読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R.I.P. Tura Satana〜トゥラ・サターナの話

Mes Pensées


http://www.turasatana.com/
2月4日に、ネヴァダ州にて女優のトゥラ・サターナが逝去したと知った。ラス・メイヤーの映画"Faster, Pussycat! Kill! Kill!(ファスター・プシィキャット!キル!キル!)"にて印象的な役を演じたこの人、実は北海道生まれであり、父方の日本の血をひいている。
もっとも、この映画は、何かメジャーな映画の元ネタだということと、アヤシイ題名だったので知っているだけで、内容はもちろん、出演している彼女の細かい経歴などまったく知らなかったのだが、これを機会にちょっと調べてみたら、この美しき人がリアルに波瀾万丈な経歴の持ち主であることがわかってびっくりした。
物心がついた時には、第二次世界大戦中に日系人を収容するために作られた収容所のひとつ、マンザナー強制収容所(Manzanar Relocation Camp)でプライバシーのない暮らしをした後、シカゴのオリエンタル系がまったくいないようなウエストサイド・エリアに移送され、いじめと邪悪な目に満ちた環境に育つ。当時の彼女の激しい戦いの模様は、以下のオフィシャルサイトに書いてあるが、本当にさわりの部分だけだ。
http://www.turasatana.com/bio.html
その後、wikiあたりから拾ったキーワードをみても、9歳で性的暴力を受け、13歳で初の結婚、偽のIDを持ってロスへ行き、歌手、水着モデルなどなど職業を転々とし…と、信じがたい生い立ちが続く。
彼女のオフィシャルサイトのバイオは途中で終わっており、こんな言葉で締めくくられる。
"Now you will have to wait for the film to get the rest of the story."
いや、本当に映画化してほしいくらいだ。それとも、実は映画化されているのだろうか…?
出演映画の一部抜粋と彼女のインタビュー映像。ご冥福をお祈りします。