読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マヌーシュジャズとフラメンコのギタリストが弾く、ヴィヴァルディ「四季」より「冬」

f:id:asquita:20160411083139j:plain
http://djangolh.com/schedule/antoine-boyer-samuelito/より引用

アントワーヌ・ボワイエールAntoine BoyerとサミュエリートSamuelitoは、フランス生まれの若手ギタリストだ。この二人が最近タッグを込んで演奏活動をしていることは、以前もご紹介した。
asquita.hatenablog.jp

子どもの頃から活躍し、若くして高い技術を持つ2人が今回演奏しているのは、バロック時代の名曲、ヴィヴァルディ「四季」のなかから「冬」だ。バロック時代の音楽は、チェンバロとヴァイオリンで演奏されることが多いので、ギターで演奏しても違和感はまったくない。一定のテンポで放たれるバッキングに、きめ細やかな演奏が重なっている具合がみちて気持ちいい。素晴らしい演奏です。