読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cedar Waltonが亡くなった・・・

現地時間の8月19日、シダー・ウォルトンCedar Waltonが亡くなったという訃報をきいた。ニュースにもなっているね。享年79歳。
Cedar Walton - Telegraph
こちらの訃報記事によると、米テキサス州ダラス生まれ。お母様からピアノの手ほどきを受けるとともに、ジャズライブなどにも連れていかれたりして影響を受けたらしい。デンヴァー大学で作曲と音楽教育を専攻、と同時に地元クラブでピアニストとしても活躍し始めた。その後、NYでキャリアをスタートするも、ほどなく二年間の兵役に服することに。兵役を終えてNYの音楽シーンに戻ってきた彼の活躍は、ご存知のとおり、だ。
私はといえば、ちょうどブラジル音楽にハマっている時期にシダーの存在を知った、ということもあり、Highnoteというレーベルから出ていたLatin Tingeというアルバムからシダーを聴きはじめた。ディスコグラフィーを見直してみると、晩年の活躍しかしらない、ということになる。それだけ長い期間音楽活動をしていたピアニストだということを改めて実感した。とくにOjos de RojosとかBolivia, Firm Rootsといった彼のオリジナル曲、大好きでした。
久々に彼のアルバム、引っ張り出して聴いてみようと思う。そして大好きなこの曲も。