Jazz

マヌーシュ・ジャズのスタンダード"Manoir de Mes Reves"と"Django's castle"は同じ曲なんだ!

今日、あるジャズ喫茶に行ったところ、こちらのアルバムが流れていた。Phil Woodsの"Live from the Showboat"。1977年の第20回グラミー賞で最優秀ジャズ・グループを受賞した名作だ。 このアルバムに、自分には耳あたりのよい、よく知っている(けど咄嗟に曲…

フランスの片田舎にあるジャズクラブ、Colonie d'Onans 。数多のマヌーシュ・ジャズグループも出演!

"Colonie d'Onans(コロニー・ドナン)"。初めて名前を見たときは、Onansオナンという地名が皆目検討がつかないという感じだったが、ブザンソンと同じDoubs県にある村とわかり、思い出した。私は遥か昔にブザンソンにも暮らしたことがあるのだが、たしかオナ…

マヌーシュ・ジャズ以外のアーティストも! ギタリストに愛される名曲 "Isn't She Lovely"

スティービー・ワンダーの名曲、"Isn't She Lovely"。初めてギターでの演奏を聴いたのは、ジミー・ローゼンバーグJimmy Rosenberg コンピレーションアルバム"Swinging with Jimmy"だった。Jon Larsenプロデュースによるアルバムだったので、てっきりJon Lars…

まだ活躍していている幸せ。Kirk FranklinのゴスペルをTiny Desk (Home) Concertで!

90年代だろうか、ニューヨークのハーレムでゴスペルをきいて、すごく感動をした私。その後、今でも大好きな映画「SISTER ACT 2」の劇中に出てくるゴスペルを気に入って聴きまくったことを経て、20年以上前となる1998年に出た、カーク・フランクリンKirk Fran…

あのBabik Reinhardtも出演経験あり。フランスのジャズクラブが主宰するジャズフェスは、今年で60周年。

Saint-Leu-la-Foret(サン=ルー=ラ=フォレ)は、フランスのヴァルドワーズ県にある街だ。La foret...森という名前がついているだけあって近くには「モンモレンシーMont Morencyの森」もある、パリから北西に向かって20キロほど離れたこの街には、実は「Ja…

Tom Mischの曲が頭から離れない

英国出身の歌手、トム・ミッシュTom Mischの曲を一度聴き出したら、どうも頭から離れてくれない。すでに2018年にはデビューアルバムを出しているし、2019年5月には単独公演のために来日し、チケットはソールドアウトだったとか。オープングアクトがSIRUPとは…

民謡クルセイダーズ=MINYO CRUSADERSが出演の "Tiny Desk Meets globalFEST"がカッコ良すぎる

アメリカの公共ラジオ放送 NPR(National Public Radio)の"Tiny Desk Concert"に、民謡クルセイダーズが出ているのを発見した。毎年ニューヨークで開催されているイベント globalFESTとNPRがコラボして、4つのインターナショナルバンドが登場するバーチャル…

マヌーシュ・ジャズファンにも愉しい恒例のフェス”Maisons-Laffite Jazz Festival 2020”は、オンラインで。

フランス、イル・ド・フランス地域圏のコミューンであるメゾン=ラフィットMaisons-Laffitte で、毎年行われているジャズ フェスティバル「Maisons-Laffitte Jazz Festival」。16回目となる今年はコロナの影響で開催が危ぶまれていたようだが、ギタリストで…

ひとりぼっちのTOKU vol. 11 「春はすぐそこ」@近江楽堂

本来3月に開催されるはずだったライブが延期に延期を重ねて、9月3日にとうとう本開催となった。もう11回もやっている本ライブは、フリューゲルホルン奏者のTOKUが一人でステージを完結するというものだ。会場は、初台オペラシティにある「近江学堂」という、…

TSF Jazzのオンラインジャズフェスティバル、"Festival Studio Grands Boulevards"

フランスはパリに拠点を置くジャズラジオ局、TSF Jazz。ポッドキャストでも複数のチャンネルを持ち、パリにある色々なジャズクラブで行われるライブを中継してくれたり、自社スタジオでのライブをストリーミングしてくれたりするので、いつも贔屓にしている…

