読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エール!

Cinema

La Famille Belier/2014年/仏/Éric LARTIGAU監督


長女のポーラを除く3名が聴覚障害を持つというベリエ一家は、フランスのポーラは、ひょんなことから合唱部に入部し、その歌声で才能を発揮していく。合唱の指導教官に、パリで音楽教育を受けるための試験を勧められるポーラ。でも、両親は娘の歌をきくことはできない。おまけに、一家の生活は唯一聴覚障害のない娘に頼りっきりなので、パリに行くとなると困る。家族に大反対を受けるも、あることで娘の才能を信じた家族は、ポーラをパリの試験会場に送り出すのだった。

一家が底抜けに明るく、性の話題等も実にオープンに語られているのがよい。ただ、そうしてのんきに笑っているところで、ポーラのオーディションシーンで感動する。

他の歌のシーンもいい。「フランスじゃ、高校の合唱の題材でミッシェル・サルドゥを選ぶんだ」というのはけっこう新鮮だったが。

さんざん笑って最後にホロリと泣かされる。いい映画です。