コルシカ生まれのギタリスト、Fanou Torracintaの新しいマヌーシュ・ジャズ

近年、旅に行きすぎたのと、K-popにかまけすぎてなかなかマヌーシュ・ジャズ関連情報がカバーできなかったのだが、最近ちょっといいなぁと思ったミュージシャンがいたのでこちらに記録しておこうと思う。ウェブサイトによると、Fanou Torracinta(ファヌー・…

「実験工房の偉業」内山貴博フルートリサイタル@両国門天ホール 

「実験工房の偉業」というタイトルのコンサートへ行った。 実験工房というのは、美術家と音楽家を中心としたメンバーからなる総合芸術グループのことで、1951年から57年くらいまで存在したらしい。 bijutsutecho.comその結成メンバーであり、武満徹さんと現…

きゅうり3本を美味しい漬物に!

夏といえばきゅうり。いつも浅漬けの素と昆布に漬けて食べているが、たまにちょっと塩辛くて気になることがある。そんなときに見つけたのがこちらのレシピだ。まずはきゅうりを適量の塩で揉んで水気を出してから、以下の材料を混ぜたものに漬け込む。 醤油小…

郡上おどりin青山。「GJ8マン音頭」をがちで踊るゆるキャラを眺める

ものすごく久々に「郡上おどりin青山」に行ってきた。岐阜県の城下町である郡上八幡で400年にわたって続けられている郡上おどりは国重要無形文化財に指定されている盆おどりで、7月から9月まで32夜、そしてお盆の4日間は徹夜で踊ることで有名なお祭りだ。そ…

Tokyo City Pop Lounge@BAROOM。chihiROと香坂みゆきの歌声に惚れる

友人に誘われてシティポップをJiLL-Decoy associationのchihiRoさんがカバーしていく、というライブに行ってみた。JiLL-Decoy association、通称「ジルデコ」は20年ほどジャズやファンクのバンドとして活動していたが、最近活動休止中とか。今回はボーカルch…

山西亭@東新宿にて、粉もの祭り!

東新宿から徒歩5分くらいのところにある「山西亭」は、刀削麺をはじめとした山西省の名物が食べられるお店だ。ハニカム構造になっている麺に興味があったので今回訪問してみた。 その前に山西省ってどこなのか。 中国の山西省は中国の北部にある省であり、世…

新ばし芸者が集うイベント「第99回 東をどり」@新橋演舞場

普段全くご縁のない花柳界にをのぞけるいい機会ということで、5月某日、初めて「東をどり」に行ってきた。大正14年に始まったというこのイベントは、来年で100回を迎えるイベントでもある。当日は、ビールの飲み比べ、シャンパン(しかもドンペリ)のブース…

新潟ワインコーストの過ごし方〜カーブドッチを中心的に

先日、やっと念願叶ってカーブドッチ(Cave d'Occi)に行ってきた。あいにく何も調べずに行ってしまったので、今後の反省を込めて、色々なことを調べてみた。次回の旅に役立てるぞ!1. 内野駅からカーブドッチまでの交通手段 カーブドッチワイナリーの送迎バ…

ラオス観光年で盛り上げたい。ラオスフェスティバル2024@代々木公園。

2007年より開催されているラオスフェスティバルに今年も行ってきた。私が初めて行ったのは、2007年から3年ぶりに開催されたという2010年だったのだが、その時は、せっかくラオスの有名アーティストが招聘されているのに、ブースは必ずしもラオスと関係のある…

[Seoul GW 2024]永登浦(ヨンドゥンポ)はソウルの五反田? ディープな地元ライフを満喫

最近は仁寺洞に宿泊することが多かったのだが、今回はちょっといつもと異なるエリアを選んでみた。永登浦(ヨンドゥンポ)という場所だ。駅の地下街はちょっと庶民的だなぁと思ったが、地下鉄の改札口を出てからまず目に入るのは、ロッテ百貨店の地下街なので…

