Mes Pensées

麻薬探知犬には2タイプ。

麻薬探知犬は、空港や港湾にてやりとりされる膨大な数の荷物から、不正に密輸される麻薬を嗅ぎ分けられるよう訓練された犬のことだ。 今日、ひょんなことから、麻薬探知犬には2種類あることを知った。ひとつは、「アグレッシブドック」といって、貨物や預け…

ザメンホフ生誕150年

今日は、エスペラントの創始者、ザメンホフ氏の生誕150周年らしい。Wikiだと「人工言語」などと説明されているエスペラントだが、これには侮蔑的な意味が込められるとかコンピュータ言語みたいだということから、「計画言語」などと呼ぶときいた。なお、二葉…

音と記憶の結びつき。

もう2年以上もの間、月に2回以上は顔を合わせ、かつ同じ釜の飯を本当に何度も食ったような人から、早朝にメールをもらった。午後会う前に、電話で話をしたいなんていうメール。ただ事でない雰囲気を感じ取って連絡をすると、もう20年以上も継続をしてきて、…

「障害者週間」を考える

毎年12月3日〜9日までは障害者週間だそうだ。この期間中、内閣府は、「障害や障害のある人に関する国民の関心と理解を深めるとともに、障害のある人の社会参加への意欲を高めるため、様々な行事を実施します」ということらしいが、一方で、行事予定表をみる…

お尋ね人-このリヴァプールファン、ご存知?

イングランドのサッカーチーム、リヴァプールのオフィシャルサイトに、本日、一人のファンの写真とともにこんな記事が掲載されていた。DO YOU KNOW THIS LIVERPOOL FAN? (このリヴァプールファン、知っていますか?) http://www.liverpoolfc.tv/news/drill…

北京-建築物のコンセプト

まるで凱旋門みたいな特殊な形をした中国中央電視台(CCTV)の本社ビル。その付帯施設だったテレビ文化センター。完成前に、CCTVによる花火が原因で、今年の2月に燃えてしまったそうなのだが、解体作業も大変らしく、まだ黒こげのビルが残ったままになっている…

カラーバスでオレンジフィーバー

考具 ―考えるための道具、持っていますか?作者: 加藤昌治出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ発売日: 2003/04/04メディア: 単行本購入: 37人 クリック: 305回この商品を含むブログ (291件) を見る 昔、新しい発想がなかなか出なくて苦しんでいた時分…

よいホールの条件

わけあって、あるホールへ出かけた。たぶん、かなり新しいところだ。キャパ600人を超すと思われる広い広い会場。天井も高く、お手洗いも並ぶ必要がないくらい大きい。音声システムがきちんとしており、たとえイベントの最中にロビーに出る必要があったとして…

天恩山五百羅漢寺

目黒散歩の一こま。羅漢寺の入り口にあった良寛の戒語をみて愕然とした。すべて自分に必要な教訓ばかりなんだもの。 戒めねば。天恩山五百羅漢寺の一番の売りは、ずらりと並ぶ羅漢像だと思われる。拝観料は300円くらいだったか。羅漢像は305体が現存するらし…

The Economist "The vote that changed Japan."

定期購読している英エコノミスト誌9/5-11日号の表紙には、日本語のが使われている。葛飾北斎の描いた富士山に、「ドッカーン!」というオノマトペが書き加えられているのだ。浮世絵の古典的な風情と吹き出しのマンガらしいポップ感の融合がおもしろい。私が…

繰り返し、出会う人

その人とは、台風につきダイヤが乱れまくった中央線が、予定外にA駅に停車した時に、私が偶然その駅のホームを歩いていて、出会ったことがあった。週末のヘンな時間に、まさかの再会。あれは単なる偶然だと思っていたが、気付けば、その後も何かとばったり会…