが?

加賀温泉郷にやってきた。本当は小松空港経由で別の場所に行く予定だったのだが、コロナでイベントが中心に。飛行機は格安プランだったので今更キャンセルしても高いお金がかかる。だったら、小松空港から近い温泉に行ってしまおう、と思ったのだった。小松…

荻窪で本気のマレーシア料理を食す@ 馬来風光美食(まらいふうこうびしょく)

近年は、海外の料理を日本で思いっきり楽しむ仲間たちと、旧正月の時期に「イーサン(魚生)」をやるのがブームだ。イーサンは、マレーシアやシンガポールで食べる、いわば新年の特別料理のようなもの。生魚が入っており、「魚」とか「生」という言葉に、豊か…

「Betterave Bistro Jiro 」でウクライナ料理を食べてみる@代々木公園

ロシアとウクライナの問題が世界に衝撃を与えるまで、両国のことをあまり理解していなかった。それこそ、位置関係から、その面積から...地図をみただけで、ロシアという国がこんなに大きくて、ウクライナという国も、意外に大きいことに気が付く。ウクライナ…

[福岡散策2022]豚ステーキ 十一 にて、念願の豚ステーキを。

こちらのウェブサイトによると、福岡市は1世帯当たりの鶏肉の消費支出額県庁所在都市ランキングで1位。水炊きなんかも有名だし、非常に納得のグラフだろう。 なのになぜ豚肉を食べたかったかというと、福岡に2度も暮らしたことがある友人がこのお店を強く勧…

[福岡散策2022]サバをとにかく堪能できるお店。

サバには寄生虫がいるので生食はしない。東京で食べるサバは焼き魚以外だと「シメサバ」が定番だが、福岡に行くと「ゴマサバ」のように生のままサバを食べる文化にぶち当たる。そして、これがものすごく新鮮でおいしい。日本海側の寄生虫は内臓の外に出ない…

[福岡散策2022]中洲川端駅周辺のうまいものメモ、その2(ランチ編)

先日、こんなふうにして中洲川端駅周辺のご飯屋さんをまとめ出したものの、いや、本当にキリがない。 asquita.hatenablog.jpそして素敵なラーメン屋さんも発見したのだが... asquita.hatenablog.jp1週間ほど前にお店の前を通りかかったら、なんとびっくり、…

神楽坂での特別なディナー体験ができる2軒

すごく美味しいけれども予約が非常に難しいお店に連れていっていただく機会があったのでここに記録を残しておこうと思った。両方とも、友人のお誘いで貴重な機会をいただいた、という感じだ。 SECRETO 予約してくださった方曰く、3年前の予約だとか。どれだ…

黒糖焼酎の品揃えがすごい! がらり@千駄ヶ谷

友人が見つけてくれた、こちらのお店に行ってみた。ロンハーマンの並びにある古民家がお店になっている。奄美群島の黒糖焼酎が売りだという話だったのでてっきり料理も島料理を期待したが、そういうことではなかった。ちなみに島料理ってこんな感じ。 enjoy-…

[福岡散策2021]「アラカブ」の顔の醜さに喜ぶらしい神様にびっくり...志賀島の魚は確実に美味しい!

志賀島には志賀島漁港と弘(ひろ)漁港という、二つの漁港がある。ここで獲れる魚の情報をみてみると、ヒラメ、タイ、イシダイ、オコゼ、クエ、トラフグ、皮ハギ、アンコウ、アラカブ、メバル、イサキ、カレイ、キス、サワラ、アオリイカ...サザエやウニなん…

[福岡散策2021]志賀島への小旅行は、期間限定牡蠣小屋での腹ごしらえでスタート。

福岡からすぐに行ける離島のひとつに志賀島がある。昔、日本史の教科書で習った「漢委奴国王」と書かれた金印の出土した島だ。遠方の島だと思っていたのだが、実は博多の街から船やバスですぐ行ける距離だと知り、行ってみた。ちなみにバスなら博多の街中か…

[福岡散策2021]とんこつ王国で敢えて醤油ラーメンを!「中華そば月光軒(むんらいけん)」

川端商店街を櫛田神社方面に歩いていると、右手にみえてくる看板がこちら。 ただし、「げっこうけん」ではなくMoon Light Noodleということで「むんらいけん」と読ませるらしい。店主の望月学さんという方は、過去にも人気ラーメン店を立ち上げたことがある…

[福岡散策2021]中洲川端駅周辺のうまいものメモ、その1

仕事で博多に赴任した東京人は口々にその食文化の豊かさを褒めまくる。私もそんな恩恵に預かったので、その一部をここにメモしておこうと思う。またリピートできるように... 海鮮屋 はじめの一歩 中洲店 博多駅近くにもある人気店の2号店が中洲川端にあると…

[弾丸金沢 2021]四知堂(スーチータン)で台湾を感じる

すごく素敵な台湾料理のお店があると友人にきいて、行ってきた。店舗は、大正時代に油・塗料問屋だった「森忠商店」の社屋を再利用したところであり、その佇まいからしてすでにお洒落だ。詳細なレポートはこちらをどうぞ。 food-japon.com私はまずランチを食…

[弾丸金沢 2021]とにかく香箱蟹を食べまくるためだけの旅

実はここ数年、毎年クリスマス前後は金沢で過ごす習慣がついていた。ところが、だ。コロナになってから、なんとなく金沢の友人たちに遠慮してしまい、昨年は金沢に行くことが叶わなかった。そこで今年は久々に金沢への旅を実現させることにした。友人には連…