オルリー空港からリスボンまでを車で走るロードムービー"La Marginale"(2023年、仏)

www.youtube.com2023年5月に公開された、フランク・シミエールFrank Cimiere監督によるロードムービー「ラ・マルジナル」。オルリー空港に住むホームレス女性ミシェルが、空港で働くダウン症の青年テオと出会って、ひょんなきっかけから息子を探すためリスボ…

「團菊祭五月大歌舞伎」 夜の部。菊之助の政岡、松緑の富蔵、牢屋敷が暗いのに楽しい

母の日にお馴染みの團菊祭鑑賞、何年ぶりかな。 伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ) 菊之助演じる政岡が初めて、茶道の手法で米を炊く「飯炊きの場」に挑むのが今回の目玉でもあるらしいが、初見の私にはそこへの感動というよりは、全体的な菊之助の存在感…

[Seoul GW 2024]ソウルの塩パン、食べ比べ!

ソウルで大人気のLondon Bagel Museumを手がけた方が新たにブランドを担当しているという安国にある塩パン専門店、「Artist Bakery」に立ち寄ってみた。ところが、なんと2時間待ちで、テイクアウトだとしてもかなり並ぶと言われてしまったので、購入は諦めた…

[Taipei 2024]買い物するならセレクトショップへGO!  「神農生活」「你好我好」

台湾のスーパーマーケットに行くなら、台湾ビール工場の通り、南京復興から徒歩10分くらいのところにある大潤發/RTマート (中崙店)を迷わずおすすめしたい。乾麺からお菓子類まで品揃えがとにかく違う! ただし、その前の欲しいもののアタリをつけたいではな…

[Taipei 2024]鹹豆漿(シェンドウジャン)、SNOOPYコンビニ、朝市場...善導寺駅が楽しい

善導寺駅に駅に用事があるとしたら、朝ごはんとして「阜杭(フーハン)豆漿」に行くことだろうか。というわけで、10年以上ぶりにこの駅エリアにやってきた...のだが、大通りから見える大行列に恐れ慄いた...もしかしてこれは...朝ごはんの行列か! いくら美…

[Taipei 2024]週末も空いている魯肉飯店「丸林魯肉飯」

松江南京駅にある「梁記嘉義鶏肉飯」というお店で、中国語もわからないのに鶏肉飯(ジーローファン)定食を食べるが大好きで、昔から台湾旅行のたびに必ず訪問していた。コロナ中にお店もリニューアルしたとかで、久々の台湾でここに行くことをどんなに楽し…

[Taipei 2024]台北で絶対に食べたいスイーツ屋さんへ。

二泊三日の台北弾丸旅は、食べ物重視のスケジューリングとなった。それこそ、一日5食くらい食べるような勢いだ。今回はこちらに、次回も行きたいと思っているスイーツ屋をメモしていこうと思う。豆花(ドウファ) 豆乳で作られたふるふるとした食感のお豆腐…

[Taipei 2024]台北で小籠包食べるなら、どこがいい?

久々の台湾旅行に来てみた。問題があったとしたら、1TWD=5円超えという、日本円の弱さか。前に遊びに来たときは、2.5円とか3円だった気がするのだが、この2円の差は大きいぞ。今までが不当に安すぎたのかしらね....。さて、今回の旅行は二泊三日の弾丸旅行だ…

東京鹿踊ライブ 「風とう鹿」@座・高円寺

東北地方に伝わる郷土芸能、「鹿踊(シシオドリ)」は、食料としての獣への供養や感謝を芸能にしたものだという。プログラムに、宮沢賢治の「鹿踊りのはじまり」のことが書かれていて思い出したが、この「鹿踊り」と、この「鹿(しし)踊り」が同じことを指…

銀座でフランス郷土料理を。

先日、友人が気に入っているというフレンチに行ってきた。銀座で私でも手が届くようなフレンチといえば「オザミ」シリーズの「プティオザミ」や「オザミデヴァン」などが思い浮かんでいたが、今回のお店は東銀座寄りの裏通りにある「ビストロ・ヌガ」という…