延期となった"Django a Go Go 2020"…代わりに楽しめる過去のライブ動画にテンションアップ

ステファン・レンベルStephane Wrembelは、パリ出身、ニューヨークを拠点にするフランス人ギタリストだ。ウディ・アレンの"Midnight in Paris"の音楽を作った人、といえば、ピンとくる人もいるかもしれない。 ステファンがニューヨークで「Django a Go Go」…

ギタリストJoe PassとDjango Reinhardt、不思議な共通点

5月16日は、Django Reinhardtが亡くなった日だ。ミュージシャンがトリビュート演奏でもしてないかな…と思って軽く探してみたら、スウェーデンのギタリスト、ウルフ・ワケニウス Ulf Wakenius が"Tribute to Django Reinhardt and Joe Pass"というタイトルで…

ラインハルト家の末裔Levisは、ヒップホップシンガーとのデュオを結成

ジャンゴ・ラインハルトのひ孫、Levis Reinhardt(レヴィ・ラインハルト)。若くして当然の如く注目され、サモワのジャンゴフェスをはじめ、多くの出演機会を得ていたが、その後目立ったシーンでの活躍を見かけなくなっていた。最近どうしているのかと思った…

International Jazz Day (国際ジャズデイ2020)、UNESCO版

ちょうど2013年、International Jazz DayのGolden Weekにフランスのパリに遊びに行っていた関係で、現地でライブを見まくっていた。当時のジャズデイは、どの町中のジャズクラブでも有名ミュージシャンが次から次へと無料ライブをしていた。事前登録をしてあ…

マヌーシュ・ジャズのスタンダードにしてジャンゴの名曲"Manoir de mes rêves"、Hugo Lippiのユニークアレンジ

ユーゴ・リッピHugo Lippiは、英国ポーツマス生まれ、17歳でプロのギタリストとしての活動を開始し、1998年以降現在までフランスを中心に活躍している。プロフィールに書かれている共演者をみると Stéphane Belmondo, Marcel Azzolaなど、また出演しているフ…

なぜか涙が出る選曲…連日、小曽根真のピアノを堪能できる贅沢

コロナ禍による諸々の影響があるなか、色々なジャンルのアーティストが自宅で音楽を演奏して積極的に配信している。それにまたまた色々な人が重ねてコラボレーションすると、星野源さんの「うちで踊ろう」のようなことになり、それはそれで楽しいなと思う。…

イスラエル出身ギタリスト、Yotam Silberstein の"McDavid"にキュンと来る

Yotam Silberstainヨタム・シルヴァースタインは、イスラエルのテルアビブ出身のギタリストだ。2003年にFresh Sound New Talentでデビューしたのだが、そのデビュー作品は、一曲目に入っていたヨタムのオリジナル曲"Perugia"に惚れて、かなり繰り返し聴いたア…

インドネシア、バリ島出身ジャズピアニストJoey Alexander、とうとうあのVerveレーベルからデビュー!

Joey Alexander ジョーイ・アレクサンダーが好きだ。なんだか彼がアレンジする曲は、スタンダードもオリジナルも優しい気持ちにさせてくれるから。 私のジョーイ偏愛歴はちょっと記録してあるのでこちらでみていただくとして。 asquita.hatenablog.jp2020年2…

"P8 Jazz Alive"に登場した、Dorado Shmitt親子とDR Big Band。

DRBB-The Danish Radio Big Bandは、1964年に創設された、デンマークの国営放送ラジオ局のビッグバンドだ。(DR=Django Reinhardt、ではない。)この由緒正しいビッグバンドが、そのシュミット親子、Amati & Dorado Schmitt と共演したとしたら、マヌーシュ・…

2年連続で東欧で最大規模のギターフェスに出演したStochelo Rosenberg、ライブのフル映像。

ルーマニアの中部、トランシルヴァニア地方ムレシュ県の県都、トゥルグ・ムレシュという町で毎年行われている、東欧で最大規模の国際ギターフェス、"Harmonia Cordis International Guitar Festival"。第14回となる2019年は8月6日~11日まで開催されたそうだ…

「ベイシー」@一関に思いを馳せる休日。

この3連休のちょっと前からお休みをいただき、「そうだ、ベイシーに行こう」ということになった。以前伺った時に遠くの温泉宿に宿泊したところ、「本気でベイシーで音を聴くなら、遠くに泊まったらダメだよ。夜が楽しいんだから」とマスターの菅原さん言われ…

Jazz in Marciac (JIM) 2019! マヌーシュ・ジャズ枠に登場したのは…!?