[Hachinohe 2024]行きたかったなぁ、「八戸えんぶり」

福井県勝山市の春を呼ぶお祭りが「左義長祭り」なら、八戸地方に春を呼ぶのが「八戸えんぶり」だ。ガイドブックによれば、その名前は田んぼをならす「えぶり」「いぶり」という道具に由来するらしく、田んぼの神様を起こして田に魂をこめる儀式とされている…

2024年第一四半期:お気に入りの曲メモ:ココラシカ、BIBI、Ginger Root、Meaningful Stone、Twice、NiziU

2024年3月までに、気になる音楽がだいぶ溜まってきたので、一度こちらでメモ代わりに書き溜めておこうと思う。ココラシカ“言葉に詰まる” 自分たちを「高校生ギターレス3ピースバンド」と紹介するバンドなのだが、「恋よ、踊り出せ」という曲のオープニングの…

[Hachinohe 2024]朝市神楽というイベントがあるらしい

八戸にいる間、現地で色々なフリーペーパーを見ていたら、館鼻岸壁朝市で朝市神楽という試みがあることを知った。八戸には11の神楽団体が活動しているらしいのだが、うち一部の団体に所属する人たちが神楽の伝承のために2023年7月に八戸圏域山伏神楽再興委員…

[Hachinohe 2024]陸奥湊駅で朝からちょい呑み〜駅ナカ酒場 62371◎ (ムツミナト)

陸奥湊駅は市場の街だ。陸奥湊駅前朝市、八戸市魚菜小売市場、そして有名なみなと食堂、日曜日だったら館鼻岸壁朝市という巨大朝市もあるという。では、八戸にいて、平日かつ寝坊しちゃった場合はどうすればいいのか...迷ったものの、八戸市魚菜小売市場が15…

[Hachinohe 2024]「八戸ブイヤベースフェスタ」に行ってみた

青森県八戸市は水産物が豊富なことで有名だそうだが、それを大いに生かしたフェスがある。それが毎年2月から3月にかけて行われる、「八戸ブイヤベースフェスタ」だ。ブイヤベースといえば、フランスのマルセイユの郷土料理として有名だ。マルセイユではあま…

フランス、モゼル県で開催される「Festival de Jazz Manouche Forbach」が完全復活!

フランスの東、ドイツ及びルクセンブルク大公国と国境を接するモゼル県フォルバックForbachにて2018年から始まったマヌーシュ・ジャズ・フェスティバル「Festival de Jazz Manouche Forbach」。 asquita.hatenablog.jpコロナの期間中は開催を見合わせていた…

[NZ 2024]ウェリントン行くならヴィンテージショップを巡るべし。

Wellingtonに寄ったのは、正直なところ、観光のためというよりは、「南島に行くためのフェリーに乗るため」。首都とはいえ、期待もしていなかった。ところが、これが予想外に良い街だったので、こちらにメモをしておきたい。何がよかったかというと...1. 「…

[NZ 2024]NZワインの8割以上が生まれるマールボロ地方でワイナリー三昧

NZワインの8割以上が生まれるというマールボロ(Marlborough)地方に行ってきた。その拠点となる場所、ブレナム(Blenheim)に宿泊し、そこから合計6つのワイナリーへ行って来た。こちらにはその全てを記録しておこうと思う。Saint Clair Family Estate 家族…

[NZ 2024]ニュージーランド2週間旅、サンプル行程表

今回のニュージーランド旅行は、有名な観光地を効率よく回ることができるルートだったように思うので、以下にメモしておこうと思う。使ったのはニュージーランド航空だったが、価格も適正な上に搭乗手続きから非常に快適だったので、強くお勧めしたい。Day 1…

[NZ 2024]オークランドでは船に乗れ! フェリーで45分。ワイへキ島でワイナリー三昧

「オークランドってやることないよー」とは、シドニーっ子からの言葉だった。でも、行ってみたら結構楽しかったので、こちらにその過ごし方をメモしておく。まず、オークランドに到着した日の午後は、街の中心街から徒歩距離にあるフェリービルディングに行…