Jazz in Marciacは、言わずと知れた国際的ジャズフェスだ。フランス南西部、ピレネー山脈の麓の街、マルシアックで開催され、毎年多くの有名ミュージシャンが招かれている。今年の出演者をみてみれば、いかにすごいフェスかがすぐわかると思う。グレゴリー・…

TOKU@表参道Body & Soul。

2019年4月22日。5年ぶりくらいにTOKUさんのライブに赴いた。 まず驚いたのは、ものすごい混雑っぷりだったこと。50人くらいいたのでは? こんなに満員はめったにないので、驚いた。TOKUさんって相変わらず人気なんだな。次に驚いたのが、ライブで演奏された…

Russell Malone Quartet@Cotton Club Tokyo。スルメソングに出会う。

久々のコットンクラブで、ラッセル・マローンのカルテットを観に行った。Russell Maloneのことを好きになったきっかけは、彼の20年前のアルバムである「Sweet Georgia Peach」からだ。もっとも、実際にこのアルバムに出会ったのは、アルバムがリリースされて…

フランスのチーズの産地、マンステールで行われるジャズフェス、"Festival de Jazz de Munster 2019"。マヌーシュ・ジャズからもミュージシャンが参加

マンステールチーズというウォッシュタイプのチーズがあるが、その産地なのが、フランスのドイツ国境エリア、アルザスのオー=ラン県にあるマンステールMunster には、実はジャズフェスがある。今年で32回目の開催と、けっこう歴史もあるといえるだろう。5月…

フランスのファンクジャズバンド、Electro Deluxeによる、老舗劇場でのコンサート

パリの大型ホールの代表格といえるのが、オランピア劇場 (L'Olympia)だ。2,000人を収容できるこの会場は歴史も長く、過去にライブを行った歌手は数知れず。有名どころでは、エディット・ピアフEditt Piafや ミシェル・ポルナレフMichel Polnareffやジャッ…

ジャズの聖地、一関「ベイシー」にて、幸せジャズ喫茶体験。

前々からここに来てみたかったのだ。ジャズ喫茶というのはおしなべてどこもスピーカーにこだわっている。この「ベイシー」はその中でもとくに音がいいと評判だときいたから。さらに、店主である菅原正二氏は何冊か本も出したり新聞にコラムの寄稿もしている…

ジャズ・ギタリスト、Yotam Silberstein が3月にニューアルバムをリリース!

ヨタム・シルバースタインYotam Silbersteinは、イスラエルのテル・アビブ出身のジャズギタリスト。デビューアルバムなのかな、Fresh Sound New Talentから2004年にリリースされたアルバム"The Arrival"をかなり愛聴していて、名前だけはしっかり覚えていた…

Joey Alexander@Miner Auditorium (SF Jazz Center)

SF Jazz Centerは、2013年に設立されたジャズ演奏を専門に行う文化ホールだ。SF Jazz Collectiveという、有名ジャズミュージシャンで構成されたジャズバンドの活動(とそのグループがリリースする限定CD)のことをフォローしていたので、このホールには前々か…

Roy Hargrove 逝去。"Jazz en Tête"の映像を観ながら偲ぶ。

旅行をしていて、ふとTwitterをみたら、Christian McBrideのツイートでロイ・ハーグローヴRoy Hargroveの逝去を知った。享年49歳とは、なんという若さ。今年来日していなかったけ? 活躍中の人が亡くなるのを知るのは悲しいものだ。亡くなったのは心不全との…